駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

近況ふにゃふにゃ

f:id:miya_ma:20190118214309j:plain

マスクつきが東急の正装らしい・・・

 

風邪やインフルエンザ、相変わらず.、はやっていますね。

ただの咳だ、ゴホゴホ、休めないんだ!って

病んでヨロヨロしている駅員もいらっしゃるのでしょうか・・・

その紺色の制服のしわを、介抱してさしあげたい・・・

いや、マスクして風邪気味の「のるるん」ではなくて・・・

12月はわたしも風邪で大変でした~

みなさんどうぞお大事に!

 

最近は・・・

憧れのエイベックスで配信のお勉強をしたのが面白かったです。

青山通りを通るたびに、ブルーに輝くエイベックスビル・・・あこがれすぎて近寄りがたいと思ったのですが、よくよくみれば1Fにドトールもあるのですね。

中はおしゃれでしたが、

会議室があったり防災センターがあったり

意外と普通な感じもありました。

QRコードを読み取って駅の改札みたいに入りましたが

出るのが大変な感じでした・・・

うん、いまふうのオフィスだなあ・・・

トイレまで使ってありがたやありがたや。

内容は、Spotify入門、みたいな感じで、わたしのような昭和脳のニンゲンには新鮮なお話も多く・・・

いま、ほんとうに、なんでも世界につながるドアがあるんだなあ~と

実感しました・・・。

 

その扉を開けるかどうか、世界へ旅立つ意志を持てるかどうか・・・なのでしょうね。

 

音源、がんばってつくろうと思いました★

Spotifyでいま、ニカラグアのTop50とか聴いてます~こりゃすごい!

 

f:id:miya_ma:20190118222505j:plain

 

 

近年とみに松岡のズレたトークが面白いと

男子にいじられることが多い・・・

わたしは大真面目なのだけど、男子に笑われちゃうのです・・・。

なかでも最強にいじってくるのが

例の、ドキドキクラブ監督ですが
とうとう今度の日曜日、

松岡を囲んでのトークイベント「ロマンスタイム」

主催されてしまいました。

最初のタイトルが「熟女とあそぼ」でした・・・

つっこみどころ満載のこの案内だけでも見てやってください(ー_ー)

・・・どうしろというのだ。

関心ある方はお気軽に新宿二丁目にお越しください~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月20日(日)20時より 「ロマンスタイム」
松岡宮さんをお迎えしステキレディーでいる秘訣を探りたいと思います。
松岡宮 http://miya.o.oo7.jp/profile.html
*チャージ800円と1ドリンクのご注文を御願い致します。
BAR 星男 http://barhoshio.shopinfo.jp
新宿区新宿2-6-8小沢ビル1F

https://ameblo.jp/barhoshio/entry-12433805600.html

 

 f:id:miya_ma:20190118224821j:plain

 

誰もが旅する鳥になる(多摩モノレール)

f:id:miya_ma:20190116093201j:plain

ここは無機質なものだと思っていました

だけどとっても懐かしい思いで風景を見下ろす

 

秋の日差しがまぶしいので上着を脱いだ運転士が

あなたを旅に誘いましょうか

お客さま、たまたまの旅に ようこそいらっしゃいました。

ほら、人間なんて軽いもの、ふわりふわり、街を俯瞰する、モノレールの、旅へ!

運転士はそう アナウンスして

まっすぐな経路で乗客をリフトしてくれた

鳥と同じ高さですね

 

f:id:miya_ma:20190116094335j:plain

 

わたし いま 飛んでいるのね・・・

 

そうですお客さま、多摩モノレールに乗れば 

誰もが旅する鳥になる

 

多摩センターから東京の北へ縦切りしてゆくこのモノレールは

乗客の来歴までも縦切りするようで

緑濃いランドスケープで不慣れな翼をひろげて壮大な地図のうえを舞う旅は

なぜか 懐かしいという気がしました

 

右の遠くに見える家

あれがミヤさんの生まれた家です

(え、そうなの?多摩生まれじゃないのに?)

 

左の遠くに見える団地

あれがミヤさんの育った家です

(え、そうなの?多摩育ちじゃないのに?)

 

運転士の白いシャツの皺の形が変化するとその中には肩やら腕やらが入っていることが感じられる

ここは無機質なものだと思っていました

だけどとっても懐かしい思いです

 

 

<・・・あなたの目には懐かしく見えるようなそんな風景を車窓の外に演出しているのですよ・・・いいえ、なんでもない、たまたまです、たまたま・・・>

 

たまたま!

のれいる!

 

次の瞬間、世界はオレンジ色に 染まっていた・・・オレンジ色一色の、未来の、過去の、世界だ・・・

 

・・・アレだけは 僕は 着たくなかった・・・

 

って 言ったのは 誰の声だったのだろう・・・

 

f:id:miya_ma:20190116094155j:plain

 

「はじめはオレンジ色の制服を着るのが嫌でしたが・・・・」

 

40代駅員の 声だったのか!

 

 

f:id:miya_ma:20190116094246j:plain

 

・・・と いうわけで

多摩モノレール 20周年記念 おめでとうございます。

 

お気づきと思いますが、結構仕事で乗っています~。これからも素敵な眺望を楽しみに乗りたいと思います★

 

f:id:miya_ma:20190116094429j:plain

 

 

綺麗な箱で蚤の市

ガラスが綺麗なオーバルのかたち
フリマ会場、近くてよかった
近代的な建物で 蚤の市。
綺麗な箱のなかで古くさいものたちがお祭りを始める

やあ品川だ、都会だな、
ゲートウェイはどこかにあるのか?
品川駅は、田町方面が北なのですね、あやうく間違えるところだった

f:id:miya_ma:20190113222430j:plain

毎週フリマをやっているので
常連さんばかりで占められ
固定的なもので出来上がっている空間
自分がなじまないという空気を感じるが
それはいつものことだ
とくに向かいのブースには
毎週来ているらしいプロの・・・・
ボスのような空気をまとった方がいらっしゃり
高級な壺の販売をしながら
こちらをみてる、のを、感じる・・・

綺麗な箱の中でわたしを買って下さいという売れ残りの炎

常連・常連・高齢者たち
ヘルプマークつきの手押し車で今週も来ましたよって楽しそうです。
わたしのブースも10えんコーナーで大賑わいでした!
新顔ですね、って、
わっしょいしょい・・・

あとから結果として感じたことだが
お客さんは外国の方が多かった
観光ではなく日本に暮らすそれらの方は
「日本語が通じませんので英語でお願い」とは言わないものだ

お弁当箱を買ってくれたやや若い女性の方、
「アクセサリー、ある?」と語った素敵なカップルの方、
日本人だと思い込んでいたけれどわたしの話した日本語は通じていなかった。

「立ち寄ってくださる若い方は日本語が通じるとは限らない」
という認識にわたしは欠けていた
慣れましょう、もう日本語は通じないかもしれない世の中だということに。

青条美羽さんひとりでカルタ

とうきゅうにちょくつうできるそうてつ20000けい

ひのでみに ねっくすのって なりたをめざす

 

f:id:miya_ma:20190113222519j:plain



わたしのなかにある昭和の日本、これから未来に来る日本、
いろんな思いがぶつかって
ひずみが生まれる接地面
ちょっとだけ痛い手術痕
いまわたしはどこに立っているのかな?
ゲートウェイを開けてみたいな・・・
未来の日本は英語しか通じないのかな・・・
勉強しなくちゃね

もう 
この空気は
おもてなしをしてあげましょうとかそんな上から目線ではなく
ゲームはもはや相手のペース
外国の方が増えてゆき外国の空気そのものになっている
王府井(ワンフージン)にいるような気になる
はっきりと値切られる
気さくに声をかけられて品物ふたつを一つの値段で
OK? OK?
強い目で値切られてイエスと言ってしまい いまは反省
値切りは普通のことだから
強い顔 強い声して NOって言わなくてはいけない場面が
これからもっと来る


逞しくならないと!

 

f:id:miya_ma:20190113222456j:plain


そうまるで王府井(ワンフージン)
北京の街でみたような賑わいだった
あるいは川崎モアーズ
ダークカラーのコートでにぎわう冬の街
違うのは
ここは綺麗なオーバルの箱
やたら綺麗なオフィスビルの中
オープンテラスのプロントの前で
不似合いな気もするけれど大賑わいの
蚤の市 開催中です

階段の裏で こどもがゲームに夢中! 

f:id:miya_ma:20190113222550j:plain


文学系のフリマや音楽系のフリマによく参加してきたけど
そういうところだって
知らない人のものを買ってくれるわけではない
知り合いの参加が減ってくると売り上げも減ってくる
それなら
こういうストリートでいいような気がしている・・・
販売のための値段も安いし
通行人もいっぱいだ
もう
狭い箱のなかで小さな人の集団で過ごすの疲れてしまった
開かれた道のはじっこで
道路の風にこの身を晒されて骨身ひとつになるほうが
寒すぎるけれど
むしろよい・・・
だけどやっぱりそれはそうではないのかもしれない
知り合いを増やす努力や作品を聴いていただく努力も 
必要なのかもしれないなあ
ゲートウェイはどこに続く・・・

高層ビルと高層ビルの隙間を太陽が通る時だけ差す日差し

いつだって恵みをもらうだけ

自分は負け組とかあんまり考えないようにして
菓子パン食べた

売れたものは
弁当箱
石垣島ポーチ
キティちゃんのお皿
母校の徽章
ACアダプター
ひまわりの皿とマドラー
小さなアクセサリ
エコバッグ
インドネシアの貝細工ブローチ
など


LISMOひとつも売れなかった・・・

・・・さ、さのせんせい・・・

可愛いのだけど・・・

外国の方にキャラグッズは通用しないとわかった・・・

f:id:miya_ma:20190113222616j:plain

売り物とは違うけど
若きウェルテルの悩み とか
車輪の下に とか
山月記 とか
三国志 とか
本を置いていたのは 
買ったばかりのトランクの雰囲気にあっていると思ったから

うん、よかった

ゲーテでウェーイ!

もっと本を持って来ればよかった
文化の薫りの漂うものを飾りたい・・・なんて、はじめて思った
好きなトランクを買ったおかげかな
もっと自分の好きなふうに生きてゆきたいと思った
世の中の正解とされるものと自分が正しいと思うことは違うこともある

ゲートウェイの向こうに「仕方がない」の文字を見ても

「仕方がない」ので だからなんだ?

逞しくなることにした

人の目とか 自分で自分を名付けたりする行為は

もう ばっさりカットでお願いします たのむぞ、自分・・・。


青条美羽さんぐっすり昼寝
お疲れさまでした。

  

鉄おも

f:id:miya_ma:20190112233906j:plain

知人に図書カードをいただきました。

 

何か、人の役に立つような本を買おうと思って・・・

 

地元の小さな書店でいちばん購買意欲をそそった本が・・・

 

鉄おも!

 

「おも」って なんでしょうね~。

はじめて読む本ですが、本屋のおじさんが「これは売れてますね~」とのこと・・・

どれどれ・・・。

 

f:id:miya_ma:20190112234116j:plain

冒頭記事は「あるふぁ・えっくすの車体公開!」でしたが

中の記事はフルカラーで美しい写真ばかり

楽しめました。

 

わたしが子供のころに熱狂した銀河鉄道999

いまでも子供に親しまれているなら素敵だなあ。

 

通勤列車やロマンスカーの特集もありましたが

わたしの印象に残ったのは・・・

相鉄!

 

f:id:miya_ma:20190112234249j:plain

そうそう・・・相鉄線の工事と、新型車両も興味ありますね。

相鉄の相とは相模の相だと思われますが

ヨコハマネイビーブルー

であって

サガミ ネイビー ブルー

ではないのですね・・・

 

伊勢原市民は湘南ナンバーをもらい厚木は相模ナンバーですよ どうせ

 

東海大ずもう・・・じゃなかった・・・東海大相模・・・

 

などと

 

相模のイメージはそれほどおしゃれではないが

・・・・相模の相の字が東京に出て女優デビューするのね!

・・・相鉄線が渋谷乗り入れ!する日が来るなんて・・・

さがみ・マルキュー・殴り込み!

楽しみですね

 

f:id:miya_ma:20190112234730j:plain

 

駅員的なものに関してはJR西日本の訓練風景の記事がありました

シアターアクター鉄道員

 

俳優のようですね

テレビカメラに囲まれて 車掌というゼッケンをつけた鉄道員が演技スタート!

ロールプレイ 大事なことですものね・・・

鉄道員の生活は演技の上に成り立っているのだ

そしてタブレットで必死に撮っている鉄道員もいます

撮ってる人はロールプレイの世界から少し離れたところにいるのね・・・

それもひとつの また別の演技なのでしょう

アクター鉄道員

素敵です

 

 

 

f:id:miya_ma:20190112234939j:plain

そんな、鉄道の記事のなかで異彩を放つ記事が、

 

京急が横浜に本社移転!

 

でした。

 

・・・子供たちにとっては重大ニュースなのでしょうか・・・。

しかし京浜の浜の字こそ横浜の浜でもありそれなりに大ニュースなのかもしれません。

 

あと 

本当に写真がキレイな雑誌で

クリスマスのトーマス列車の写真とか 丸ノ内線のサインウェーブの写真とか綺麗だったな~。

 

鉄おも、魅力的な雑誌ですね。

来月号は、ライバル研究だそうですよ。

 

か か 買い続けるのか・・・。

 

 

おまけ

なぜか事務所にいただいたノンノも ちょっと紹介・・・。

f:id:miya_ma:20190112235540j:plain

モデルさんは綺麗でかわいい!

などというのは 当たり前ですね・・・

でも、みなさん、いろいろ努力をしているのでしょうね。

 

図々しいけどわたしでも着てみたいなってお洋服が

いっぱい ありました~。

 

ほかの記事も おもしろくて・・・

ノンノモデルの もちものチェック。

f:id:miya_ma:20190112235608j:plain

ノンノモデルさんが

お清め塩スプレーを持ち歩いているとは・・・・。

カメラも・・・ほんとうにそのカメラでいいのか!?

 

こういうのは すべてを出すわけではないのでしょうが・・・

それでも それぞれの方の個性が感じられて面白いですね。

 

 

あと

セックス特集の 不完全燃焼な時、どうする?という質問の答えが

面白かった。

こちらです。

 

f:id:miya_ma:20190112235709j:plain

・・・ないのか、男子は・・・

(ー_-)。

 

というわけで雑誌を読んで過ごした日でした。

あけて13日は品川インターシティ

フリマしてきます。

トランク買ってしまった。

たぶんベレー帽かぶってがんばりますね~。

f:id:miya_ma:20190113000309j:plain

経 堂 通 信

f:id:miya_ma:20190109224753j:plain

きょう きょうどうに行きました・・・

今日、経堂に、行きました!

小田急線の経堂駅です。

 

下北沢と成城学園前の真ん中くらいにある小さな駅で、

昔は急行が停まるなんて思いもよらなかった・・・。

 

東急に慣れると、小田急線の駅のつくり、大きいな~、広いな~って感じます。

10両編成を受け止めるホームは長くて幅も広く

大きな小田急、海と箱根につながっている小田急・・・

 

涼し気な車掌も自然の香りを運んでくれるようです。

 

f:id:miya_ma:20190109235904j:plain

 

各ホームに線路が2本あれば、延べ4本の線路があるのが普通ですが

複々線化工事のおかげか 真ん中に一本 通過するためのホームなき線路があり・・・

 

ああ、ホームなき線路!かっこいいぞ・・・。

 

昔に比べたら ずいぶん便利で早くなりましたよね・・・。

経堂駅などは出世駅の代表かもしれません。

そんな出世駅の経堂ですが、

降りてみれば やはり・・・それほど大都市という感じではなく(失礼)

小さめのターミナルと 小さめの商店街・・・普通の世田谷のベッドタウンという感じです。

 

駅ガード下に図書館があるので行ってみました・・・

これも あんまり大きいところではなく

CDが無かった・・・ガッカリ・・・。

とかなんとかいいつつ10冊以上 借りてしまいましたが・・・・。

 

バイト募集の案内、おニューの制服になっていました。

f:id:miya_ma:20190110000038j:plain

やっぱり、以前の制服の方が好きかなあとは思うのですが、久々に乗る小田急に 心はウキウキでした。

ありがとう小田急

 

f:id:miya_ma:20190110000315j:plain

・・・・

でも

その後乗った 南武線の車掌のステキさがすごくて

やっぱり JR東日本の制服っていいなあと・・・ほれぼれしてしまいました。

 

日差しを浴びて車掌が光っているのです。

蓄光する車掌、あの光りようは、なんなのでしょう。停電してもある程度光る仕様になっているのでしょうかJRの車掌は・・・

 

なんか知りませんが車掌が長時間

立ったままうつむいたときがあり

あのときの制服によって定められたシルエット、それはそれは息をのむ美しさで・・・

ごくりと飲んだ息は林檎の味がしました。

武蔵●×駅にてストロングゼロを持ったままの酔っぱらいおじさんが乗ってきて

ちゃぷちゃぷ、こっちに飲料がかかりそうな勢いでしたが

それも南武線のひとつの味かもしれませんが

酔っぱらいと一緒に

まぶしい車掌を見ていたのでした

 

f:id:miya_ma:20190110000747j:plain

近況は・・・

★(今さら)音声入力の便利さにはまった~。

AndroidにSportify入れたけど使い方がわからない・・・

Bluetoothの音が良くて音楽ばっかり聴いてます

 

いろんなこと、挑戦する1年にしたいです。

 

何にも考えてこなかった

f:id:miya_ma:20190108234416j:plain

 

わたしは本当に何も考えずに生きてきました

 

将来の夢は・・・うーんうーん・・・

詩人とか物書き、夢だったけど、それでいいのかな・・・?

 

いつも 目先のことをクリアするだけで精一杯で・・・

朝も弱いけれどなんとか学校に通いつつ

この年まで

ただ笑顔で生きているだけでいいじゃないかと

低い目標のもと、

ふらふらと生きてきましたが・・・

最近また 身近な方で 夢を追うというか ビジョンを持って能動的に生きている人をみて

ああ、いいなあ・・・と・・・

わたしももう少し

自分がこうしたい、とか

こんなふうに生きたい、とか

考えないといけないなあ・・・なんて

思ったりしました。

 

f:id:miya_ma:20190108235254j:plain

松岡渋谷ビルえろい彫刻・・・。

 

鈍感だったのかな・・・あんまり 夢を見なくて。

情動が鈍いのかな・・・・

そもそも不器用で 意識が体のすみまで届いていなかった気がする・・・

 

お裁縫が好きなのに苦手過ぎて

いまでも手に針をさしてしまうけれど

なんとか かんとか がまぐちとか 作れるようになりました★

 

f:id:miya_ma:20190109004003j:plain

だから 怠惰というか 気が回らなかっただけ・・・

神経つなげれば もっと末端に気を廻して 素敵に生きて行ける・・・

(かもしれない・・・雑な議論だけど)

 

自分の髪や爪、背中、姿が、どんなふうであるのか、自分ではわかろうともしなかった・・・

だからいまでも 猫背を直せない・・・

猫背ってことを 忘れてしまうから・・・

 

外側を繕って 良く見せるとか あんまりそういうことを考えるのはよくないと思ってきましたが、

本当は そういう繕いも 少しは(・・・大いに?)必要だった・・・

のかもしれない・・・

 

もしも こんなふうに生きたいなら

そんなふうに生きるという わかりやすく 

表現する必要もあるのかな・・・なんて 思い始めています。

サンドイッチマンのように

自分をアピールしても よかったのかもしれない

 

 

f:id:miya_ma:20190108235326j:plain

わーにー。

 

詩を書いて音楽を書くのも 自然すぎることなので 

それが夢とか

なんだとかあまり考えたこともなかったですが

それをなぜやっているんだろう・・・などと考えると

そういうことにも 小さな意味があったのかなあ・・・と

思えるようになりました

 

若いころは本当に視野がせまくて 好きなものしか好きじゃなかった

けど

世界は広く さまざまなものであふれている

知らないことが多いということを知って

とりあえず黙って 受け入れること

おとなになってきました

 

f:id:miya_ma:20190109003325j:plain

そんなこんなで

原宿クロコダイルのウクレレエイド、

マンドリン&ヴァイオリンに囲まれ ゴージャスなステージをさせていただきました。

 

こちらのイベントに参加させていただいてからというものの・・・

ウクレレやジャズのスタンダードを知り

自作も他の楽器との兼ね合いを考えたりして

譜面を書くようになり

初対面、異ジャンルの皆さんにもわかるような作品を心がけ・・・

生楽器とのコラボという豪華な経験もできて

とても成長できたように 思います。

 

f:id:miya_ma:20190109004539j:plain

画家の高田和貴さんも毎回参加されています。

素敵なカレンダーありがとうございました。

日本画」なんてジャンルも、ぜんぜん知らないのですが・・・エビがいきいきしてますね。

 

セネガル帰りの梅澤さんからはハイビスカスのお茶をいただきました。

さっそく飲んでます~。

赤くてすっぱくておいしい。

ありがとうございました。

 

f:id:miya_ma:20190109004608j:plain

f:id:miya_ma:20190109004715j:plain

 

関係ないけど友人からも不思議なお茶をいただいて飲んでます。

f:id:miya_ma:20190109002951j:plain

 

f:id:miya_ma:20190109003005j:plain

コーヒー党だったけど、最近はお茶も美味しく思えてきましたよ。

 

ではではおやすみなさひ。

 

 

川崎大師の大師線

f:id:miya_ma:20190106235747j:plain

新春そうそう 東急のポスター こんな感じです・・・

 

「鉄道に イノベーティブな アイデアを」

 

みらいのせかいの・・・TQ電車・・・どことなく、東急沿線というよりは、空想上の不思議タウンというか

フラッピーってゲームの風景のよう、不思議な東急風景です。

 

右下、唐突にドローン。

鉄道的にはドローンって敵のようなものかと思っていましたが、有効に使っているのですね!

東急に、いろいろ技術があることは伝わるものの、このポスターの世界観は なんとなく、東急らしくないというか・・・

 

東急って妙に温かみがあるイメージで・・・

 

最後は人・・・

 

東急、駅員さんがかっこいいぞ!最後は乗務員さんだぞ、などと思ったりしました・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20190107000217j:plain

この写真は・・・京急川崎から出る大師線です。

 

ヘッドマークがちゃんと2019年のイノシシ仕様です。

かわいい!

 

見えにくいですけど、京急の制服の上着、肩口が独特の開き方をしていて、京急らしさを感じます。

この列車に乗るだけで初詣気分ですね。

 

・・・実際には鈴木町にあるブックオフに行っただけなのですが・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20190107000714j:plain

冬休みは、比較的時間があったので

頼まれた 大きめのがま口を製作したり

音楽の作品制作をしたり

QBハウスで髪を切ったり(※2月から1200円に値上げだそうです。)

CDを図書館からたくさん借りたり本を読んだりして

充実したオフを過ごしていました。

 

「鉄道のしくみ」おもしろかった。

 

f:id:miya_ma:20190107001539j:plain

 

いろんな本から 学んだことは

今自分が生きて来た 生活とか文化とかは 

絶対的なものでもなく

あるいは突発的なものでもなく

長い歴史の成り立ちの上にあるのだ・・・ということです。

音楽で言えば。戦後のジャズの導入とか 

鉄道も、目蒲線から始まった大東急、とか、いろいろ学びがあります。

今日の記事で触れている、東急と京急がちょっと前まで同じ会社だったなんて おどろきですね。

 

いろいろ学んでゆきたいなと思います。

 

「鉄道のしくみ」ブルーの駅員さんが色っぽいですね。

 

f:id:miya_ma:20190107001620j:plain

ではでは おやすみなさひ~。