読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

矯正病院体験記

f:id:miya_ma:20170525211458j:plain

ブログタイトル、病院じゃなくて美容院でした(わざとだろ)。

 

というわけで、約3か月ぶりに美容院に行きました。

ここ数年は、けっこう美容院をいろいろ変えており・・・

施術にそれほど差があるわけでもないのですが、仕事の都合で「この時間帯で」

という感じになり

HOTペッパーでいつものお店がその時間帯で予約できないときは

新たに探すことになります。

今日は そのように探して はじめてのお店でした・・・・

なんと エレベーターで昇ると 

 駅 が 見 え る 美 容 院 で し た !

 ・・・・電車が往復するのが 鏡ごしに見えます!

 ・・・置かれた雑誌は婦人画報!

 ・・・鏡の向こうの文字は反転!

 ああ でも 生きている電車が動くのが見える美容院って はじめてかもしれません・・・。

 鉄道模型が走っていてもすごいと思いますが

 実際の電車が見えるなんて それ以上のぜいたくですね

 わたしがみている鏡のなかのわたしも

 実は 反転しており

 違う世界の顔 なんだなぁ・・・

 いつもは 気づかないけど・・・・

 

 ああ また 急行電車が 到着した

 

f:id:miya_ma:20170525211706j:plain

今回は、カット&縮毛矯正です。

 

縮毛矯正は・・くしゅくしゅと曲がった根性を叩き直すため・・・??

カットは いつもそんなにしないのですが

長いと肩掛けカバンを肩にかけるときに巻き込むのが地味にイヤで・・・

ばっさり 切ってやろ~と 思ったのです・・・

美容院のお兄さんが

「鎖骨より下のほうがいい」というので

鎖骨という言葉に微妙にどきっとしながら 

そのようにすることにしました。

f:id:miya_ma:20170525213006j:plain

数年前 美容院で ドリンクとマッサージがサービスでつくことが

すごいサービスだな~~~~と

感心したものですが

最近 どこにいっても あるのですね。

ありがたいです。

 

じつは ここ1年弱行っていたサロンは 川崎にありました。

値段が安くて 雰囲気もサービスも悪くなかったのですが

家からはやや遠いことと 前回 縮毛矯正のかかりがやや弱かった気がして

それも サロンを変えてみようと思った理由です。

で 今回は 若い男性で

グイヤグイヤと 伸ばしてくれるので・・・

けっこう 矯正 ちゃんとかかった気がします。

 

てつ100%、白髪40%、グイヤグイヤ。

いかがなものでしょう。

f:id:miya_ma:20170525213614j:plain

f:id:miya_ma:20170525213625j:plain

 

以前は「竹ぼうきみたいにまっすぐ」とか書いてましたが

もうあまり髪の毛に硬さがなくなり 「箒感」が減った気がします。

しっかり矯正できたのではないかと満足しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回ライブ 6月24日(土)国分寺Giee

「来たるべきポエジー/Le Poesie a Venir」<フーゲツのJUN企画>

オープン19:00 スタート19:30¥1500+ドリンクオーダー

出演:松岡宮/佐藤友美とあるが佐野友美さんだと思います/フーゲツのJUN

「いま私たちに詩はどのように訪れるのか? そもそも詩とはなんぞや? 詩句は湧いてくるものか、やってくるものか?
書かれた文字の形式だけではなく、それぞれポエトリー・リィディングや、身体的パフォーマンスや、歌うことで詩を紡ぎだす生きた詩(リビィング・ポエトリー)を目指す三人の表現者が、ライブで競演する「来たるべきものとしてのポエジー」、「ポエジーという阿弥陀仏来迎図」の試み!」

伊勢丹ダヴィンチ三丁目

f:id:miya_ma:20170524122432j:plain

新宿三丁目

伊勢丹ダヴィンチ

この町のこういう風景が好きです

西洋になりたかった日本が

西洋でありたかった日本が

その情念の塊が どうしようもなく日本的 素敵な三丁目

伊勢丹の建物って なんかすてき

ロックでも ポップスでも 歌謡曲でも・・・

古いものは古いというだけで やっと赦される

古いという理由で

やっと 認めてもらえるのかもしれない

美しい伊勢丹

 

f:id:miya_ma:20170524122641j:plain

 

四つ角にはバーバリー

高級そうなブランドショップもある 新宿三丁目

だけど隣に JTB

だけど上には LAOX

きれいなものはいつも現実的な欲望に敗北してしまう

おかねが押し寄せてくるのよ

おかねの波が押し寄せてくるのよ

あなた 理想ばかりじゃ稼げないでしょうと

おかねの考え方がどどどおおおと 押し寄せてくるのよ

わたしたちの住む町は 利に敏く ずるがしこい町かもしれない

だけど死なないためにはそれしかないのかもしれない

あのころ西洋は素敵でした

お金じゃない生き方が大事だって 感じたことも あったはずなのに

今は わたしも おかねの考え方に 染まっているかも

伊勢丹ダヴィンチ三丁目

 

f:id:miya_ma:20170524122727j:plain

 

駅員はJRも含めてすっかり夏仕様になりましたね。

JRは黒からグレイへと 色まで変わるのですが

東急は・・・脱ぐだけ!

のようにみえます。

小田急も 色は変わらないのですね・・・。

羽化する駅員たちのバラード

半袖の二の腕を 見ない振りするの 乗客のたしなみね

駅員のボディがひとより早く日焼けする5月

夏よ やってこい

 

この写真

新宿にしては駅に人が少ないな と 感じる写真です

f:id:miya_ma:20170524123208j:plain

 

新宿では ディスクユニオン昭和歌謡館に行きまして・・・・

丸芽さん選曲の コロムビアガールズ(1980-88)買いました!

守谷香島田奈美、ツインキーなど・・・マニアックなコンピ。

はじめてCD化される作品も多く、貴重な2枚組ですね。

解説もよかったです。

 

f:id:miya_ma:20170524123436j:plain

 

それにしても昭和歌謡館って・・・・初めて行きましたが、なんか、すごいですね。

コーフンが止まりませんでした・・・・。

 

やっぱり、新宿、愛してます★

 

ちふれ空高く

f:id:miya_ma:20170523085452j:plain

地味なイメージの ちふれ化粧品

渋谷の一等地で 高らかにアピール。

 

ええ わたしも 使っていますよ 

お安いファンデーション・・・・。

 

固形のファンデは セザンヌとか ちふれとかを 西友で買う感じで・・・

それでいいのか・・・。

 

f:id:miya_ma:20170523085527j:plain

f:id:miya_ma:20170523085535j:plain

渋谷から

いったい どこへ 連れていかれるんだ・・・・。

どうぶつえんを通り越し

久喜!

むしろ寝過ごしてびっくりしたいね

半蔵門線

f:id:miya_ma:20170523085628j:plain

f:id:miya_ma:20170523085639j:plain

 

新旧アイドル280えん。

杉本理恵ちゃんは有名なアイドルではなかったですけど

佳曲で5枚くらいはオリジナルアルバムを出して すばらしい足跡を残しました。

ドルエレさん

美人で スタイルもいいのに

5人まとめて歌うのもったいない だけど5人まとめてダンスするのも含めて歌手なのね

そして解散してしまうのも

ルックスに比べて歌が少しだけ地味な気もしました。

 

個人個人の声質がわかる作品になると 歌手への思い入れが 出てきますね。

 

だけどやっぱり音楽はいいものだ・・・・。

ということでここ数日ヒマさえあればVSTの整理とかしておりました。

新曲もどんどんできそう。

あ~美容院に行きたいなぁ。

 

お茶のみ女子大学

f:id:miya_ma:20170522094814j:plain

タイトルはあまり関係ありません・・・・。

茗荷谷に行った、というだけです。

夏のような一日でしたね。

 

まちゆく人も 夏を先取りして・・・

白いシャツ。半袖。

そんな中、

冬服の駅員さんが歩いていて 

そこだけ 仕事の緊張感を発揮していて・・・・なんか 不思議な空気。

鉄道員の制服を着ているだけで

そこはいつも 線路になるのね

駅になるのね

通過電車の風が吹くのね・・・

 

f:id:miya_ma:20170522095059j:plain

 

以下の写真・・・・男の矢印がメトロへ向かう・・・・。

この道をあるくとき なんだかエロいな~って思うスタンプです?

f:id:miya_ma:20170522095147j:plain

 

渋谷では 下野穣さんのライブに行ったりしました。

なんか若者のバンドメンバーをひきいて、「もやんズ」というバンドでした。

ソロのときはアンビエントで優し気な印象がありましたが

バンドの楽曲はポップでした。

英語が堪能な下野さんですが歌は日本語でよかった(笑)

お互いがんばろうねと 話し合いました。

 

あと結婚されたそうで、おめでとうございます~。

人格穏やかで仕事もできそうな下野さんなら大丈夫でしょう★

f:id:miya_ma:20170522095448j:plain

地下には鉄道 2階には体育館

f:id:miya_ma:20170520225541j:plain

末広町駅そば

小学校を改装した建物「アーツチヨダ」でのフェアに

GALLERY龍屋さんが出されるとのことで

行ってみました。

 

GALLERY龍屋さんは 昨年末 ライブに行きましたところです。

GALLERY龍屋LIVEありがとうございました - 駅員観察日記(はてな編)

そしてアーツチヨダは 昨年春に森しゃちょ~に誘われて

アソルハーモニクス主催のワークショップに参加させていただいたところです。

メトロジェネレーター - 駅員観察日記(はてな編)

 

大都会、秋葉原の近くに、学校跡地という 広さのある建物で・・・

なんか素敵な空間だったなと思って 行ってみました。

2名の女性画家さんの作品展。

アメリカの方は ワイエスみたいな草の香りのする絵。人間との共存がテーマのようで、そういえばわたしも、そんなふうに自然に満ちた世界に住んでいたわ・・・

日本人の方は 懐かしいような、女の子らしい世界。そういえばわたしもそんな世界に住んでいた・・・(しつこい)。

f:id:miya_ma:20170520230445j:plain

f:id:miya_ma:20170520230451j:plain

(当たり前ですがほんものはもっとずっと良いです)

 

ほかのギャラリーさんの展示も 造形みたいなものや カラフルな消しゴムみたいなものをたくさん貼り付けてあるとか ツボ?とか、ガラスの器とか VRとかもあり とっても面白かったです。

アートは いいですね・・・。

目にみえる風景を みえかたを 変えてしまうのね・・・・。

 

f:id:miya_ma:20170520230659j:plain

そのフェアをやっていたのは アーツチヨダ2階の 体育館だったところでした。

舞台が残っていたり 校歌が飾ってあったりして 

まだ 体育館だったころのなごりが 残っていました・・・・。

なんとなく「懐かしいな~」と思っていたのですが

ふと 考えると・・・

「え 2階に 体育館!?」

不思議な気がしました。

 

バスケットボールのドリブルが響かない構造

合唱が上まで伸びない構造

嘔吐少女の水が流れて1階にゆきませぬよう

ふつう 体育館は 校庭のすみにドーンとあるものだと思うのですが

都会の真ん中 2階に体育館・・・

憧れの先輩のフリースローが 3階で授業を受けているわたしに 届く・・・

かもしれない・・・

先輩・・・完璧よね・・・・

f:id:miya_ma:20170520231131j:plain

地下鉄あなたも不思議なものね

地下に鉄道

地下に線路

地面の下に この社会を動かす大きな経路があるなんて

昔のひとにいっても

きっと 信じてもらえない

いま日本では地面がぜいたく品となり この地この面 取り合いだ

そして そのぜいたくな地面に立つわたしは

あしもとに駅員を感じる

東京メトロのバスケットコート

フリースローを見事に決める駅員の 着地のときの振動が

いま わたしに届く

f:id:miya_ma:20170520232008j:plain

松岡宮 ライブ予定

★6月24日(土)19時半スタート

国分寺Giee フーゲツのJUNさん企画「これからのポエトリー」 30分ほど

 

★7月・8月も新しい方々との楽しみな共演がありそうです。

決まりましたらお知らせします。

 

水を飲む駅員

f:id:miya_ma:20170518112602j:plain

雨上がりの初夏の日に

東京メトロ 新宿駅の天井から出ているこのペットボトルで

駅員は水を飲むのだ

ああ 乾いた・・・と 思ったとき

駅員の体はしゅるしゅると伸びて天井まで届く

ゆうべの雨水をごくごくと飲み干す

おいしい

おいしい

太陽が届かない地下空間で植物たちは大変そう

生き延びる 生き延びる そのために

駅員だって水を飲む

さりげなく夏服に着替えたその半袖の腕から

ふくんだ水分がしたたり落ちる

f:id:miya_ma:20170518112832j:plain

仕事であっちゃこっちゃしておりました・・・。

そんな中、中野ブロードウェイタコシェさん」に

新作CDR「点滴夜行」置いていただきました。

「ぜんぶ新作で これだけ入って 500円ですか 安いですね~★」なんて

うれしいこと言っていただきました。

CD「Limietd Express 383」もまだ少し残っていました。

まんだらけも近くて、行くだけでもディープで価値のあるお店・・・

わたしも大好きなお店です。

中野に行った際にはぜひ お立ち寄りくださいね。

 

tacoche.com

 

わかっていなかった

f:id:miya_ma:20170516212146j:plain

わたしは わかっていなかった

 

いま この社会で・・・痴漢の疑いをかけられるということが こんなに男性を 追い詰めるだなんて・・・

 

「こ~の人は ちかん! 大きな こ え で  

みなさん一緒に 退治しましょ ストレス解消~♪」

 

・・・なんて 歌っていた時代とは違うのだなぁ・・・

 

それだけ冤罪も多いということかもしれないし・・・・

それだけ ちょっとしたことで一瞬にして地獄の穴にはまってしまう

社会になってしまったのかもしれない・・・

 

自分と違う人の 傷つきや絶望 

やっぱり わからないこともある

夫は

男が仕事を辞めろと言われるのは 死ねと言われるも同然・・・

などと いうし

この社会の測度のなかでのドロップダウンの予感のようなものが

多くの男性を追い詰めてしまうかもしれないこと・・・

わたしは あまり わかっていなかったな・・・

f:id:miya_ma:20170516212816j:plain

駅の青い灯りは

自殺予防の青い光

誰もそれに気づかないけれど 朝も 昼間も そこで光っている

JR東のやさしさが いつもそこに光っている

でんしゃは 死んでほしくないのです

車掌は 死んでほしくないのです

あなたに 死んでほしくない・・・誰にも 死んでほしくないのです 

東京カタストロフィまであとX日

黒いはずの車掌の制服が

静かに青に染まり

あるいは津波に襲われる渋谷

あるいはがれきの海になる渋谷

プラットホームは 争いを 絶望を 死を含んでいる

だから駅員も車掌も優しいこと海のよう

青く染まった車掌が祈っている

わたくしは あなたに今夜 死んでほしくない

ドア閉まります