駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

池上駅が新しくなりました

f:id:miya_ma:20201023203527j:plain

多摩川大橋からの夕暮れです。

水面はもちろん、多摩川

真ん中にみえる山は富士山。左右対称ですね。

小さめですが富士山の左にあるのは大山丹沢の山なみで・・・

この 左右非対称の山のシルエットをみると、

若い日を過ごした厚木を思い出すのでした・・・・

そして小田急に乗りたくなるのです・・・

ああ小田急小田急はなんて遠くに行ってしまったのでしょう・・・

ああ。

 

おわり

 

おわっちゃだめだ・・・

 

この記事では池上駅を紹介する予定なのだ・・・。

 

f:id:miya_ma:20201023204302j:plain

人生も末期はあっという間というわけで

住んだ場所としては大田区がいちばん長くなってしまいました。

(家はあっちこっち動いていますが。)

 

東京23区の違いなんて、意識したことがなかったです。

荒川区葛飾区に住みましたが、どこもいいところでしたが、

大田区はそれより南西にあり、人数も多く面積も広く、

大きなプライドを持った区という気もします。

大田区の誇り

それは、多摩川・・・。

土地のさりげない風土が、人を作り上げるということも、ありそうですね。

この黄昏の多摩川大橋、この美しい風景が、心に住み着いてきました。

 

f:id:miya_ma:20201023205508j:plain

f:id:miya_ma:20201023213031j:plain

そんな大田区を代表する池上駅が、

駅ビルが出来て新しくなった・・・

きれいに!おしゃれに!なったらしい・・・(伝聞)

というので、仕事のあいまに、みてきました。

 

雨の日。

バスターミナルは屋根もなく、傘をさしても濡れ続けるおじいちゃんおばあちゃん。

いつもの池上駅前ですね。

 

そして

・・・駅前の公衆便所は・・・

健在でした・・・。

 

f:id:miya_ma:20201023204944j:plain

しかし何かが違う文字・・・。

 

にんべんを落としたからといって お上品になるものでもないが・・・

みょうに気高い公衆更所の文字

これが・・・池上駅前・・・

更所がお迎えします。

 

おしゃれではないが・・・べんりだ。

 

f:id:miya_ma:20201023205241j:plain

駅のホームは1階ですが、

改札は2階になります。

改札を出て、地上に降りてゆく階段から見下ろしたところです。

 

柱の模様とか素敵な感じですが・・・駅前は変わらず・・・ですね。

そんなにすぐに何かが変わるわけではない・・・ですよね・・・

駅ビルも、テナントはまだまだこれから、とのことです。

 

・・・おしゃれなカフェなど、なかった。

 

f:id:miya_ma:20201023205419j:plain

これが駅舎内、改札あたりです。

 

和のイメージある池上らしく、シックな色合いですね。

 

やはり最近あたらしくなった、旗の台を思い出します。

木、和、ダークブラウン、暖かみ・・・

こういうのが東急のトレンド、なのでしょうか。

f:id:miya_ma:20201023213321j:plain

木目のベンチ。あたたかい感じですね。

 

ところで駅のコンコースは

駅員さんの写真集みたい

でした。

 

f:id:miya_ma:20201023213542j:plain

f:id:miya_ma:20201023213600j:plain

ポーズする駅員の写真は画質粗く

それだけに神々しく・・・

・・・・いやあ・・・最近・・・駅員さんが、神がかってきており・・・

駅員が駅員として個人的に思い出を刻む以上に

駅員が思い出として刻まれる

ことが多い

 

駅員は 格別な存在だから・・・

というのはもう

世の常識なのだろうか・・・。

この古い駅の池上の駅員ときたら お会式にもまれて 経験じゅうぶん

さあみんなで駅員の写真に敬礼だ

さあみんなで駅員の写真にお供えだ

駅員の肖像を飾りたてまつる池上駅

若々しい駅員 肉がむちむち踊る駅員

ラーメン大好き駅員たち(の妖精)が

池上本門寺を控えるこの古い駅に

ちゅるちゅる むんむん

暮らしているのですって

奥さま

 

 

大田区の海のほうの小さな旅

大田区は海に面している・・・

いや、してないのか?

わかりませんが、

地図で見ると海沿いなので、海に面しているとしてよいと思うのですが、いわゆる海側のあたりを、自転車で巡りました。

 

この写真は、環八蒲田陸橋から、蒲田駅をみたところです。東急プラザ屋上の観覧車が愛らしいですね・・・

意外に 乗ると 酔って怖いのですが・・・。

f:id:miya_ma:20201019003656j:plain

 そこから、おもに図書館めぐりをしたりしつつ、海へ、森へ、大森へ向かって行きました。

大田区において海は西側にあるので、京急に沿って北上した感じかな?

 

大森東図書館に寄ったとき、大田区が誇る人工ビーチが近いというので

ちょっと足を伸ばして行ってみました。

 

 駅でいえば、大森町か、平和島から、徒歩15分程度でしょうか(てきとう)

 

こんなところでした。

f:id:miya_ma:20201019004003j:plain

こじんまりしています。

 

水平線はないのか・・・

 

・・・やっぱりホンモノの波打ち際とは違う感じがしますが、

綺麗で、お休みどころもありました。

 

夏は混雑しそうな感じなので、秋こそ、いいのかも・・・。

最近、水場に行くと癒される自分がいます。

 

f:id:miya_ma:20201019004014j:plain

秋だ~。

 

ビーチのある一帯は公園なので 自然が多く ひろびろしていました。

これならソーシャル・ディスタンスもだいじょうぶ。

大田区は自然が多くていいですね。

 

帰りに立ち寄った萩中公園というのが、なかなかディープな魅力に包まれていました。

 何しろ 乗り物がイッパイありました!

 

f:id:miya_ma:20201019004025j:plain

f:id:miya_ma:20201019004034j:plain

 「ガラクタ公園」という名称、なかなかしびれます。

都電が目立ちますが、きかんしゃ、消防車、スペースシャトルまであり・・・

子供はうれしいでしょうね。

野球場があったりちょっとした池?があったりプールもあるようで、

大きな公園でした。

 

そこから、駅伝でおなじみ1国をまた蒲田方面に走った・・・のかな?

 

以下は、金網で囲ったところに鳩さんがいるのですが・・・

ああ、こういう風景、

大田区的バード・サンクチュアリ

だなと思ったりしました。

f:id:miya_ma:20201019004043j:plain

昭和っぽいアパート もいい感じですね・・・

良い感じですが・・・・

やっぱり街の保全とかを考えたときに危なげな建物はたくさんあるなあと思いますね・・・

(というか、自分が危なげな建物に住んでる・・・)

 

何気ない大田区の風景も、少しずつ変わってゆきますね。

 

いろいろ巡っていた理由のひとつは、図書館のリサイクル本をやってるところは

どこかというのを調べたかったのでした。

 

大きな大田区、図書館も多くて、調べられたのは半分以下で

たまたまあった・なかった、ということもありそうですがひとまず以下のようでした。

 

f:id:miya_ma:20201019004053j:plain

 

持って行ってよい本のコーナーは嬉しくなりますね。

つい調子にのってたくさん持ってきてしまい

つんどくが増えてゆきます。

 

奥深すぎてたどり着けなかった大森南図書館、いつか行ってみようと思います。

 

 

常磐線に乗って茨城へ

f:id:miya_ma:20201015221656j:plain

茨城県に日帰り出張してきました。この写真はゲートウェイ駅あたりから海側をみたものです。

 

これまでも、お仕事で茨城にぜひ来てほしいと言われていたのですが・・・

コロナのこともあり「都民はちょっと待ってね」と言われたりして

茨城や、ああ茨城や、恋しいぞ・・・

そんな日々を過ごしておりました。

 

それで、

コロナが減ったというわけでもないのですが、

コロナとの付き合い方もだんだんわかってきた・・・?ということで

このたび、やっと、茨城出張がかないました。

 

ああ、うれしい・・・。

行き先は常磐線の先にあります。

 

常磐線、こんなキャンペーンやっていました。

 

www.jrmito.com

このキャンペーンを見て・・・

率直にいえば・・・

あまり福島県の地理もわかってないので、帰宅困難地域ってどこだろうかと調べてしまった・・・。

このキャンペーンの行き先からそっと外されていました。

 

大きな被害があったこと、忘れそうになりますが忘れてはいけないことですね。

 このキャンペーンのなかでは、草野心平記念館が、いいな、行きたいなと思いました。

 

f:id:miya_ma:20201015222109j:plain

しかしバス50分か・・・・遠いけど・・・それだけ奥深さがありそう。

もう秋深いのでしょうね・・・

 

草野心平、理系っぽくて、カエルを題材にして、詩がおもしろいので好きなんです。

わたしも草野心平

ライブでやりました。

 

www.youtube.com

さて

常磐線に乗ろうとした上野駅に、とてもかわいい駅員さんの絵がありました。

 

おおー。

 

f:id:miya_ma:20201015221906j:plain

・・・キャベツに襲われる駅員さん。

 

常磐線も全線開通して、広告も気合が入っていましたね。

新制服のイラストというのもポイント高い・・・。

 

f:id:miya_ma:20201015221940j:plain

こちらはレンコンに襲われる駅員さん・・

あるいは特急にひかれそうな駅員さん・・・

 

にーげーてー!

 

駅員さん逃げてー

レンコンの穴に吸い込まれちゃうよ・・・・

 納豆の雨が降ってくるよ・・・

 

f:id:miya_ma:20201015222033j:plain

それにしても常磐線っていいものですね。

かつて小田急民だったものにとっては

千代田線の向こうにある亀有的な電車

だと思っていましたが・・・

 

仙台まで続いているなんて、それはすごい長さですね。

 常磐線の向こうには何があるのだろう・・・

 

向こうには何が・・・

 

むこうな・・・

 

・・・

 

ムコナ!

 

f:id:miya_ma:20201015222726j:plain

無駄にかわいいムコナはE657系のキャラクターだそうです。

ムコナのツイッター、始めたそうですよ。

 

帰り道は、

こんなポスターが気になりました。

f:id:miya_ma:20201015222843j:plain

気になったポイントその1は・・・茨城県民の日っ!

 

・・・そんなものがあるとは・・・。

 

いやいや都民の日があるのだから茨城県民の日があってもいいだろう・・・。

 

気になったポイントその2は・・・

舞浜は千葉県じゃないのか・・・なんで舞浜なんだ・・・・

 

 

いや、わかるが・・・

 

「わくわく土浦号」とかでも良いじゃないか・・・

 

そんなことを思いました。

 

でも、ツイッターで、くつしたさんによれば、茨城県民の日茨城県民はディズニーランドが安くなるそうで・・・そんな仕組みがあるのですね、なるほどです。

 学生さん喜びそう。

しかし、わくわく舞浜号の、日立の朝の早さよ・・・

 

日立、どんだけ遠いのだ。

 

f:id:miya_ma:20201015224054j:plain

 

茨城県には仕事仲間が多いです。千葉や埼玉にはそれほど居ないのに・・・。

 

そんな仲間たちが必ず言う言葉があります。

 

「茨城は、

県の魅力度ランキングでは最下位になっているけれど、

本当にいいところです。

住んじゃえば?おいでよ~」

 

今回、コロナのことがあって、改めて茨城に住むことのメリットを感じます。

密にはなりにくく、自然が多く、都心にも出やすい茨城県の魅力がよくわかったように思います。

 

そうそう

東京のベッドタウンではなく茨城としてひとつの文化圏であるイメージもありますね・・・。

 

7年連続最下位の茨城をアピールしようと、12駅の駅長さんも白い制服でがんばっていました。

この企画・・・駅員さんも最近は鉄道以外のことも考えなくてはいけないのだなあ・・・。

 

www.jrmito.com

そしてこのたび、最下位を脱したことがニュースになっていましたね。

 

県の魅力はそれぞれで、一律に順位をつけることがおかしいように思いますが・・・

ともかく、最下位脱出に向けて駅長が頑張った成果なのかもしれません。

 

おめでとうございます。

 

f:id:miya_ma:20201015224321j:plain

 

そんなこんなで、日帰り出張、楽しかったです。

 

ますます旅に出たくなったじゃないか・・・

次は栃木に行くか?

 

音源も、よろしくお願いします★

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD
 

 ♪

 

池上駅新駅舎開業動画が洗濯機で

池上駅・・・

といっても、城南地区の方でなければ、あまりご存じないかもしれませんね。

(そんなことはないか・・・本門寺は有名ですよね)

 

あいかわらずのいい加減な地図ですが・・・

池上は このあたりにあります。

f:id:miya_ma:20201010205204j:plain

 

池上線は、隣接する多摩川線と同様、3両編成の小ぶりな路線で

池上駅は白い木造の小さな駅でした。

 

f:id:miya_ma:20201010213400j:plain

 

23区では珍しくなった、改札内踏切もありました。

こちらです。

 

f:id:miya_ma:20201010203647j:plain

 

ごとんごとんと地上を走る、各駅停車の3両編成。

昭和のノスタルジーあふれる池上駅ですが

言い方をかえれば 開発されずに来た駅であり

むかしながらの街並みです。

 

ずっと昔ながらの門前町で 大都会でもなく 観光地・・・というほど観光地でもなく

くずもち屋さんがあったり 美味しいケーキ屋さんがあったり

住宅地でもあり

人々は穏やかに過ごしていましたとさ(完結)

 

そんな池上でしたが

「とうとう駅ビルが出来るぞ!」

と決まったのは数年前・・・

ずっと ずっと 工事をしていました。

 

このたび 駅舎が完成したということで・・・

・・・近所なのに行ってないですが・・・

東急・公式チャンネルで「池上駅・新駅舎開業動画」をみました。

 

なかなか面白かったです。

 

こちらです。

 

youtu.be

もともと、東急のライバル路線だったために 東急では池上線は冷遇されているのではないか・・・・

あまりに地味な路線だったために

そんな説もありましたが

・・・都会の駅になったみたいね!

改札内踏切も終了となり 

次世代の新しい駅になったなあと感じます。

 

図書館が駅ビルに入るのですよね。

それがとても 楽しみです。

 

f:id:miya_ma:20201010204412j:plain

動画より。

伝言板の新しい使い方だなぁ・・・。

 

鉄道員が自分のキモチを書いたり伝えたいことを書いたりする伝言板・・・SNSのようだ。

 

伝言板にXYZと書く駅長

想像した・・・。

 

動画では、新しくなった駅員控室みたいな紹介もありました。

 

ふだん見られない場所ですね・・・ドキドキ・・・・。

 

f:id:miya_ma:20201010204402j:plain

小さめの部屋に2段ベッド。

制服を脱いだ駅員さんは・・・

東急支給のストライプのパジャマとか着るのかな・・・

あんまり想像できないな・・・

 

ここで眠るらしいのですが

短い夢をみているのかしら。

JRみたいに空気を入れて起床させるシステムとかあるのでしょうか。

原則として1人しか寝ない、みたいなことも言ってましたね。

駅員も眠るのか・・・

そりゃ そうか・・・

 

・・・疲れた駅員が眠る その顔は。

・・・ガタン ゴトン その音が耳にやきつく駅員の眠る その夢は。

 

そして

洗面・シャワーの紹介もありました。

 

f:id:miya_ma:20201010204820j:plain

おおっ!!

洗濯機!!!

 

洗濯機・・・・???

 

駅員さんが泊まって洗濯機をまわすのか・・・???

 

駅員は何を洗うのか・・・?

 

この 紹介してくれている駅員も着ている このシャツを あ あ 洗ったりするのでしょうか・・・??

 

乾燥機つきでしょうね・・・30万くらいしますよね・・・(最近、検討した)

 

もう 住んでしまいたい・・・

そんな駅員さんもいるのではないでしょうか・・・。

 

f:id:miya_ma:20201010210340j:plain

近所なのにまだ行ってないのですが・・・(しつこい)

新しくなった池上の街が ゆるぎない「本門寺」を控えてどんなふうに変貌するか

これから楽しみですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて ここから お知らせです。

 

このところ

10月上旬というのに いきなり寒いですね。

雨も多くて いやになってしまう・・・

洗濯できない・・・

 

池上駅に行こうか(←なんでだ)

 

そんな日々・・・・。

 

f:id:miya_ma:20201010210519j:plainスヌードもらった!巻き方不明!

 

このあいだ、わたしの動画「きれいきれいきたないきれい」で

白いスカートをはいて頑張ってくれた流れ水タワシさんのラジオに

ゲスト出演しました。

 

f:id:miya_ma:20201010210916j:plainこんな感じのお兄さんです。

 

わたし48歳、流れ水さん29歳。

年齢差もあるのでなんか面白くて・・・

 

>松岡さんってバブル時代の人ですか?(・・・違う)

>松岡さんって42歳くらいじゃなかったんですか?(・・・40代はみんな同じだと思ってるのかな・・・)

>「かもめが飛んだ」の歌はリアルタイムですか?(・・・まだ子供だったぞ)

 

みたいに

自分にとってはきめ細かいものが 

同時代を生きてない方にとっては大ざっぱな捉え方なのが

面白いです。

ラジオは なんとなく促されてしゃべってるだけですが・・・

時々、おしっこを漏らすという話に、びっくりしてしまいました。

緊張のせいか、このときもジュースを飲みすぎていた29歳・・・飲みすぎなんじゃないかなあ・・・。

 

関心ある方はこちら・・・。

www.youtube.com

若い方の手助けが出来たならうれしいですね。

ここをお読みの方も、関心あればお声かけくださいませ。

 

 

ところで

こんど、5枚目のアルバム「エメラルド・グリーン区」をリリースします。

 

マスタリングをプロに頼んでおりますが、

既発CDのなかで、マスタリングを人にたのまなかった「点滴夜行」

やっぱり配信では音が雑多な気がして・・・

 

いったん引き上げることにしました。

 

今日はまだ聴けた・・・(↓)

 

open.spotify.com

「点滴夜行」もうすぐ聴けなくなりますが、 もっとよい音にして またアップしますね。

 

ああ やることがいっぱいだ。

 

池上のお会式のない秋ですけど

池上の駅が新しくなった秋・・・。

 

前向きに過ごしてゆきたいと思います。

 

みなさんもお元気で。

 

おやすみなさひ~。

f:id:miya_ma:20201010212605j:plain

日比谷線車掌のノーズ・リッジ

f:id:miya_ma:20201006223842j:plain

人生初、都立図書館に行きました。

 

貸し出しは出来ないようですが、いちど行ってみたくて、予約しました。

今週辺りから受付人数を増やすようですが、わたしがいったときは少人数の予約制だったので、ほんとに人が少ないという感じでした。

 

場所は、日比谷線広尾駅から、有栖川宮公園のなかを上って、8分ほどです。

あまり広尾という場所になじみが無いので、

街におしゃれなパン屋さんが多くて

外国人も多くて

独特の雰囲気のある街だなと思いました。

日本人の考える架空のパリみたいな街です。

 

f:id:miya_ma:20201006224232j:plain

都立図書館では、職員さんがわりと多くて、検索など教えてくれるのですが

あまり調べてる本のことを知られたくなくて・・・・

ひとりでやってたら

よくわからなくて・・・・

それでも 目指す本棚に行って 何冊か本を読むことができました。

開架にあるのは新しめの本が多かったです。

予約は3時間ごと。

2時間半ほど いろんな雑念から逃れて しーんとした中で読書するのは 楽しかったです。

予約制ということもあり ずっと読書していたいと思わせる この 微妙な強制力が

学生時代のようで 気持ちが良いな・・・。

貸し出しは出来ないのですが 読書をエンジョイしました。

図書館を出たらもう21時!

広尾はいわゆる繁華街という感じではないので・・・そのままおうちに帰りました。

 

f:id:miya_ma:20201006224654j:plain

 

日比谷線車掌のノーズ・リッジ

 

マスクの鼻の部分をしきりに抑えた車掌が目の前を滑っていった

鼻とマスクの間が大きくあいているとそこから呼気が抜け出して

呼吸は楽だが用をなさなくなる可能性もある

だから真面目な車掌は白い手袋で白いマスクの鼻を押さえる

車掌に鼻筋があったとは思わなかった

地下鉄も秋模様の風が吹き

この秋はじめて上着をはおった車掌の

身体をまとう風が・・・どこか・・不慣れだな・・・おかしいな・・・

日比谷線の車掌の身体を吹き抜ける風

それを止めなくてはと思って

車掌はマスクの鼻を押さえる

列車は止まるな 風 止まれ!

その動作は 車掌にはなかなか見られないもので

車掌にも まっすぐで素敵な鼻筋があることを 

わたしに

教えてくれるものだった

 

f:id:miya_ma:20201006225535j:plain

わたしは あんまり 人の顔立ちがわからなくて・・・

人の見わけもつきません・・・みなさんごめんなさい。

なので 

車掌に鼻筋があるッ

なんてことに興奮してしまったのですが

そういう目で見ると 日比谷線にだって 鼻や鼻筋がありそうですね。

ずいぶん平らかなお顔です。

電車って全般的にハンサムですね←見分けついてない

 

 

f:id:miya_ma:20201006225837j:plain

 

図書館も楽しかったですけど 在宅ワークが多いので たまの外出や電車が 幸せです。

もちろん各駅停車を選んで乗って・・・ずっと乗っていたい・・・

カミュの「ペスト」最後の方を読みながら電車に揺られていたけれど

ずっと読んでいたいのに目的の駅についてしまった。

「ペスト」

最後の方でわりと収まるのですよね。(ネタバレごめんなさい)

収まってきたら ステイホームの我慢がウソのように・・・その反動もあって・・・我々もお祭り騒ぎしてしまうのでしょうね。

たくさんの悲しみのことなど忘れて お祭り騒ぎになってしまいそう。

電車は読書に最適ですね。

居眠りにも最適で、人間っぽい車掌さんもいて、やっぱり電車はいいものだなあ・・・。

 

広尾はわりと近いのですが もっと遠くへ 各駅停車で出かけてみたくなりました。

どこがいいかなあ。

秋はどこも風景がいいですね。

考えただけで幸せです。

いやほんと、人は家にこもっていては辛いものだと思うし、衣食住だけが足りていればいいというものでもないことが、よくわかりました。

 

あたらしいこと

楽しみ

わくわくする未来

人との交流

芸術に音楽に書物

移動する感じ

そんなものが 必要なのですね。

 

世界中が、わくわくするような明日を夢見て過ごせたらいいのにと思います。

 

おやすみなさひ~。 

 

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD
 

 

都民の日には無料の東京都写真美術館

f:id:miya_ma:20201003003345j:plain

最近、無料で聴けるウェビナーをあれこれ聴くのが趣味です。

 

最近では、日本にたくさん来られて、働いてくれている外国の方のために

やさしい日本語を使おうという試みをなさっている先生の講演が印象に残りました。

 

日本語のオノマトペ(頭がガンガン、ズキズキ、とか・・・)が通じないということも驚きました。

 

日本を支えてくれている、のが、日本にルーツの無い方、が、日本を支えてくれている・・・。

 

自分も英語のTEDとか聴いていますがいつまでたっても上達しません・・・。

ネイティブの方が想像できないほど、外国語の習得はたいへんですね。

 

日本のために働いてくれている方々が日本語で苦労しないように 簡潔な言葉を心がけたいと思いました。

 

 

f:id:miya_ma:20201003004923j:plain

さて、10月1日は冬服になる日・・・じゃなかった、都民の日。

 

東京都の施設が無料で使えるので、はじめて、どっかに行こうと思いました。

 

(本音は鉄道不足・・・何でもいいからJRに乗りたいと思っただけです・・・)

 

都内の施設をいろいろ調べてみましたが

上野動物園とか人気のある有名施設は予約制みたいだったので・・・

人気がないというわけではないですけど

知る人ぞ知る、東京都写真(TOP)美術館に行こうと思いました。

 

・・・なぜか 高輪ゲートウェイ駅に 立ち寄っていますが・・・。

 

f:id:miya_ma:20201003005351j:plain

TGW駅からの風景です。

仕事を待つ列車の群れが金属的な輝きをたたえています。

薄いビルディングが秋の日差しを浴びています。

この直線的な銀色の風景。

やけに明るくて、乾いた風景・・・湾岸の手前の風景。

たまりませんね・・・・。

 

f:id:miya_ma:20201003005453j:plain

TOP美術館は恵比寿ガーデンプレイス内にあります。

 

実は恵比寿ガーデンプレイスにあまり行ったことがなかったのですが

恵比寿駅から徒歩5~10分ほど。

動く歩道で、線路沿いに、南に向かいます。

 

f:id:miya_ma:20201003005719j:plain

東京都写真美術館

 

TOP美術館。都民の日なので無料でしたが、

それほど人が多すぎるというわけでもなく、予約なしでも入れました。

 

まずはエレベーターで3階まで行きました。

このところちょっと行きたくなっていた沖縄の写真展でした。

 

1970年頃の沖縄・・・おばあちゃんの写真や、子供の写真、米国の軍のような写真も多く、街並みはどこかエキゾチックでした。

わたしが生まれた1972年に返還されたという知識しかありませんが、沖縄のことをあまりによく知らないので・・・

いつか行ってみたいな。

 

TOP美術館は初めてで、率直にいって、写真を美術として観る習慣がなかったので、どんなふうに観て良いのか、戸惑う自分がいました。

写真は、事実のよう。

だけど、ここで自分が得るものは「知る」ことだけではないのだろうな・・・

そんなことを思いました。

写真をみて、自分はどう感じている?

 

自分に問いかけると、

懐かしい風景だったり。

見たこともない風景だったり。

ひとりの人間は、世界中を見ることはできないのですね。

そんなことが、寂しい、と感じたりもしました。

 

f:id:miya_ma:20201003010254j:plain

日本の全ての鉄道駅に行くことだって なかなか できないのにね・・・。

だけど あまり降り立たない恵比寿に こうしてこれたのは喜びでした。

 

紺色のジャケットを着た素敵な鉄道員とすれちがったり

木々の枝のあいだを流れる雲たちが新しく訪れた10月を祝福していたり

わたしは 引きこもった状態に強い人間だと思っていたけど

そんなことはなくて

お出かけがしたい おちつかない そんな人間だったのでした。

 

f:id:miya_ma:20201003010632j:plain

恵比寿ガーデンプレイス

それほど人も多くなくて きれいなところでした。

エクセルシオール、すいていて、よかったです。

若くもない自分は、悪や罪について思います。

自分のなかにもある悪や罪。

わたしはそれに対してnaiveというか無防備だったと思います。

でもなんだかんだ自分の身を守れてきたのは・・・・

単に運が良かったからか・・・。

親も守ってくれていたのかもしれない。

悪や罪から守られつつも、それについては知っておく必要があると思います。

人は状況次第で

豹変する、

裏切る、

襲う、

お金盗る、

ということなど、を。

 

悪を知り、悪を渡りあるき、うまく付き合わなくてはなりませんね。

自分のなかにも住んでいる、悪。

 

ひとまず、明日も、げんきで生き延びましょうね。

おやすみなさひ。

 

 

 

バレーコードと大師橋

f:id:miya_ma:20200930210725j:plain

蒲田だって美しいときもある。

 

上の写真は、環八蒲田陸橋からみた秋の夕空です。

こうしてみると秋の空は秋の空という感じがするなあ・・・

夏の空は夏の空だ。

この半年のステイホームで、空を見上げることも増えたおかげか、

空や季節のうつろいに 詳しくなりました。

 

相変わらず 在宅ワークです。

PCに向かい合う仕事ばかりで、煮詰まってきたので、

夕方はギターを背負って

ちょっと遠いのですが 海のそば・・・大師橋まで 行ってみました。

 

下図は、わたしの地理的理解・・・

 

(信じないでね)

 

f:id:miya_ma:20200930214322p:plain

大師橋は要するに、海のそばなのです。

 

環八を、まっすぐ南へ、蒲田陸橋を超えて、京急をくぐり、空港方面まで、空港線に沿って、萩中、糀谷・・・どんどん、どんどん、進みます。

歩道は広いけれど、人は多い・・・

 

途中、小さいけれど繁盛している八百屋さんがありました。

 

その名も・・・

「やおちょう」

 

・・・やおちょう、か・・・

 

f:id:miya_ma:20200930224248j:plain

・・・こんな昭和風の小さなお店なのに繁盛しているのも不思議ですが

上方に新し気なテレビがあって なぜかニュースなど(?)流していました。

 

古い八百屋の上に新しめのテレビ!

 

というのが新しくて つい写真撮ってしまいました。

 

さて八百長を過ぎて産業道路でしたか・・・

大鳥居あたりで右折すると すぐに大師橋です。

 

いつもは大師橋の下、もちろん大田区側でギターを弾いたりするのですが

この日は ちょっと 大師橋をわたってみました。

 

この写真は、大師橋の上から 北方の多摩川をみたところです。

川幅広く、

なんて穏やかな流れ。

f:id:miya_ma:20200930214304j:plain

ここはもう川のおわり

海になる地点

川幅が広がって 波はおだやか

川面を乱すものは 水鳥

その下に魚たちが泳いでいる

そしてなぜか 上流に向かって水が進んでいっているようにみえる

北方の少しけわしい表情が懐かしい

おーい 立川よ

おーい 是政よ

みえるかい こちらは大師橋です 

海の香りに包まれています

何かの境目は豊かなものを生み出します

船はちゃぷちゃぷつながれて

祈りのように揺れている

明日もどうか 穏やかでありますように

 

それにしても大師橋は美しい橋です。

橋のたもとに、橋の架け替えが大事業であったことが記述されていました。

そして

この美しい姿についても言及がありました。

 

f:id:miya_ma:20200930214308j:plain

夕空にかける白い弦楽器。

大きな使命を受けたその巨体は孤独だ。

偉大すぎて誰も触れることができない。

風だけがその弦を鳴らすことができる・・・

自由なカモメだけがその弦に触れることができる・・・

この弦楽器は人をつなげるためのもの

神さまがいるならば 

きっと大師橋を楽器にして やさしい歌を歌うでしょう

季節の変わり目の美しい歌を歌うでしょう

今は

マイナーよりもメジャーがいい

Fメジャーとかの 静かでやさしい音が いい

車はひっきりなしに走り続けているけれど

ひとはこの橋の途中で立ちどまり

空にたっぷり包まれる

川と海の境目には幸福の音楽が生まれている

思春期のころにいろいろなものに包まれ守られていたことを

思い出す

幸福の音楽が流れているのを聴く

それはきっと 

今も

 

f:id:miya_ma:20200930232047j:plain

そう Fのキー・・・

ギターを学ぶと最初に難関とされるキーです。

人差し指で上から下まで押さえないといけません。

バレーコードというのでしたか・・・

 

もちろん

わたしには無理なのですが・・・

簡略版のFを がんばって練習してみましたが・・・やっぱり綺麗な音がでませんね。

これからの課題はFのキーみたいですね。

がんばろう。

 

f:id:miya_ma:20200930233245j:plain

帰りはとっぷり暮れており

環八をまた戻る道

 今日も楽しかったね

 夕焼けさんはどこに行ったのかな

 夕焼けさんはカモメと一緒におうちに帰ったね

 

京急蒲田の列車のあかりが 銀河に向けて駆け抜けているようだった

 

この街でもうしばらく 生きてゆこうと思います。

 

松岡宮のCD、ぜひ聴いてみて下さい~。

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD