駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

トキワ荘マンガミュージアムは東急直通ではなかった

f:id:miya_ma:20210924211157j:plain

これは何でしょう?

 

はい、「まつば」ラーメンの残り汁と、青くカビたパン・・・

 

実は、展示物なのです。

 

そう、漫画の聖地・トキワ荘の、みごとに再現されたキッチンだったりします。

 

ほんと、良く出来てますね・・・ちょっと不潔を感じるほど。

 

せっかくのお休みの秋分の日。

予約をとって、トキワ荘マンガミュージアムの少女マンガ展に行ってきました。

f:id:miya_ma:20210924211147j:plain

 

わたしがリアルタイムで読んでいた少女漫画は1970年代後半から1980年代なので、リアルタイムで見ていた絵とは違う感じですが、

少女らしい少女がそこに描かれていたあの頃、リアル少女だったわたしからみても、まぼろしのような世界、懐かしい気もします。

 

トキワ荘は・・・ざっくりいえば、池袋の近くにあります。

これは池袋にあった「かける君」のポスター。

 

f:id:miya_ma:20210924211210j:plain

東京メトロらしい、色彩も喜怒哀楽もメッセージもハッキリしたポスターです・・・。

かける君は可愛いですけど「駅乃みちか」はどこ行った・・・。

 

さて、トキワ荘に、交通はどんなふうに行けばいいのか?

悩みます。

以前にもトキワ荘に行ったことはあったのですがその時は大江戸線の駅から行ったような気がします。

大江戸線がもっとも駅から近いのですよね・・・。

 

今回は西武池袋線東長崎駅から行こうと思いました。

 

f:id:miya_ma:20210924211207j:plain

愛しの西武線・・・。黄色い顔した憎いヤツ・・・。

 

なにしろ、わが東急から直通している西武池袋線・・・

いや、あとで、直通してなかったことを知るのですが、

なんか行きやすいのではないかと・・・

誤解してしまった。

 

 

わたしは、西武線の制服はとてもとてもとても良いと思うのですが、西武線の路線にあまり詳しくないのです。

西武線は・・・とても素材の良いキリリとスマートな制服でいかにも鉄道員という感じの美しさがあるのですが・・・・そんな美しさとは関係なく・・・西武線は複雑で、なかなか安心して乗れません。

 

西武線

黄色い顔した憎いヤツ。

池袋線新宿線という二つの線があったり

豊島園に行ったり

国分寺線多摩湖線などややこしい線もあったり

なかなか理解の難しい路線です。

 

そんな西武線が、近年、我らが東急線西武池袋線副都心線を結んで直通で繋がれたという知識があったので 「東急から直通で東長崎駅に行けるのではないか」と一瞬思ったのですが・・・

 

そうではなかったのです。

 

以下のような感じで・・・。直通していなかったのです。

 

 

f:id:miya_ma:20210924211221j:plain

(ヘタな絵だな・・・・)

 

東長崎駅は東急から直通する西武池袋線 に含まれていない駅でした。

西武池袋線池袋駅は2つあり、 池袋から近い東長崎屋江古田に行くには 西武池袋線の 始発である池袋駅から行かなくてはいけません。

そのようなわけで池袋駅副都心線から西武池袋線の始発である駅にテクテク登って

やっと到着しました。(説明が下手だな・・・・)

 

f:id:miya_ma:20210924211140j:plain

着いた~。

 

f:id:miya_ma:20210924211145j:plain

駅にはライオンが二匹・・・。マンガの聖地、としま、ですって。

 

f:id:miya_ma:20210924211138j:plain

東長崎駅前は、本当に、ふつうの、大きくもない駅前通りでした。

マクドナルドで行列する豊島区民たち。

駅前に西友

商店街に喫茶店・・・。

古いものも適度に残り、暮らしやすそうな町です。

 

一度だけ角をまがり、まっすぐゆけば徒歩10分程度で到着です。

 

昭和と令和が会話する公衆トイレ・・・。

 

f:id:miya_ma:20210924221818j:plain

9月にしては暑い日で、ベンチに休むおじいさんたちがいました。

 

さてトキワ荘ですが、漫画の生原稿、いつもじいっと見てしまいます。

(撮影可能なお部屋の写真です)

f:id:miya_ma:20210924211152j:plain

豊かな線だなあ・・・。

 

f:id:miya_ma:20210924211153j:plain

線がきれいというか、生き生きしていますね。

デジタルなんてない時代、実際に漫画家の先生方が引いた線というところに感動をおぼえます。

 

少女漫画も、リボンの騎士をはじめ、ひみつのアッコちゃん、など、可愛くて色気のある絵がたくさん飾ってありました。

試行錯誤に切磋琢磨・・・

女の子というものに夢を見ていた時代があったのだなと思いました・・・。

 

率直にいえば、リアルタイムではあまり赤塚先生の漫画が好きではなかったのですが、1枚もので見ると可愛い絵だなぁと思いました。

秋らしい絵が良かった森安なおや先生と、赤塚先生のまつげちゃんの絵ハガキを買いました。

 

自分は残念ながら夢だった漫画家にはなれませんでしたが、

たぶん漫画のお仕事と同じように、

いま、仕事の原稿を、必死に作っています。

 

そんなとき、時空を超えて、トキワ荘の先生方がいっしょに頑張っているような気がして、わたしもがんばろうと思えるのです。

 

帰りは、のどが渇いていたので、

東長崎駅前の喫茶店「オリーブ」でコーヒーを飲もうと・・・

f:id:miya_ma:20210924211203j:plain

・・・思ったのですが、モーニングもやっていたので、ついついオーダーしました。

 

これで530円、お安い。

f:id:miya_ma:20210924211200j:plain

見えづらいですがゆで卵もあります。

トーストが意外にボリューミーで、満腹になりました。

 

ふぅ。

 

この喫茶店には、ひとり客のおじいさんが多くいらっしゃいました。

どうみても80歳を超えているおじいさんも、ゆっくり立ち上がり、コーヒーをストローですすっていたり、咳をしたりしていました。

スポーツ新聞を読んだり雑誌を読んだり、ひとりで過ごすお爺さんの群れ。

(あまりスマホは読まない・・・。)

みなさん常連のようです。

 

未来のデイサービスは、ひとりで向かい、ひとりで過ごすカフェ、かもしれません。

町中が高齢者施設のような東京の街で、ときに昭和に触れることで元気をもらいつつ

アイスコーヒーの氷の溶ける音をシャカっと聴きながら

敬老ウィークは優しく過ぎてゆくのでした。

 

わたしも喫茶店で過ごすおばあさんになろうと思いながら、来た道をそのまま帰宅しました。

 

おわりです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなこんなで仕事が忙しいせいかたまに休みがあるとすかさず遊びに行ってしまいますね。

金曜日は事務所開放日で、手芸をしたりすることもあります。

 

f:id:miya_ma:20210924211216j:plain

f:id:miya_ma:20210924224906j:plain

先日は冬に備えてルームシューズ作りました。

 

下手くそな素人手芸でお恥ずかしいですけどBASEにもいくつか手芸品を販売しています。

 

383.thebase.in

今後もアホな商品を増やしてゆきます。

 

都内の新規感染者数が300以下になってきて、新型コロナも少しだけ収まってきてよかったです。

この間に、いろんな美術館とか行きたいなあと思います。

 

ここをお読みのみなさまも、良い秋を楽しんでくださいね。

 

 

都立大学駅前でスマホに向かって音声入力

f:id:miya_ma:20210921092242j:plain

いつも こっそりと群れて咲いているの 君?

秋は夏の影に隠れて

いつのまにか 部屋の中に届く風となる

いつも こっそりと群れて咲いているの 君?

おとなしい子も幸せそうな教室

日差しも季節も 平等に降りそそぐ

秋が来た

 

 

初めて音声入力で この文章を打ち込んでいます。

これは最近読んだ田中克彦先生の「言語学とはなにか」という本に

<言語はまずオトである>

そんなテーゼがあったからです。

 

全ては音から始まった・・・・

 

そんな考え方を聞くと文字主体の教育を受けてきた私はびっくりします。

 

そしてまた新たな音の世界に心が開かれる気がします。

 

f:id:miya_ma:20210921094002j:plain

最近、Spotifyの有料コースに入りました。

世界中の音をめちゃくちゃにランダムに聴いていると、その音の無名性に感動します。

まだまだ 世界中ともいえませんが・・・なるべく聴き慣れないものを・・・・。

音は オト、オト それひとつ、だから。

 

詩人は意味から切り離されたものを味わうすべを知っていなくてはならないと思うのだ。

 

ふつうに生きていると・・・多すぎるんだ。

音に、言葉に、へばりついている情報が、多すぎるんだ。

自分をいろんなものからあえて切り離すことが必要だと感じたこの10年、斬っても斬っても情報は入り込んできますので、あえて切り離しつづけるというので、ちょうどいいのかもしれません。

 

音は波。

風に乗って、どこでもない街へ。

鉄路の果てまで。

 

全ては音から始まった・・・・英語もロシア語も・・・わからない、聴けない、のじゃなくて、まずは音に耳を澄ませてみようとすればよかったのか・・・音から伝わってくるものを大事にすればよかったのか・・・・。

そんなわけで文字入力じゃない音声入力を試してみたのでした

いつもと文体が変わっている可能性もあるかも・・・・?

 

f:id:miya_ma:20210921092440j:plain

これを話しているいま・・・都立大学駅の 駅前の椅子に座っている。

 

八雲図書館に行ってきたところである。

秋の 台風一過の 晴れの下、16時45分の黄金の日差し、

柿の木坂に秋が来た、落ち葉を踏みしめて駅まで下り、

駅前のカフェで休もうと思ったが どこも混雑していたため

駅前の 木下の 小さな丸椅子に座っているのだ。

 

もうすでに夏は過ぎて 少し熱い感じはあるものの汗をかくほどではない

小さな丸椅子の上で 過ぎ行くたくさんの人々を見ている

二人乗った車が横付けられる

エクセルシオールカフェのオープンテラスに人がお茶を飲んで談笑している

四角く赤いポストが所在なげに立っており時々行き交う人のうちの一人がその口に手を入れたりしている

この一角は東急ストアの真横の場所になるので

きゅんきゅん・・・

なぜか一匹飼い犬だけが木につながれている

飼い主の姿は見えない

その茶色くて毛がふさふさした犬は耳をピンと立てながらずっと東急ストアを見ている ずっとずっと東急ストアの入り口を見ている

都立大学という大学すらもうないが

都立大学という各駅停車しか止まらないこの駅が

こんなにカフェがたくさんあり こんなに人が賑やかに行き交う まるでここで完結しているような理想の街・・・・そんな駅前だとは思わなかった

 

ポストは誰かのメッセージを伝えるためにそこでじっと待機している我慢強い生き物だ

 

横付けられた車のサイドミラーが自動で動いたりたたまれたり開いたりするのを何か不思議な気持ちで見ていた

 

f:id:miya_ma:20210921092747j:plain

ここは区で言えば目黒区である

ふうわり 心地よい風が 都立大学駅を吹き抜け 夕暮れの針を進める

歯科のネオンが歯の字だけ壊れて

じじじじじじと駅前じゅうに響くノイズを立てている

遠くにカラスが鳴いている

こずえも先っぽの方が大きく揺れて

また秋風が吹いて冬を呼び寄せる

時間は17時を回りそれでもまだ明るい9月の半ば

青い空が静かに光が力をなくして行くようです

 

夕ご飯 何を食べようかな。

 

f:id:miya_ma:20210921092909j:plain

 

9月20日は祝日なので久しぶりにのんびりできました。

エリオットなどのイギリスの詩を読んだり、川べりででたらめセッション。楽しかったな。

詩や音楽がないとやっぱり生きてゆけないなと思います。

 

そういえば以前、BASEで本を買って下さった方が、ことでんグッズをプレゼントしてくれました。

行ったことが無い、香川県

f:id:miya_ma:20210921094040j:plain

偽駅員という素敵な響き。

ワクチンも2回打ったし、香川の温泉とか、あちこち行きたいですね。

 

以下、告知です。

f:id:miya_ma:20210921094154j:plain

まだ先ですが12月26日(日)

下丸子駅前の区民プラザで行われる「No Way Maniacs」というフリマイベントに古物を出します。(古物商持ってる)。

骨董品中心になりますがCDや冊子も販売しますね。

松岡は途中で2時間ほど仕事で抜けなきゃいけないのですが、楽しいブースにできればと思います。

 

物品、こちらのBASEにも売っています。

383.thebase.in

また、6月にプロレコーディングしていただいた「Astronaut No.9」を配信申請しました。

あと半月くらいで聴けるようになるのでは・・・。

ハモリも入った美しい曲なので、ぜひ聴いてもらえたらうれしいです。

またお知らせします。

 

ジャケはこんな感じです。

f:id:miya_ma:20210921094529j:plain

 

以上、アートのおかげで元気になれる松岡です。

 

芸術の秋をエンジョイしたいですね。

 

散歩の日々

f:id:miya_ma:20210915223454j:plain

 

ワクチンを接種してしばらくは食欲が無く、エクレアとかシュークリームとかをいただいておりました。

一週間がたち、今は食欲ばっちり!です。

 

でもあんまりおいしいものを食べてない・・・料理の腕が貧相ゆえ・・・。

 

やっぱりシュークリームばかり食べている気がします。

 

雨の日も多いですが、ほんとうに秋だなと感じる今日この頃の風の涼しさです。

今年は家電をよく買うのですが、

洗濯機、冷蔵庫・・・ときて、ガス給湯器が壊れてしまい、

これも買うことになるのかな・・・と戦々恐々としております。

 

棚を買おうと、島忠まで、おさんぽしました。

 

f:id:miya_ma:20210915223512j:plain

二国に向かう、なにげない道、公園の脇にザクロの樹を見つけました。

 

ザクロといえば、とても懐かしく甘酸っぱい思い出があります。

 

もう時効ですが・・・中学生のとき、帰り道にそのへんのざくろを取って

手でパカっとあけて、食べちゃっていました・・・。

 

赤く染まる指先と中学の制服のシャツ、歯ごたえを越えてプチっとはじける液体のジューシィさ、あとから来るすっぱさ、早い夕暮れの郊外の風景、神奈川の片隅の自然の多さ、先生にも親にも言えない黒い心・・・

悩みの多かった中学の日々とあいまって、ざくろといえばなつかしさに胸がつまります・・・。

 

この実を取って食べようとは思いませんでしたが・・・いや・・・熟していたら・・・・どうでしょう。(悪い子)

 

結局、廃棄する棚の中身を別のところに分散させて収納し、新しい棚は買わないことになりました。

ちょっとした小さな飾り棚や、壁掛けの棚は、買うかもしれませんが・・・。

 

コロナの感染者数は激減し、

都内の新規感染者数が1000人程度ですが、減ってきて、ほっとしています。

 

それでもあまり人と対面して会わない日々で、あまり人間好きでないわたしでも どこか寂しくなりますね。

 

そんなわけで テクテクお散歩してしまいます。

誰とも話をするわけではないのですが・・・なぜか、外の風景を浴びたくて。

 

人間って 家に閉じこもって過ごせるように出来てないのかもしれない。

 

f:id:miya_ma:20210915233827j:plain

かさこそ かさこそ。

草のたなびく多摩川の月~。

 

李白の「月下独酌」では、

「月と影とわたしで3人になった」とありますが・・・・

 

f:id:miya_ma:20210915223526j:plain

光源が複数で影が2つあれば4人じゃないか!!

 

そんなことに気づいた、もうさびしくないぞ・・・そんなことに気づいた、さびしくないぞ・・・

 

もっと人数ふやせ~光源を持ってこい~

 

あ、赤い花だ。

 

f:id:miya_ma:20210915223530j:plain

彼岸花もどこか懐かしい花。これもまた、秋の訪れを思わせる花。

 

どこか秘密の夢をたたえて、月にみえないように隠れて群れているのです、集合的無意識の夢を各地の彼岸花は見ている・・・それは人にはいえない毒毒しい夢で・・・川に流すための夢なのでしょうか・・・・。

 

時間に余裕のある夜の散歩は、いつもみているお店も別のお店みたいにみえてきます。

 

このバラエティショップは、入ったことがないのですが、

100 100 100の文字が乱舞しています・・・

 

もしかして、100円ショップだったのか!?

f:id:miya_ma:20210915223536j:plain

古い感じのお店構えで、入ったことがなかったですね・・・。

近所のお店も探索しなきゃね。

 

f:id:miya_ma:20210915223508j:plain

南海部品・・・

って使ったことが無いお店ですが閉店の案内が出ていました。

 

二国の路上、せまい舗道のわき。

お店も無くなって、また新しくなってゆくのですね。

 

そんな感じで・・・基本的には事務所にいますが、

ときどき新宿に出勤します。

f:id:miya_ma:20210915223524j:plain

いつもよりは人出が少ないように思いましたが・・・・道で酒を飲みたい気持ちも、わかるような気がします。発散しないと、生きてゆけない精神もあるのだと気づかされます。

このあいだは新宿通勤ついでにBar星男さんに行って「緊急事態宣言下の私たち展」観てきました。

 

自然の営み、生まれたばかりの描線たち、生命感のある作品が多く、小さなものをゆっくり大事にしたくなりました。

アートはいいものです。

とても忙しいこの秋なのですが、時間を見つけて、あちこち行こうと思いました。

 

ここをお読みのみなさんも お元気で 芸術の秋をエンジョイしてくださいませ。

 

 

383.thebase.in

松岡の通販BASE、デザインをかなり変えてみました。

ハロウィンてづくりセットが100円とか・・・

手芸品お安いので、ご覧くださいませ。

 

 

あかるい京王線に乗ってワクチン

f:id:miya_ma:20210908190853j:plain

「止まない雨はない」

こんなポエムな駅ポスターがあって おもわず写真を撮ってしまいました。

「止まない雨はない」

京王の駅長さんが書く必然性のある文章でもないですが

駅長。詩人だったのか?

おもわず 書いてしまったのでしょうね。

 

いつもそんなふうに あいぼりーの未来。

マインドが明るい京王線です。

「ケイタくん」もマスクをして、車両として大丈夫なのか心配ですが・・・。妙に似合っております。

 

先日、京王井の頭線京王本線に乗って、遠くの街へ・・・2度目のワクチン接種でした。

 

井の頭線はほんとうに久しぶりです。

渋谷駅で乗り換えです。

渋谷マークシティの通路に飾られている、岡本太郎の「明日の神話」の前を通り抜け・・・・この絵の持つ熱情や悲惨、それに立ち向かう人間のエネルギーを体に受け止めながら、井の頭線に向かいました。

 

f:id:miya_ma:20210908190927j:plain

 

渋谷と吉祥寺を結ぶ、短い路線。

まるで短編小説のような井の頭線は、優雅な雰囲気のままでした。

吉祥寺のライブハウスに行く時や

よく友人と吉祥寺でお茶を飲むときに乗ったものです、井の頭線

高井戸の夕映えを浴びながら、あっという間に到着してしまう路線。

 

懐かしいな・・・

またそんなふうにお茶飲んでおしゃべりできる機会が、はやく訪れますように。

 


f:id:miya_ma:20210908190818j:plain

こんなふうにデカデカと注意書きがありました。

 

東急に行くつもりでここをくぐってしまったら、大変だな・・・。

なにしろ井の頭線東急線はずいぶん遠くなってしまったのです。

 

f:id:miya_ma:20210908190820j:plain

ひさしぶりに見ると可愛い車両ですね。

カラフルなのも井の頭線の特徴です。

 

そんなふうに明るいムードの京王線の駅ポスターのなかに

 

イケメン付箋

 

という 

人目を引く付箋の宣伝をみてしまいました。

 

こちらです・・・。

f:id:miya_ma:20210908190919j:plain

・・・なんじゃこりゃあーーー!

 

しかし多摩センターに到着したら

そこでも付箋を推してます・・・。

 

「イケメン付箋で 一言メッセージ 

要件や感謝 伝えてみませんか?

 

・・・感謝を伝えるイケメン付箋!!

 

f:id:miya_ma:20210908190847j:plain

・・・わたしは 駅員さんは、かっこよくて好きですが

イケメンとかじゃなくていいし

(29歳)とかの若者じゃなくていいのです・・・

というか服だけでいいのですよ・・・

服のしわとか 服に込められた見えないもので いいのです・・・

エートスなんですよね イデアというか・・・

個々人の中味とかではない・・・

ルッキズムに加担するわけには いかない・・・・

 

といいつつ 

買ってしまったが・・・・。

 

f:id:miya_ma:20210908190935j:plain

意外と高いな・・・。

たぶん使わないのじゃないかな・・・?と思います。

 

それにしてもやはり 京王線は・・・特に多摩センター駅は・・・

コテコテです。

 

サンリオピューロランドがあるからサンリオキャラでいっぱいなのですが

小田急がクールなデザインなのに対し、

 

京王は・・・もう・・・コッテコテ!

 

濃い色で塗りたくられた京王の駅は 

なぜかレッドやピンクのイメージがあります。

 

f:id:miya_ma:20210908190826j:plain

 

駅員のおじさん・・・下半身はどうした・・・

ズボンを履いてないのか・・・?

 

f:id:miya_ma:20210908190839j:plain

・・・立体物でも ズボンを履いてないのか・・・?

 

 

f:id:miya_ma:20210908190828j:plain

キキララも・・・濃い感じの制服に包まれて、コッテコテですね・・・なんとなく。

 

 

f:id:miya_ma:20210908190837j:plain

ばつ丸、けろっぴ、上のはなんだっけ・・・。

やはり、どこか、キャラが濃い感じがします。

 

ここに来るとやっぱり夢のラッピングで包まれているような気分です。

多摩市がサンリオで街おこしをしているようなものですからね・・・。

今日も多摩センターは にぎやかで 素敵な街でした。

 

f:id:miya_ma:20210908200713j:plain

久しぶりに乗った京王線にわくわくしつつ、二度目ワクチンを打たれてきました・・・。

 

で・・・

24時間少々たちましたが、

 

38度の熱と、片頭痛がきつかったです・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20210908202209j:plain

 

片頭痛もちの方は、ワクチンの副反応でそれを増悪させる危険性があると、最近の調査でもそんな結果が出ているそうです。

ロキソニンを飲んだり、コーヒー飲んだりして、なんとかしのぎました・・・

が、やはり仕事にならない感じでした。

24時間くらい経過して、やっとこうして文章を打てるくらいになりました。

副反応、とくに頭痛は手ごわいですね。

 

でもこれで少し安心しました。

 

また明日から通勤がんばりますとも。

 

 

 

「電車とバスの博物館」のワークプレイス良すぎ

denbus.jp

東急 田園都市線の宮崎台という、各停しか停まらぬ駅にある

電車とバスの博物館」(通称「電バス」)で

リモートワーク向けに席を解放してくれている!

(東急の言葉によれば「個人向けシェアオフィス」)

というニュースを聞いて・・・

 

そうでなくとも鉄道に飢えている この身この心・・・

 

ああ・・・ああ・・・

 

もうたまらず 朝っぱらから 行ってしまった・・・

 

そして・・・乗り越した。

 

・・・おい この駅は 「宮前平」だ。

 

f:id:miya_ma:20210901204824j:plain

興奮しすぎて一駅乗り越してしまったようです。

 

それにしてもホームのドアと電車の間の間隔が長いですね。

・・・ホームドアを乗り越えて飛び込もうとする人を、羽の生えた身軽駅員がコンマ1秒で救い出そうとするための、そんな、距離、でしょうか・・・

・・・デントは、混雑するときは死にたさがひどいというから・・・いやいやそれは偏見だ、すみませんすみません。

 

乗り越してしまったのは・・・田園都市線、いわゆるデントに慣れていなくて・・・鉄道で移動することって、いわゆる認知地図というか、身体にしみ込んだ行動イメージがあらかじめ思考の底で浮遊しており、それに沿って行動しているように思います。

行く先が決まれば体が自然と動いてゆくのです。

しかし、しばらく乗っていない路線だと、その「予測」の部分が損なわれているように思います。

 

<宮崎台ってどこだっけ?>と思う自分は、「カン」が戻ってないなあと思いました。

 

f:id:miya_ma:20210901205410j:plain

 

やっと到着です。

 

東急沿線らしい、ちょっとおしゃれな住宅地のある駅です。

 

f:id:miya_ma:20210901205408j:plain

のるるんがいっぱい、くるくる廻る「電バス」の看板がお出迎えしてくれます。

確か、駅直結なのですよね・・・と そんな知識が失敗のもとだったと

後で気づくことになります。

 

改札を出てすぐ向かいの「電バス」入口。

 

わーーーでんしゃっしゃーーーわーーーーえきいんさん!!!

 

内心ハイテンションで改札のある白い道をくぐり、子供たちの後ろに並んで

にこやかなおじさまにスマホのSuupを見せたところ・・・

 

「こっちじゃないんですよ~。はっはっは」

 

f:id:miya_ma:20210901205420j:plain

 

そう、ワークプレイスは駅直結の本館ではなく、ちょっと道路の坂を降りてゆく別館にあるのでした。

 

「こっちじゃないんですよー。案内しますね。でも皆さんよく間違えますよ、はっはっは」

とにこやかで素敵なおじさまがご案内してくれました。

 

「そこの道路を左に下って、つきあたりにあります。」

 

f:id:miya_ma:20210901205508j:plain

短い距離ですが、宮崎台の坂道を下ります(写真では上る方向に撮っていますが行きは下ります)

 

9月1日。秋の初めの日。

雨がぽつぽつと降り、昨日とはうって変わって寒い日でした。

並木の落ち葉が、早くも秋を思わせます。

人通りがそれなりにありましたが、旅人ではなく住民という感じで、

こんなところにわざわざ来る大田区民はわたしだけじゃないかと不安になる・・・。

だけど秋って悪くない季節で

人々が夏とは違う気がする

何かいそいそとイベントに向けて楽しそうにみえる

コロナ禍を感じさせない宮崎台の駅前ショッピングモール

 

落ち葉の坂を降りて、信号を渡ったら到着です。

 

f:id:miya_ma:20210901205458j:plain

着いたあ!

 

あらかじめSuupというアプリをインストールしてクレジットカードを

登録しておく必要があります。

画面はこんな感じになります。

 

f:id:miya_ma:20210901204501p:plain

 

最大でも1000円って安くないですか。

ありがたい・・・。

 

入り方は簡単で、開きっぱなしの改札にQRコードがあるのでSuupアプリで読み取ればチェックイン完了。

 

たとえば自販機利用や昼食の買い出しなど、出入りも自由でした。(行きませんでしたが・・・)

 

全席、Wifiと電源があります。もちろんトイレもあります。自販機もあります。

巨大な「のるるん」もいました。

 

中は・・・ほとんど誰もいません。

シミュレーターもあるようでした、やっている人はいませんでしたが・・・。

最初に座った区画は、靴を脱いで使うキャンプ場みたいなプレイス。

 

f:id:miya_ma:20210901205422j:plain

 

飲食やウェブ会議(声だし?)が、区画によって可能だったり不可だったりしますが

ここでは飲食NG、ウェブ会議はOKの区画のようです。

 

広々とした気持ちの良い空間で、仕事がはかどりました。

 

その後、無人のモハ510を見つけてしまい、うっかり移動してしまいました・・・。

 

f:id:miya_ma:20210901205446j:plain

ああああああ、素敵な空間・・・。

 

誰もいないけれど鉄道員がそこにいる

(さすがはミヤサン ばれちゃいましたか?)

音が無いけれどシューっという音がする

止まっているはずの車体がゆさゆさと動き出す

わたしの身体が発車をつかまえる

たたん たたん

白い手袋をした幻の運転士がわたしをつれてゆくよ

何処に?

蒲田に?

連れて行ってよ目黒蒲田鉄道・・・時間のレールを後戻りして懐かしい人々に逢いにゆく旅を・・・車掌・・・駅員・・・秋色の制服で・・・導いてください・・・

 

令和3年9月。

ふっと我に返れば

ひとりぼっちのモハ510です。

 

f:id:miya_ma:20210901205437j:plain

 

運転席のとなりに陣取って仕事しておりました。

画像のタブレットはSpacedeskでディスプレイを拡張するのに使っています。

こちらでもけっこう集中できました。

やらねばと思ってやれなかったことを、やっと行うことが出来ました。

 

お昼はパンを持って行ったので飲食可能なブースでいただきました。

 

ただ、この車体内は冷房がきいていてけっこう寒く、寒がりのわたしにはつらかったです・・・いきなり寒くなったのにシャツ1枚だった自分がいけないのですが。

 

自販機にホットドリンクは無いかと見ましたが、アイスドリンクしかなかったので断念・・・

ああ、寒い・・・寒い・・・。

 

もとのキャンプっぽい場所に戻ればよかったのですが、この車両内の居心地というか、この場から離れるのが、もったいなくて・・・。

 

コロナ禍でなければ、ここで仕事をさせてもらえることもなかったでしょう。

ありがたい機会、ありがたい時間です。

 

子どもたちが新学期の9月1日、静かな電バス。

この場所で仕事をさせてもらえる喜びと興奮に満ちていました。

 

仕事って環境によってやる気が出たりしますよね。

 

思ったのは、仕事場に行くのがストレスである方も、こんな場所なら少しは仕事ができる・・・そんな方もいるかも・・・いや、それは楽観的すぎるか・・・松岡じゃないんだから・・・。

 

それだけに、お客さんが少ないというのはもったいないことで、テレワークがまだそれほど定着していないことを感じました。このオフィスならば、きっと、良い仕事が出来そうなのに。

 

ふと、郵政省に勤めている友人を思い出す・・・いまはゆうちょだったかな。

国家公務員でテレワークしている方もいるのだろうか?

連絡をとってみたくなった。

 

f:id:miya_ma:20210901205449j:plain

 

やっぱり考えてしまう・・・

学校に行くのがつらくても、こんな場所で通信講座を受けることで教育が保証できる子供もいるかもしれない・・・。

 

そんなことを考えてしまうくらい、なんだか心がウキウキする場所で、

みえない駅員に囲まれてテンションが上がりっぱなしでした・・・。

駅員が何人も歩き回っているのを感じるのです・・・。

風景が流れてゆく・・・

空行く雲のグレイの模様が風に変化してゆく・・・

駅員とはわたしの中にある勤勉性やパンクチュアリティやまじめさ、直線的な身体、強さ、そんな理想の具現化、わたしの精神を形成する、太い針金だったのだ。

 

だから、ここで働くのが、とても、良いのです。

 

f:id:miya_ma:20210901205451j:plain

 

モハ510のなかで仕事をしていると、遠くに旅に出たみたい・・・

ホンモノの田園都市線でも 終点は中央林間までの旅なのにね・・・

この止まった電車の中に居ると はるかな時の旅に出てしまうのです・・・

終着駅は、まだ無い駅。

 

だけどなぜこんな働き方が可能になったかといえば、つらく不測の事態のせいであり・・・忘れそうだけど東京は非常事態で辛いさなかにあるのだった・・・ああ、いろんなお店が、安全を重視し、集客に苦労をするなかで、こういうサービスが非常事態の臨時のものとしてあるのだということを、楽しさのあまり、忘れてしまう、特別な事態の、特別な使い方が、楽しくなってしまう・・・。

 

だけど、それでもいいのですよ、楽しんでください、と、このワークプレイスは言ってくれているようです。

ほんとうによい時間でした。

 

f:id:miya_ma:20210901205511j:plain

 

「宮崎台」はわが駅からそれほど便利でもありませんが、東急だけの移動なので、交通費はそれほどかかりませんでした。

通勤は大変だと思う一方で

やっぱり「仕事に出かける」のは 良い面もあるなあと思いました。

 

何でしょうね・・・移動ってそれだけで何か良い効果がありそうです。

 

ありがとう東急。

ありがとう「電バス」。

 

本当は誰にも教えたくないワークプレイスですが、やっぱり誰かに教えたくなる素敵な仕事場所。

また近いうちにお邪魔したいと思います。

 

 

383.thebase.in

松岡宮の新刊本や音源などはBASEで販売しています。

 

各種音楽サブスクでも試聴できます。

 

秋からも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

図書館通いの夏休み

夏休みが終わってしまう・・・

いやだあ・・・

旅に出られなかった夏休みが終わる・・・

 

京急をじっと観察する夏休み。

朝顔みたいに素敵な京急

・・・今年 電車にあまり乗れなかった無念さを乗せて

ずいぶん遠くまで乗り入れる電車が

出発する

そう 東京のはじっこ蒲田から

はるかな千葉ニュータウンまで

いいな いいな 電車の旅はいいな・・・

車掌よ 運転士よ

どうか また 千葉の風を 蒲田に届けてください・・・

 

f:id:miya_ma:20210830013550j:plain

 

そんなわけで旅行などが出来なかったこの夏・・・

図書館に行くのが楽しみでした。

 

わたしは大田区民ですが、おとなりの目黒区のサブカルクオリティがすごいので(マンガセットがとくにすごい)、よく目黒区の蔵書を予約して取りに行きました。

 

目黒区図書館のうち、

駅前にある中目黒や大田区からはもっとも近そうな緑ヶ丘も行くのですが

なぜか 駅からちょっと遠い 八雲図書館によく行きました。

 

都立大学駅から坂を登った広場の・・・いわゆるパーシモンホールにあります。

 

最近はワクチン接種会場にもなっており

案内の方々と 行列の方々のすがたも見えました。

行列は最初高齢者で・・・だんだんと若くなってきたようにみえました。

 

自分は大田区民なので関係はないのですがコロナのある風景ですね。

 

そして図書館から戻り、あまりに暑くて喉が渇いたときは

都立大学駅の「倉式コーヒー」で休んだりしたこともありました。

 

f:id:miya_ma:20210830000747j:plain

このときはタブレットで詩を読んでいました。フランスの詩集だったかな。

このとき、デルタ型が感染を拡大させており、窓辺で換気に気を付けつつコーヒーフロートを飲んでいましたが、

若い女性4人組が近くに座ってマスクはしていますが楽しそうにおしゃべりをしており・・・なんか生きる世界が違うなあと思わされました・・・・。

 

この時期に4人で会って話そうとか、そんな発想が無い・・・。

 

(その前に友だちが4人もいない可能性・・・・。)

 

とはいえ自分もカフェで詩を読むのが楽しくて ついカフェには行ってしまいます。

 

むしろカフェにばっかり行っていた気もします。

 

f:id:miya_ma:20210830000749j:plain

今日も一日おつかれさま、と猫が言った。

ひと夏は奇跡のように通り過ぎる、そう、反射する瞬間の、奇跡、猫には今日しかない、今しかないから、記憶を風に流しながら・・・。

さらば、夏。

 

うしろの先輩が良い顔していますね。

 

f:id:miya_ma:20210830000751j:plain

いつもの河川敷です。

 

「東京フリマ日記」を読んで下さった方にはイラストでおなじみの風景ですね???

・・・絵が下手すぎておなじみじゃないかも・・・。

 

そしていつもの河川敷にある交番の下にはこんな看板が・・・。

f:id:miya_ma:20210830000758j:plain

「あなたは今 安全運転をしていますか?」

 

・・・文章読ませたら安全にならんだろ・・・。

 

・・・文字があれば読んじゃう人間は読まずにいられないので、むやみに文字を出さないでほしいものですね。

 

 

f:id:miya_ma:20210830000801j:plain

蒲田操車場に、慣れた雰囲気の猫が居ましたが

もしかして鉄道員なのかもしれない、にゃあ。

毛づくろいをする、おしゃれな鉄道員なのか、にゃあ。

仕事熱心な白黒猫、車庫に並んでいる京浜東北線の検査をするのだ・・・・。

そして 車体の下で暮らすのだ

悠々と。

 

f:id:miya_ma:20210830000816j:plain

図書館通いその2は世田谷区立の奥沢図書館。

この駅前の古めかしい建物の3階にありますが

エスカレーターが無いので階段で登らないといけません。

でもなかなか大きめで、リサイクル本も充実しており、よい図書館だと思います。

歴史ある建物の老朽化をいとおしむように、この建物にはご高齢の方が多いのも特長です。

そんな奥沢ですが駅舎は工事中でしたね・・・。

数年後にはガラッと変わりそう。

 

f:id:miya_ma:20210830000808j:plain

武蔵新田の図書館(下丸子図書館)にも行きました。

武蔵新田駅には「ファッションセンター」(またの名をしまむら)があり

そこにも行きました。

洋服屋さんに行くとテンションが上がりますね。

そして新田神社に通りかかったので、世界平和などを祈ったのですが、よく見たら縁結びの神社でした・・・まあいいか。

おみくじは中吉。

 

f:id:miya_ma:20210830000824j:plain

ウフフ。

ちょっとずいぶん古いJR東の駅員さんの絵です。

 

ほんとうなら電車に乗って旅していた夏。

住んでいるあたりをちょこちょこめぐるだけの夏。

そんな小規模な夏、ですが、それでも夏休みが終わってしまうの、さびしいですね・・・・。

ウフフ。

 

でも、無事に過ごせて、ありがたいことなのかもしれません。

 

これからも気を付けて暮らします。

 

ひまわり・夏休み・動画づくり

残暑おみまい申し上げます。

暑さが戻ってきて・・・BGMの「ひまわり」がけだるい・・・映画観たことないのにこの音楽を聴くとゾクっとしますね、

 

都内は感染者が5000を超える日が続いて、緊張感のある日々を過ごしています。

 

幸いにして、わたしは夏休み期間で、あまり人と逢わずに過ごせています。

 

秋から忙しくなりそうでそんな準備も考えつつ・・・・つかのま、のんびりできる8月を満喫しています。

 

もう朝晩は秋の気配ですね。

 

そんな、ちょっとだけのんびりできる夏、動画を2つ製作しました。

 

ひとつめは、長沼ハピネスさんの作曲による

「あなたのメガネになりたい」

わたしがDTMにて音をつくり、歌った後かなりきつい音程修正&フォルマント変化をさせております。

 

優し気な小品という感じの優しい作品になりました(←語彙がない)。

 

youtu.be

映像でドアップになっているのは長沼さんのメガネ・・・かな?

送ってくださった動画にあったものを利用しました。

・・・もしかして もしかしなくても 眼鏡フェチ?

 

自分自身、近視で眼鏡ないとみえないのに、眼鏡が苦手でコンタクト愛用者なのにね・・・。

 

コロナ以降、マスクが必須になり、やっと眼鏡をかけていてもくもらないマスクの付け方がわかりました。だけどやっぱり眼鏡をかけるのは苦手・・・

メガネは・・・みてるのがいい(笑)

 

駅員さんのメガネになって、朝から晩まで駅の人の流れを見つめていたい・・・。

それは自然界の小川のように、ときに激しく、ときに優しく、いろいろな表情をみせるものでしょう・・・

政府がいうところの、人流?

なかなか、コントロールできない流れ・・・ではあります。

自分も自粛モードで電車にあまり乗れず、駅員さんに会えず・・・残念です。

 

駅員のシャツの色も変わってしまいました、あなたに、会いたい、でも、我慢。

 

 

動画づくり2曲目は

「歌舞伎町はムシ暑い組曲

7月末まで新宿で勤務しており、その帰りがけにとった録画を基本としている音源です。

ちょうど、オリンピック期間で・・・やっぱり、コロナどうなっちゃうんだろうと、心配だったなあ・・・。

そして、いま、感染爆発に、医療崩壊に・・・あの頃もう少し抑えられていれば・・・いま、苦しまずにすむ命も、あっただろうに・・・。

 

この頃、行き交う人は多そうにみえますが、みんなマスクをしているし、どこか緊張感も感じられました・・・もっとも歌舞伎町は日頃から緊張を感じる街ではありますが・・・。

 

危険とかじゃなくて、ただ歩くだけならいい街です。

海外の情勢をみて思いました、この東京・日本の治安の良さ・平和であるというのは凄いことなのだなと・・・。なかなか日本の治安や平和の価値や良さに気づかなかった・・・守ってゆかないといけませんね。

 

歌舞伎町には、動画の中にもありますが神社もあって、なんか人の業みたいなものを感じてしまいますね。

 

時間をかけて製作しましたので、どうか一度見てやってくださいませ~。

 

youtu.be

 

そのほかは・・・ひたすら事務所でワチャワチャやっていますが

ちょっとしたPC小物を、遠慮なく買ってしまいます。

業務で依頼されたSurface用のドッキングUSBとか

カメラのレンズとか・・・

あと松本零士先生の「ニーベルングの指輪」とか

衝動買い・・・・。

子供の頃から零士先生の漫画が好きでした。

見開きの迫力とかすごいなと思います。

しかしあんまりワーグナー関係なかった。

あと池上のおっちゃん工事士による洗濯機&冷蔵庫のアース工事、やってもらいました。

アシナガバチの巣の近くだったけど、ハチが襲ってこなくてよかったです。

 

なんか「秋から忙しくなるから・・・」なんて言い訳して、気晴らしに散財しているみたい。まあいいか。

 

とにかくコロナが大変なので、あと数日間は家でおとなしくしていますね。

 

BASEのお店もよろしくお願いします~。

383.thebase.in