駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

六本木ヒルズ・天空ノ鉄道物語(前編)

六本木ヒルズで開催中の 以下の展覧会、観に行きました・・・

ひとりで。

 

tentetsuten.com

六本木ヒルズは・・・行ってるようで行ってない場所。

あまり土地勘がないかもしれない・・・。

渋谷に居たのですが、何線で行こうかなあ・・・?

と思っていたところに・・・

 

バスが!

ヒルズを経由するバスが たまたま 待ってる!

 ・・・で

バスで行きました。

そこそこ混んでいて、バスを使う人も多いんだなあと思いました。

 

チケット2500円、ちょっと高い気もしますが展望台と、別の展示も観られます。

結果的に、なかなかオトクな感じでした。

 

お目当ては、もう、これしかありません・・・・

 

・・・JR7社の制服マネキン展示!

 

 みてください

 遠くに何か よさげなものが見えますね・・・・(笑)

奥の方に なんかすごい集団が いて・・・・招いてないけど、黒いかがやきを放っている・・・

 

 

f:id:miya_ma:20200220004232j:plain

 

 

・・・期待が高まりますね・・・。

 

しかし高鳴る胸をおさえつつ・・・右のトワイライトエクスプレスを見てみよう・・・

おお、右にも制服さんが いるではないか。

 

f:id:miya_ma:20200220004510j:plain

なんという上品さ。

エレガントで、日本の田園都市とはそぐわないのではないか・・・と余計な心配をしてしまいそうなくらいの、ゴールドが効いている、華がある、みごとな制服ですね。

 

実はトワイライトエクスプレスは乗った記憶がありません・・・

こんな車掌がいるなら天使の笛に導かれ、夢の中ででも、乗ってみたいものです。

 

さて

JR各社の制服マネキンです。

まず、手前に、新幹線5社の制服マネキンが 立っていました。

 

f:id:miya_ma:20200220004821j:plain

 

おおお・・・

押し寄せるオーラ・・・

マネキンなのに・・・伝わるものがあります。もしかして制服は使用済みなのだろうかと思わされる・・・独特のオーラ・・・・これが、あの、日本が誇る新幹線の制服か・・・・

黒い海の夜 青い海の朝

新幹線は日本の大動脈

その強い誇りが なみなみと みちみちと 見るものに押し寄せてくるのです

 

時速200キロ以上の速度で・・・おおお・・・

 

f:id:miya_ma:20200220005055j:plain

 

あまり新幹線にたくさん乗るわけではないので とくにJR東日本はこんな白かったか・・・と思いつつ

 

5人並べば新幹線のゴレンジャー(古い)

時速200キロで走る正義の味方

正視できないステキさで・・・それでいて見とれてしまい・・・汗が出てきて・・・おろおろしてしまったり 立ち去ろうとしてしまったり・・・・←なぜ・・・

 

それにしてもこうして遠景にみてみると 

各社ごとの違いがあるものですね

 

f:id:miya_ma:20200220005120j:plain

 

中心に立つJR東海の キラッキラッしていること・・・

 

 

f:id:miya_ma:20200220012720j:plain

キラッ キラッ★

 

・・・どうだ おれが一番 輝いているだろう・・・。

 

JR西日本の、運転士の帽子の青さ

大阪は水の都ですね・・・・

ああ、西だな・・・と、感銘を受けてしまう青み。

 

f:id:miya_ma:20200220013605j:plain

意志強くむすばれた唇に次の駅へと向かう決意が隠されているみたいだ・・・

新大阪で乗り換えた日のことを思い出します。

 

そんなによく逢うわけではなかったけれどあなたは大事な局面でわたしを安全に送り届けてくれたものだった・・・

 

右はじのJR九州の、

動くたびに七色に輝くパイピング・・・不思議な色合いだなあと感じます・・・。

 

マネキンが動くのかって言われそうだけど・・・

 

f:id:miya_ma:20200220010034j:plain

どうだ!ふちどりが見事だろう!

 

・・・ほんと、白いパイピングラインが独特です、どうなってるんだろう。

 

各社に個性がありますが

それでいて すべてを貫くのは

華やかさというか 威厳があるというか

鉄道マンの素敵を煮詰めて濃縮して濃くしたような

なんともいえない味わいです

 

そして 7社の社員の制服マネキンも 壮観でした。

 

f:id:miya_ma:20200220005345j:plain

おお・・・

7社だと JR西日本が 真ん中になるのですね。

 

JR九州は 赤を基調としたデザインが hotです。

やっぱりパイピングが 効いてますね。

帽子のかたちも筒型で、ちょっと他社と違うのです。

ほかのマネキンより体温が高そうで・・・熱さを感じます。

 

f:id:miya_ma:20200220010137j:plain

f:id:miya_ma:20200220010221j:plain

やはりパイピングは不思議な色に輝いています。

 

JR東海も キラキラとした華を感じます・・・

なぜか 袖が折れていたのも・・・ポイント高い・・・???

 

展示の間じゅう、ずっと折れているままなのかな・・・

 

f:id:miya_ma:20200220010841j:plain

 

・・・そで、折れちゃった・・・

 

・・・自分じゃ直せません・・・

 

・・・誰か僕の袖さきの折れを なおして くださいませんか・・・

 

・・・なんて 思っていそうですね・・・もちろん触れてはいけないエリアなのですが・・・

わたしに超能力があれば直してあげたかったし、なんか、見つめていれば、なおせるような気がしてきました。

 

スマートでかっこいいのは JR西です。

ふつうの駅員さんは 帽子がもっと青々しいですが、駅長さんなのかな、赤い帽子です。

f:id:miya_ma:20200220011927j:plain

  

f:id:miya_ma:20200220012228j:plain

前々から なぜか 西日本はいいなーと思っておりました・・・・何がいいのか よくわからないが・・・

どうしてか・・・つばさとか 羽を付けているイメージがあって・・・

少しだけ身軽な感じがするのです。

 

関東の人間からみれば 異国みたいだから・・・かもしれない・・・あこがれの集積地・JR西日本です。

 

 めったに拝めない、JR四国の制服も、ありました。

f:id:miya_ma:20200220012532j:plain

シンプルなブラック。かっこいいですね。

 

うどんとか みかんとかのテーマが 制服に 出てくるわけではなかった・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20200220013552j:plain

そんなわけで、美しい制服の世界を堪能しました。

昼間はこうして押し黙っているけれど

夜中になると みんなでおしゃべりしているのかもしれませんね。

 

つづく・・・??

 

 

東京メトロのマスク駅員

f:id:miya_ma:20200218103839j:plain

都内で地下鉄移動をしたら

東京メトロの駅員がみな マスクだった

(警備員はそうでもなかった)

 

f:id:miya_ma:20200218110009j:plain

 

 

駅乃みちかのポスターの影響で

もう 食べてるイメージしかない元気いっぱいの紺色の制服が・・・

少し 儚いものを包んでいるように

みえてくる・・・

f:id:miya_ma:20200218110021j:plain

 

だけどやっぱり東京メトロの駅員は強いもの

深い地下で培養された特別な強い生物体

しゅっとしたスタイルで

歩くと風が、しゅっ という

いざとなったら呼吸をしないで24時間生きていられるメトロの駅員かっこいい

銀色に輝く皮膚をもち

素材はプラスチック

マスク駅員の皮膚はつるつるとして呼吸をしない

駅の仕事という言葉の広い意味をまとめて束にして擬人化したように

みえる

二人連れの駅員が 長い通路を歩いてゆく

彼らの長身は わたしのはるか 後ろにいたが

勢いの良い早足はすぐにわたしなど追い抜かし

しゅっとしたスタイルで

歩くと風が、しゅっ という

そして都会を渡る風となる

 

f:id:miya_ma:20200218110156j:plain

 

東京はこんなふうに強い駅員たちがいるから素敵な街

忘れ物だって戻ってきます

観光客が戻ってきてほしい

いつの日か

地下鉄1日きっぷで あちこちめぐってほしい

FもZもGもMも

お待ち申し上げております

 

f:id:miya_ma:20200218110122j:plain

・・・多摩の秘境のはなしは また こんどね。

 

おからケーキがまずかった・・・

f:id:miya_ma:20200216141754j:plain

漫画っていいなーと思う今日このごろ・・・。

かわぐちかいじ先生のブームもありますが、今更ながら手塚治虫先生の漫画も読んだりしています。

 

やけっぱちのマリア・・・

ダッチワイフが女の子になるけどそれは自分の分身みたいなものでお別れの時が来るのですね・・・・少年のせつない成長譚でした。

手塚先生のなかにはいまでいうオタク少年っぽさがあって

わたしにはとても共感できるものが多いです。

三つ目がとおるも読んだ・・・和登さんカワイイ。

 

f:id:miya_ma:20200216140437j:plain

バレンタインなので ケーキ焼きました。

あまり糖質を取らないように気を付けているので

ケーキ作るときは

おからケーキです。

 

たぶんこちらのレシピに沿ってるの・・かな?

 

cookpad.com

自分用だし、もう適当に、適当に作りました。

 

いちおう、はかりの上で、はかりますが、

おから入れすぎちゃった!

とか

バター50gって相当多いので減らしちゃおうか・・・

とか

砂糖100gも相当多いからナシでいいや・・・

とかとか・・・

 

結果・・・

 

まずいものが 出来上がりました・・・。

 

f:id:miya_ma:20200216141015j:plain

あああ 割れちゃってるし・・・

 

たぶんバターが足りなかったせいかな・・・

味もあまり・・・薄くて・・・ぱさぱさ。

地震で2つに割れた日本列島、「太陽の黙示録」みたいだな・・・

なので

コペンで「ノースエリア」と書いてみた・・・。

 

f:id:miya_ma:20200216141032j:plain

新しい日本を作るのさ・・・

 

このケーキ、自分の誕生日イベントで、作って行けたらいいなと思っています・・・

もちろん、もっと上手く、ちゃんと作ります・・・。

 

f:id:miya_ma:20200203232653j:plain

 

f:id:miya_ma:20200216141646j:plain

f:id:miya_ma:20200216141701j:plain

 

春の出没予定です。

松岡はいつも一人で、常連とかいませんので・・・お気軽にどうぞ。

 

◆2月23日(日)SparkleFES!!!@荻窪Doctors bar 3000円で食べ放題、夜間に15分間。

 

◆3月2日(月)ウクレレエイド@原宿クロコダイル 500円+Drink、夜間に15分間。

 

◆3月7日(土)みやにろバースデー@新宿御苑RUTO 1500円+Drink、夜間に30分間+α、おやつ持ってく。

 

 

サイクリングロードから横須賀線がみえた

f:id:miya_ma:20200212215318j:plain

2月の晴れた日には自転車がはかどります・・・

多摩川サイクリングロードの風景が美しいですね。

 

余裕がありそうでなさそうな日々・・・

 

3月7日の誕生日イベントでご一緒するniroさんが家に来て、合作の練習、打ち合わせなどしました★

ジャジーでけだるい、セブンスコードのniroさんと

謡曲ばりばりで子供っぽいテンションのわたしの曲が

あわさって、なんか、面白い感じになりました。

 

 

niroさんのmp3に

わたしが加筆編曲などしましたが・・・わたしのヘッタクッソなアレンジなのに とても喜んでもらえました。

いつも 仲間と一緒になにかできるのが うれしいですね~。

 

f:id:miya_ma:20200212215748j:plain

千葉の奥から来た銀の仮面が

東京あたりで名前を変えて

横須賀線になって 通り過ぎていったよ・・・

 

おおきな星がひとつ 見えた

あの星はみえないときは どこにいるのだろうか?

千葉の房総の 先っぽのそのまた先っぽの・・・

どこかに知らないものがあること

しおりをはさんで

心にとどめておかなくては・・・・

 

 

詩と音楽の作業に追われておりますが・・・

まあ、それが本業みたいなものなので・・・がんばります。

 

そういえば

15年以上前に書いた「立方体」という詩を

また読みたいというお手紙をいただきました(ありがとうございます)

 

詩のような顔をした作品ですが

実は・・・和久井映見「わかってるわ、ダーリン」に合わせて作った

歌詞だったりします・・・。

 

でもずっと心に抱いていてくれて、ありがたいですね。

 

T-シアターで、わたしは参加していない第4回に、取り上げていただいた

おかげで詩が残っておりますね。

こちらです。

 

 

f:id:miya_ma:20200212215706j:plain

 

作品に言及していただくと、とっても励みになりますね。

これからもがんばります~。

 

出没予定です。

 

2月23日(日)夜 スパークルフェス 3000円で飲み食い放題

 

3月2日(月)夜 原宿クロコダイル ウクレレエイド 500円+飲食

 

3月7日(土) 夜 みやにろバースデーイベント 御苑RUTO

1500円+ドリンク

「Dr.キリコ~白い死神」読んだ

 

 

ドクター・キリコのスピンアウト「白い死神」

けっきょく全巻読んでしまった・・・。

 

オカルトっぽいネタが多かったですけど、キレイなキリコ先生、面白かった。

 

緩和医療認知症ケア・・・

かなり現代の状況に即していましたし

キリコ先生がちゃんとソーシャルワークしている感じが出ておりました・・・

って

そんな医師だったのか・・・!?

 

地域に出向くアウトリーチ診療外科医・・・いまの時代のニーズにマッチしているじゃないか・・・。

 

よく考えたらBJもそうだ・・・・彼の場合は無免許だけど・・・。

 

名誉のままに死にたいとか、自殺ほう助ネタも多かったですけど

「甘えてんじゃねえ」

って一蹴して 

その死を助けてなんてあげないさまが いいですね・・・。

 

生命、重んじてるじゃないか・・・

って

オリジナル版だって そうだったのに・・・

なぜか 悪役だったね・・・

 

f:id:miya_ma:20200210083612j:plain

 

読みながら思ったことは・・・・

昭和47年生まれのわたしは 

<人命は地球より重い>

などと言われて育ち

ブラック・ジャック」全巻読んで、人命を救う技術をもったブラックジャックはかっこいいな、あんなふうになってみたいなあと思いつつ、とても面白く読んでました。

 

命あるものを救う手だてがあるのなら 死力を尽くして救うべきだろう

そんなふうに思っていました

 

・・・今気づけば 死力のなかには <死>が 入っているじゃないか・・・救うことのなかには・・・死が暗示されているではないか・・・

 

f:id:miya_ma:20200210085347j:plain

わたしは性格がおめでたいし健康すぎて・・・

いわゆる「ドクターキリコ事件」があったときも

20年くらい前から「安楽死の権利を」という機運が盛り上がってきたときも

・・・そんな機運は、とんでもない!もちろん ありえない!

思っていました。

 

しかし自分の両親・義両親を見送って少し考えが変わってきました。

 

50代後半で癌になり60で死んだ母のときは

少しでも延命できるものはと

高価な天仙液などを買い求めたり(※まだうちにあります)

高価な免疫療法を施術したり

したものでした・・・・

f:id:miya_ma:20200210091059j:plain

飢餓体験もあるから食に関しては貪欲で

もちろん健康に気を遣うわけでもないから(・・・この写真でも灰皿がみえる・・・)

糖尿病など生活習慣病のデパートだった父

病気の母を病院で見送り

病気の猫を自宅に連れて帰って見送り・・・

・・・猫に点滴なんて バカバカしい・・・

と言いながら ホットカーペットの上で猫を看取って

ゴミ袋に入れて保管している父が居た

 

80歳のころ旅先で

父が倒れた(1回目

助けて!くまもん・・・

ソラシドエア―で節約お見舞い

心臓バイパス大手術 

なんとか命が助かって

人生初のANAファーストクラス

自宅生活に戻ることができた

でも腎不全はもう末期

透析ライフがはじまった

 

・・・透析なんてバカバカしい・・・

・・・やりたくない・・・

・・・俺は払うのは上限1万円だが 透析にいくらお金がかかるか 知っているか・・・

・・・自己負担が3万円になったら 透析を止めるな・・・俺は・・・・

 

 

f:id:miya_ma:20200210092129j:plain

碁会所 コンビニ ブックオフ

なんだかんだ2年くらいの自宅生活をエンジョイしていた父

透析の送迎車には(父曰く)バアさんばかりいて・・・

こんな豪華なものを食った、と、食自慢ばかりしている・・・

俺は車には乗らないんだ・・・

何しろ送迎車は遠回りするんだ・・・俺の家なんて後回しさ・・・

バアさんたちも食べてるといった

透析しているんだからてんぷら食ってもいいらしいぞ

焼きにく食ってもいいらしいぞ

そんなお父さんもずいぶん食にこだわっている・・・

もちろんワタミの宅食配達なんて反対・・・

コンビニでハムとか買うのがいいんだよ・・・

 

 

 ・・・そういえば漫画のキリコも父のテーマがよく出てくる

BJはわりと母との精神的紐帯が描かれているが

キリコの物語は父との物語

科学と学びと社会情勢と身体状況と経験のテグス糸がからみあってほどけないで一本の糸になるとき

ふとした光のかげんで糸は七色に輝く

そんなときがある

これまで赤だったものが青になることもあれば

緑色になったり

透明になったりする

父はそのすがたをはっきり見せない

父のこぼした破片の輝きで 父の本体を想像するしかないのです

 

f:id:miya_ma:20200210100429j:plain

 

82歳のころ碁会所帰り

父が倒れた(2回目

と病院から連絡があった

心臓マッサージをしてやっと動き出した心臓

人工呼吸器管理と低体温療法のベッドサイド

対光反射あり

だけど目覚めない

脳になんらかのダメージがあるのかもしれない

ICUでこんこん眠っている父は

くまもんの時とは違ってむしろ痛みも苦痛もなく安らかにみえました

顔がふっくら見えるのは・・・・

それは・・・・

 

むくみのせい・・・

 

どんどんたまってゆく 水分のせい・・・・

 

ちょっとさわった父の手も 少しふっくらしてみえました 

じいさんの手だなと思いつつ・・・

その手に育てられたことなんて 忘れつつ・・・

ああ、いい寝顔。

 

東名は渋滞する

機能しない腎臓と

溜まってゆく

水・・・

 

 

f:id:miya_ma:20200210101039j:plain

 

 

「長男・長女・次女の話し合いにより、透析治療は行わない方針としました」

 

 

f:id:miya_ma:20200210101227j:plain

書類にはご丁寧に

 

「次女様ご自身が透析治療の必要性についても疑問をお持ちのようでした」

 

などと 書いてある・・・

 

ああ 次女様の この手は・・・小さめで・・・

ふっくらした子どものような手だと

つるりとして苦労を知らない指だと 

仕事をしない人の手だと

親にはバカにされた 次女様だが・・・

わたしの この手で やったんだなと思う・・・

 

ああ・・・この手が死期を はやめることを したんだなと思う・・・

 

ドクターキリコのスピンオフ漫画を読んでいて

率直に 思った・・・

 

 この日本で「安楽死」は行われてきたしこれからも行われてゆくんだろう・・・

 

・・・ドクターキリコみたいに丁寧にルールを設け、基準に合わなければそれをしないといった、いわば人生ではなく生命そのものに対する真摯で丁寧な配慮もなしに・・・

 

命が軽くあつかわれてゆく

そんな現場もあるのかもしれない・・・

病院に限らず・・・みえない現場で・・・

いまや現実のほうが先走っているのかもしれない・・・・

いや今に限ったことではないのかもしれない

<人命は地球より重い>のならばこっそり処理しなくてはいけないことがあるのかもしれない・・・

わたしはものを知らなかっただけかもしれない・・・

 

そんなことを思ってしまったのです。

 

 ドクターキリコが むしろ この社会においては 丁寧で 優しい と 思ってしまう とは・・・

変わったのは 自分かもしれません。

・・・わたしは すぐに 影響される・・・

・・・風に 流されないようにしないといけない・・・

 超えてはいけない線

たしかにある線

あのとき一瞬みえた線

この手が触れたような気がした白い線

 

その線を踏み越えないようにしないといけない・・・

 

<人命は地球より重い>かどうか わたしにはわからないけれど

生命は人生ではない

生命はまちがいなく尊いものだ

 

いろんな世界で出会ったひとたちのことを思い出した

もう会わなくなったような人たちも

あったことがない人たちも

道端の躑躅の花たちも

みんながちゃんと天寿をまっとうできますように・・・

祈ってしまいました。

 

。)

 

 

てなわけで

ちょっと肉付きのよいキリコ先生への萌えがあふれるスピンアウト漫画

おすすめします。

 

 

 

神保町「私たちは消された展」&原宿「映画・ファンシーのイベント」

f:id:miya_ma:20200208000526j:plain

新しくできた銀座線・渋谷駅ホームに良く似合う紺色のモニュメント

それは駅員

突然叫んだり走りだしたりする美しいスタチュー

堂々たる筋肉の男性的なボディ

駅員界の帝王みたいな駅員たちが真新しいホームに飾られている

ゴージャスな駅員たち置かれた銀座線ホームは

イエローがゴールドみたいに思えてくる

・・・俺に惚れるな黄金を掘れ!

そうそうお客さま、掘れ掘れ、掘るほどに、黄金、息をする、掘れ掘れ・・・

東京メトロの制服は変わりないのに

この新しい渋谷駅を待ちわびていたかのように

M字の谷間に

バランスよく収まっています

キイロリ キイロリ と

輝きながら

 

f:id:miya_ma:20200208000728j:plain

友人Aちゃんにすすめられて ひとりで行きましたのは

神保町の「私たちは消された展2020」。

 

思ったよりも・・・というか、ほとんどすべて女性のヌードでした・・・。

 

女性が撮影しているのが半分以上だったような印象です。

さいきん、ヌードは、女性による女性のためのもの、という感じですね。

みていて きれいなヌードが多かったです。

 

裸をみていると思う・・・みなさんスタイルがいいなあ・・・。

 

f:id:miya_ma:20200208000912j:plain

圭子さんって方。

すらっとしてスタイルがいいなあ・・・。

茶色く透けてる瞳がきれい。

ご本人さまもいらして 「みてくださってありがとうございます」とお礼を言ってくれました。

 

・・・で、こっそり、この、圭子さんのnoteとか観て思ったことは・・・もしかしてわたしの好みのタイプなのかもしれない・・・え?いやいやいやいやああああ・・・わたし、愛に飢えてるのかしら・・・・すらっとしていれば何でもいいのかあああああ・・・・きゅうりでも、セロリでも、きりんさんでも、かまきりさんでも、なんでもいいのかあああああああ・・・

 

・・・自分がちんちくりんなので、手足長い人はとてもあこがれます。

 

f:id:miya_ma:20200208001555j:plain

専大通りの専修大学。門を超えたらすぐ茂み♪

 

で Aちゃんに

「消された展、行ったよー。女性の自撮りヌードが多かったよん。」

と連絡したら、

「まっちゃんもやったらー?

まっちゃんならできるよー。」

 

簡単に言われて・・・大笑いしましたが・・・

 

・・・いやいや、そんな簡単なものじゃなく、みなさん被写体になるまで考えを巡らせ身体を鍛えたりしているのだと思います・・・・(想像)

 

わたしは言葉とか声とかそういう要素的なものばかり着目して

身体には意識が届いていなかったなあと 思ったりしました。

ふと気づけば・・・たるんだ身体!

ちょっとは運動して ひきしめないとね・・・

というわけで

せっかくだから・・・

飯田橋まで 歩いてみました。

 

f:id:miya_ma:20200208002114j:plain

学生時代によく行った飯田橋

JRの駅ホームはかなり変わったと聞きましたが、遠景は30年前とかわりない気がします・・・。

ウーバーイーツの自転車だけが、令和のいまを物語る。

車道でふんばる左足が 信号が変わるのを待っている・・・

 

誰かがあなたを待っている・・・どうぞ ご安全に。

 

あまりJR飯田橋駅を使わなくなったのは・・・

とても便利な地下鉄・南北線ができたせいですね。

 

・・・ここでもわたし JRよりメトロを選んでいるのか・・・。

 

f:id:miya_ma:20200208003748j:plain

f:id:miya_ma:20200208003756j:plain

飯田橋のドイツコーヒーのお店が気になりました・・・

もちろん、ソーセージも本格派みたい。

いつか行きたいなあ。

ドイツ本体にも、ぜひ。

 

 

 

f:id:miya_ma:20200208003951j:plain

突然だけどドクターキリコたんのスピンアウト漫画が面白い。

前に、青条さんに

「今日の松岡さんはドクターキリコに似てる」

とか言われて

なんじゃそりゃウーム

思ったけど

確かにわたしと髪型が似てる

でも

白さが足りないのでもうわたし白く染めちゃおうか、などと思ったり・・・しました。

 

心理職どうやって安楽死させるの?

心理職の安楽死は・・・クライアントに「あなたの人生もう終わりですね」とか言うのかな・・・

回復する予感・・・っ!

 

f:id:miya_ma:20200208004234j:plain

 

さて

次の日は

大好きな山本直樹先生の漫画「ファンシー」のトークイベント&サイン会に

参加しました。

 

f:id:miya_ma:20200208010054j:plain

原宿に近い場所でしたが、渋谷から歩いてゆきました。

クロコダイルに行くときに使う、おなじみの出口。

なんか出口番号が変わった気がします・・・・。

 

f:id:miya_ma:20200208010150j:plain

ベースヤードトーキョー。

最近こうやって、看板に日本語が出てくることが増えましたね。

外国の方が増えて、日本語が外国語みたいに感じられているのかもしれない、

日本語も、ちょっとかっこいい感じ、あるのかもしれないと、異邦人の視点に立って感じたりしています・・・。

 

f:id:miya_ma:20200208004308j:plain

可愛いな、わーい。

 

ファンシー、という漫画は・・・

郵便屋さんが制服のままSEXする1コマに萌えたり

身体の不自由な詩人がペンギンの姿で描かれていたり

ただのエロ漫画ではない感じ、刹那的なせつなさ・・・というか・・・不思議な文学性を感じます。

乾いた描線、強弱のない世界線のなかに、ほんの少し垣間見える、涙の、もと。

サイン会のために買った「夕方のおともだち」には解説があり、

「ファンシー」の舞台(風景)が市ヶ尾であると知りました・・・

おお、横浜市の山のほう・・・

わが桐蔭学園の最寄り駅じゃありませんか。

 

暑さや排気ガスに弱いペンギン詩人が、さいご、倒れちゃう坂道。

市ヶ尾なのかあ・・・。

 

郊外の寂しい風景にからみつく乾いた男女の物語を描かせたら山本先生はすごいですよね・・・女性はよく濡れ男性はよく勃つけれど、やっぱり漫画のなかには、乾いた風が吹いています。

 

映画化にあたって、「作者があれこれ言うのはヤボ」っておっしゃっていた山本先生。

2003年頃、「青い部屋」エロティークスのイベントで、監督と先生は「ファンシーを映画化したい」って話をしていたそうです・・・。

自分もその頃「青い部屋」に何度か出ていたので、親近感を持ちました。

15年以上の時をかけて完成した映画「ファンシー」は

テアトル新宿で公開中。

観に行きたいと思います★

 

f:id:miya_ma:20200208010019j:plain

ここにも日本語が・・・。

 

フリーランスで、仕事が来ると大田区から出られず、なかなか余裕がないのですが、いろいろ出かけると駅員さんにも出会えるし、楽しいなあと思う日々です。

 

わたしは東京が好き。

東京の駅員さんが好きだなと思います。

 

名物のまんじゅうのないまち・綱島です

f:id:miya_ma:20200203231127j:plain

しずかな急行停車駅・ツナシマン。

神奈川県横浜市・・・なのかな?

なぜか川崎市だと思っていました。

横浜と渋谷をむすぶ東横線の ちょっぴり横浜寄りの急行停車駅・・・つなしま。

ツナサラダもあるのかしら、つなしーまん。

その昔、綱島温泉という駅の名前があった。

温泉が出て、三味線の音も鳴り響く、ちょっとした保養地だったという・・・

戦時中に温泉の名前が無くなって・・・・

そのあとも温泉の名前は復活しなかったときいた

このさびしいまちが綱島温泉の名前のままだったら

いまごろ

綱島まんじゅうが売られていたかもしれない

だけどわたしの知る限り

綱島まんじゅう、ってものは無い・・・・

作られなかったまんじゅうだらけの住宅地。

神奈川県の道はせまい

駅前は特に 人が往来するのに 歩道がせまくて

車と人が

おしくらまんじゅうしているような

架空のまんじゅうを交わし合っているような

そんな 狭いまち。

 

f:id:miya_ma:20200203232032j:plain

多摩川よりも狭い川だけどそれなりに大きな川・・・

ここは、鶴見川、でしょうか

車や人が行き交うたびにギシギシと音を立てる橋

だけど高いビルが群れをなしているわけでもない

寂しさ

ここに家を持たない人間には行く場所もないみたいな

ああ、この街にもしかしたら歓迎されていないかもしれない

わたし・・・

繁華街は それほど 無い・・・

21時になったらよい子はおやすみなさい。

ここは住宅地なのだな・・・

留まるべき場所もないけど

お買い物には地味に便利な

ツナシマン

 

f:id:miya_ma:20200203232025j:plain

ゴウンゴウンと音を立てて都内に向かう東横線

手を伸ばせばつかめそう

多摩川にかかる橋たちよりも東横線が 近くにみえます

お客さんの姿もまばら

このあたりになると東横線もすきはじめるのかな・・・

ここは綱島

なぜか急行停車駅

 

最近 はやりの 相鉄直通とは・・・

俺は関係ないぜって

顔してます・・・

つなしま

 

まんじゅうの売ってない住宅地です・・・

 

 

f:id:miya_ma:20200203235957j:plain

 

なんだか漫画ばっかり読んでます(笑)

ブクオフの100えんコーナーで、しかも連載の長いものとか1巻を買い始めて・・・とまらないパターン・・・

 

かわぐちかいじ先生の漫画、どれも面白くてハマってしまいます。

「僕はビートルズ

太陽の黙示録

同時進行で読んでます・・・

草加少佐は出てこないけど やっぱりかわぐち先生の漫画は面白いなあ・・・・

 

今後のイベント予定です~。

おあいできるのを楽しみにしてますね。

f:id:miya_ma:20200203232653j:plain

f:id:miya_ma:20200201193255j:plain