駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

しゃんしゃんbirth

f:id:miya_ma:20171017234146j:plain

このポスターの「私達職員」とは、京成上野駅職員のことです~。

久しぶりに上野に行ったら

すっかりパンダブームですね。

 

いつもあやしいアメ横も パンダ誕生を祝福しています。

 

f:id:miya_ma:20171017234945j:plain

雨も・・・しゃんしゃん・・・。

 

千葉に行ったり

上野に行ったり

アキバに行ったりしておりました

フリマで大負けしたアキバ、わたしはアキバのこと、やっぱり、知らなかったというか

自分が大田区的な何かに変質しており

すっかりアキバから遠ざかってしまったのだと 反省し・・・

けっこう長い間 アキバで うだうだ 過ごしました。

言葉ではっきり言えるようなことがあったわけではありませんが

さみしいアキバのさみしさを わがこととして 吸い込んでいられたらいいなと思います。

 

ちょっと頭痛が痛く・・・(←馬から落馬みたいな・・・)

疲れもあったので・・・

仕事以外はごろごろしておりました・・・体力無いな・・・。

 

ネットで見た画像では、JR東日本はとうとう黒制服になったみたいな・・・?

それはぜひ見に行かないといけませんね。

いかなる体調不良があろうと・・・倒れても・・・這ってでも・・・ぜひ黒駅員を、この、グレイから黒へと変わった瞬間の旬黒とでもいう風景を、目に焼き付けておかねば!!と思います。

 

f:id:miya_ma:20171017235723j:plain

ふたりの駅員は・・・今夜・・・ひとつになり・・・鼓動が生まれる。

 

千葉が足りなくて・・・秋。

f:id:miya_ma:20171015214650j:plain

わたしはチーバくんの尻あたりで生まれました

夷隅郡 ともいうらしい

 

しかし左を向いてくれないと千葉らしさがわからないな・・・

この絵なんて千葉県だけ切り取ってクルっと手前に回転させた感じ

鼻先は野田市 おいしいところをゲットしている・・・

わたしが生まれた大原あたりは

チーバ君の・・・下半身さ!

 

f:id:miya_ma:20171015210231j:plain

この写真の家ですね 母の実家です 昭和を感じます 

たぶんもうない・・・

 

f:id:miya_ma:20171015213455j:plain

大田区に来る前は 市川市に住んでいました

東京に近いけれど千葉県です

なんだかんだ 千葉に縁がある人生・・・

好きな男性のタイプ?

総武線快速デス♡

わたしの排泄を受け止めてくれる15両編成の大~きな男性

すごい勢いでハシってくれるのよ

四角いフェイスの総武線快速が 好みのタイプ♡

ああ

千葉が足りないぞ・・・

大田区からはあまりに遠い・・・千葉が足りないぞ・・・

 

秋葉原のこの青い階段を昇ればシンデレラは千葉に行けるのか

青い階段

おまえがわたしを千葉に連れて行ってくれるのか・・・

 

f:id:miya_ma:20171015214139j:plain

人生の栄養分は千葉である

ひとは千葉を吸収する必要がある

千葉不足を解消しましょう

千葉成分を点滴しましょう

わたしは千葉を求めている

千葉の駅員を求めている

千葉の駅員は優しくないけれど疾風のようにかっこいい

あのころ恋は千葉だった

駅員は千葉の色だった

五里霧中の千葉夢中

すべての道は千葉に通ず

千葉は一日にしてならず

バババババ・・・千葉光線バババ!

はぁはぁ

駅長犬はあんまりかわいくないけど

もう

千葉のとりこなのさ・・・

f:id:miya_ma:20171015214620j:plain

f:id:miya_ma:20171015214608j:plain

そういえば新京成にはあまり乗ったことないなぁと思って むりやり津田沼で乗り換えてみました

雨の中 光るオティンティンが出迎えてくれて・・・

思ったよりも大きな街で

船橋とのライバル心はあるのだろうか

津田沼 沼だったのか

などと 想像が膨らみました・・

 

f:id:miya_ma:20171015215717j:plain

 

新京成 どこにあるのかわからなかったのですが・・・

・・・ああ、新京成の駅ならヨーカドーに刺さっていますよ!

 

え?

あれ?

 

f:id:miya_ma:20171015220805j:plain

 

・・・実際には刺さっているわけじゃなくて 駅舎が中にあるというだけですが・・・

 

いや それでもなんか すごいじゃないか・・・

 

ヨーカドーと一体化した駅!だなんて・・・。

 

「・・・そして 人里離れた津田沼で われわれは なぞの鳥を発見した」

 

f:id:miya_ma:20171015221851j:plain

f:id:miya_ma:20171015222407j:plain

 

ぎゃ~~~~!!

鳥の鳴き声が聞こえる

 

あの

いななきは・・・

 

f:id:miya_ma:20171015222151j:plain

車掌がドアに挟まれた声か!

 

 

・・・この鳥さん 

新京成のキャラだというのは わかるのですが

この絵なんて車掌が自分の閉めたドアに挟まれているみたいじゃないか!

ああ かなしい鳥さん

自分の体を締め付けるためにドアを閉じたんだね 

まぞっこBIRDの最後のいななきギャアアアアア・・・

あれは新京成車掌の自傷行為

ドアにちゅうい ドアにちゅうい

そのことを 千葉県民に おしえているんだね・・・

そんなわけで 

胸がいっぱいの 千葉道中でした。

 

追伸

新京成の駅員のシャツがピンクだった・・・。

 

森達也監督「FAKE」を観ました

f:id:miya_ma:20171014101326j:plain

 

11月27日の神楽坂イベントにもご出演くださるドキドキクラブ監督が松岡宮の作品のPVを撮ってくださるとのことで、打ち合わせにお越しくださいました。
しかし・・・打ち合わせの時、オデンらしきものを作りましたが・・・おなか壊してしまったようで・・・悪いことをしてしまった!

 

f:id:miya_ma:20171013224753j:plain

 

 

ゆうべ 
Netflix森達也監督「FAKE」を観ました。
佐村河内守さんの密着映画です。
感想を率直に言うと・・・
守さんが魅力的とすら感じてしまった・・・。
猫はかわいいし奥さんは素敵
守さん シンセ一個で作曲なさっています♪ ←ネタバレか?
これはシンセの映画かもしれない
音楽を愛する人の なだらかな世界が広がっており
もしも自分が撮ってたらこりゃあ佐村河内さんにほれてしまうかもなぁ・・・。

わたしのそういうところが だめなところです。

FAKEについてあれこれネットでレビューを見ているうちに
ドキュメンタリー映画における 被写体との関係のあり方は
研究調査のフィールドワークや質的研究などは違うのかもしれないなぁと思いました

フィールドワークでは 調査相手への調査動機は 
基本的に好意に基づくものと思っていました

たとえば、岡壇(著)「生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある」という、最近同業者の間で話題の良本があるのですが、その本を読んだ時の感想に こんなことを書いていました。

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある

 

 

 「自殺率の高いA町は匿名で、自殺率の低い海部町は実名。海部町のことは、ほめちぎりです、自分が調査に行って名前を出す(自分にとってヨソの)市町村のフィールド調査は褒めなくてはいけないのかなと思ったりもしました。」

 

これは そのことを批判しているのではなくて・・・
何かを調査したり撮ったりするときその対象に「失礼のないように」「嫌がられないように」「悪意を持たぬように」「好意的に」「ほめるように」調査したり撮ったりするのが礼儀かと・・・わたしはついそんなふうについ考えてしまうのです。

自分のそういう考え方は教育のなかで培われたものかもしれないし
生来の気の弱さかもしれないが
フィールドに入っているうちに相手に感情移入して支援者や職員になってしまう
理解者になってしまう
ついつい 役立とうとしてしまう
そして距離感はグダグダになって
観察はおしまい

f:id:miya_ma:20171014015115j:plain

 

ドキュメンタリー映画は 違うようです
森達也監督は 撮った後は基本的に被写体とは合わないそうです
相手の陣地に入っても相手の術中にはまってはいけないのかもしれない・・・ 
撮るぜ 撮ったるぜ という視点をぶれさせてはいけないのかもしれない・・・
その撮影ぶりがすごいなと 思います

f:id:miya_ma:20171014020929j:plain

 

この「FAKE」には テレビ番組作りに関するメッセージがかなりありました
最近知り合いになった旅人がおすすめしてくれた漫画「電波の城細野不二彦」もテレビ業界のことが書いてある漫画で、同じようなメッセージがありました

番組にもよると思うし
うろ覚えで わたしの言い方になってしまうのですが
テレビ番組を作るとき 何か中心に言いたいことの柱があるわけではない
その場 その時 その人 それぞれの場で 
今のテレビが欲しているコンテンツを実現すべく全身全霊をかけて応えているだけ
そのために 柔軟に ころりころりと対応しているのだけ
そんなメッセージ 

真実などもともとないという前提のもと
目をひいて面白く見せるためのお化粧みたいなもので映像はできていて
そこに真実があるとか無いとか問うのは本質的でない
そんな価値観のあることを知りました

f:id:miya_ma:20171013220415j:plain

ずいぶん昔のこと 
障碍者の会で テレビに取り上げられたけどあの取り上げ方はひどかった、障碍者への愛がなかった みたいな愚痴を聞いたことがありました
テレビに取り上げられるとき
取り上げられる対象への愛など そもそも 期待できないのかもしれません
そういえば 自分も10年前 テレビに出たことがありました
そこまで不快な思いはしませんでしたが
それにしても ディレクターさんとかは 
テレビに出ることの影響とか アフターケアとか 
あんまり考えないものなんだなぁと 思ったりしました

めざすべきは
賛否両論を引き起こし「刺さる」映像
よい絵 よい映像 驚くべき映像
世の中にアピールして話題になる映像・・・
なのかしら

表象と情報に満ちたこの世界で
グレーなFAKEを生きることについて
やけに無自覚な自分に気づかされました

 

f:id:miya_ma:20171014020352j:plain

来週 ドキドキクラブ監督が松岡作品のPVを撮ってくださることになりましたが
この「FAKE」を観ておいて よかったです
映像には嘘がつきもの
映像には演出を施してしまうのが ふつうだと わかりました
うんこさせられるかしら
何をさせられるんでしょうか
頑張ったFAKEの演技の果てに
どんな 何かが 残ることでしょうか
怖い気がしますけれど、逃げずにがんばりたいと思います。

 

おやすみなさひ。

 

哀愁の戸越銀座

さだまさしさんのバックバンド「亀山社中」が

 

「哀しみの青物横丁」

「哀愁の戸越銀座」

 

という曲をやったとステージトーク集に書いてあったとき

どっちも 自分にとっては遠い地名であり

なんかユーモラスで かっこよくはないけど笑える町名だな

と 思ったり しましたが・・・

 

f:id:miya_ma:20171011093021j:plain

先日の池上線無料キャンペーンでは

人であふれかえり 話題になっていましたね

戸越銀座!

 

もともと商店街もにぎやかで とてもよい街だと思うので・・・

池上線無料キャンペーンで名前が売れて・・・

よかったですよね、トゴシギンザ・・・。

トゴシギンザ

独り勝ちじゃないか・・・・。

 

f:id:miya_ma:20171011093740j:plain

そして・・・

今年の東急カレンダーは戸越銀座のジオラマだ!!

数年前は 渋谷ヒカリエだったことを考えれば・・・東急の戸越銀座に対する本気が感じられます。

今年、地味にブレイクした駅。

商店街のひとはうれしいでしょうね。

 

一方 そのころ

蒲田に近いほうの

千鳥町や蓮沼商店街は どうだったのでしょうか

報道でもまったく名前が出てこないので、地元の人にきいてみたい気がします・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20171011093934j:plain今年の表紙は世田谷線です♪

 

 

ライブの予定 12月にひとつ また増えてしまいました・・・

ライブは仕事としてやっているので ありがたいのですが 準備が大変だなぁ・・・

皆様に喜んでいただけますよう がんばって音を作りたいと思います。

 

報告書・論文作成とか統計の仕事も 飛んできます~。

 

f:id:miya_ma:20171011094120j:plain

むししないで・・・・。

池上線よりも知名度が低い 東急多摩川線も よろしくお願いします。

むししないで・・・。

 

いらっしゃい40肩

f:id:miya_ma:20171009221808j:plain

山岸涼子先生のアラベスク

おもしろい!

 

というわけで

プリマ じゃなかった・・・

フリマツアー 終わりまして・・・

2勝2敗という感じでしょうか、でも負け方は、大きいなあ・・・

反省点 いっぱいあります・・・

気づいたことも いっぱいあります。

 

f:id:miya_ma:20171009230030j:plain

たとえば それぞれの土地には

それぞれの何かが 宿っているということ

 

その「何か」は 時間をかけて 行政や人が 変えてゆくこともあるが・・・

 

土地には土地の「気」というか

土地なりの何かがあって

上品と下品 滞在と移動 男性と女性 子供と高齢

同じ東京でも さまざまなんだなということです

 

環境はたやすく人に作用し

人も少しは環境を変えて・・

だから 自分にあう土地とあわない土地があるし

わたしだって・・・環境に影響されているのだなと 実感しました

やっぱり 少しは 大田区に 染まっているのだろうか・・・。

 

だけど どこに行っても 旅人のよう。

人生 えいえん転校生。

 

わたしにあう土地って どこなのでしょうね。

 

f:id:miya_ma:20171009230313j:plain

このところは あっちこっち 重たいものをもって移動する日々でした・・

 

その結果・・・

40肩が 復活してしまいました。

うぎゃらほほ。

起き上がりや 腕の動きのたびに

ウギャウギャ いたたた・・・

って

言っております・・・・。

 

意外と ひ弱なんだな・・・

だんだん 重いものが 難しくなっている・・・

いま乗っている折り畳み自転車 重さ12.5キロくらいですが

次に買うなら・・・10キロを切るものに しなきゃね・・・

 

もう若くないので 養生しつつ 今週もお仕事と 映像制作! がんばりますね。

 

おやすみなさひ。

 

f:id:miya_ma:20171009230930j:plain

あっちこっち連休

f:id:miya_ma:20171009002228j:plain

歌舞伎町の、ねこ。血色も人相もいいじゃないか・・・。

 

というわけで金曜日あたりからいろんなところに行きました・・・

 

土曜日は歌舞伎町。

Racco-1000さんJuzuさんご出演のGoldenEggのイベントも目的でしたが

11月27日のイベントで使うための動画・写真を撮りにきました。

 

ちょっと座ってみていると 歌舞伎町にはほんとうにいろんな人がいっぱいで

みんな目が光っており めざとい

人を見つけて

人をさそい

人を呼び込もうとする

そんな 渦が できています・・・

but 

なぜかわたしには 声をかけないのです・・・

客引きさん・・なぜ。

 

わたしは東京が好きです

歌舞伎町が、好き。

動画、期待してください!?

 

 

f:id:miya_ma:20171009002625j:plain

いきなりローカル線っぽい画像です。

 

青かった車掌が茅ヶ崎を離れるにつれて緑みを増してゆく・・・

相模線。

彼の体は砂と海でできているという伝説

美しい車掌のいる相模線!

車掌の鼓動は海のささやき。

車掌さんがいること、このご時世、ぜいたくに感じられます。

しかし 久々に乗ると、ドアが開かない!ってパニックに陥ってしまった・・・ボタンを押さないと開かないなんて・・・!

 

さて

今日のお昼は

横浜・黄金町の手作り品フリマに出店しました。

 

会を重ねると なんとなく顔を覚えられてきて

知人らしき人も増えてきました。

 

2か月前は 鉄道コスプレ・・・

今日はハロウィン着ぐるみだったので・・・

お客さん?が・・・

「あなた前回は警察官みたいな服を着ていましたが・・・役者さんですか?

 

なんて いわれてしまいました・・・

 

「え、ええ・・・」

なんて 言ってしまった(ー_ー)すみません役者じゃないです、いや、もうわたし役者でいいや・・・。

 

役者さん、ってのはひとつの職能として 認知度が高いんだな~と

へんなところで関心してしまいました。

そしてまた相模線。

f:id:miya_ma:20171009002915j:plain

旅情を感じます・・・おおおお、単線区間

ほんとに相模線まつりの本日。

フリマのあと

やっぱり どうしても 邁進まつりが気になって

フリマ終わったあとの壮大な荷物をもって 

邁進まつり 立ち寄ってしまったのです。

 

2年前のトホホな体験記こちら。。。

相模川「邁進まつり」キャンプ参加記 - 駅員観察日記(はてな編)

 

相武台下から徒歩15分ほど・・・

微妙に道に迷いながら

「ああ こんな辺鄙なところに障碍者の居住施設があるんだな」

と思いつつ

河川敷 到着しました。

 

へとへと。

 

f:id:miya_ma:20171009003659j:plain

フーゲツのJUNさんです。

2年前に引き続き・・・またしてもお世話になってしまった・・・・。

 

まつりでは

日が暮れる速度もゆっくりで

ここは日常ではない

汚れていない時間

すすきの先っぽの向こうには厚木市 両親の墓もあり

風がたなびくゆったりした時間のなか

ジャムセッションはいつまでも続き

ここだけが時間の流れが不思議に波打っている

ようであった

相模原市のすてきな秘密を耳打ちしてくれるまつり

よいオシッコが流れる音がします

 

f:id:miya_ma:20171009003737j:plain

JUNさんカレーです。

こんなにおいしいカレーをごちそうになり

氏家さんが隣にきて半分くらい食べていかれましたがそのお片付けもできないうちに

ココナツさんの車で駅まで送っていただき・・・・

こんなふうに

またしても

人の世話になりっぱなしのわたしでした

キャンプ弱者だわたしは・・・

キャンプ弱者なのだ・・・

 

困ったときは助け合い そんな精神で みんな助けてくれました

 

ありがたいね

本当にありがとうございました

 

都内とは違う風の吹く相模川の河川敷

少し寂しい黄昏の空に死者が浮かぶ

だけど思うのは

生きているんだなぁという驚き

生きていることの発見

もうすぐ都内も冬になる

だけどこの地上ではずいぶん炎が盛んである

すきっ腹かかえて

明日も元気に生きてゆこうと思いました

 

f:id:miya_ma:20171009004239j:plain

冬 服

f:id:miya_ma:20171007093045j:plain

止まない雨のなか

愛は冬服に対して投げつけられるもの

駅員のすがたは冬服のシルエットの中にこそあるもの

ごった返す夕方のラッシュのプラットホームで

何か光り輝くシルエットがある

それは駅員たちのすがた

わたしは駅員の腕章が あまり本質的なものではないと思っていた

だけど東急のあなたたちの場合

黄色い腕章も駅員なるものを形作る

識別性の魔法のリングなのだと知った

ここにいますよ駅員が・・・ここにいます・・・お客様、安心してください・・・

雨 雨 くもり 東急 雨・・・

黄色い腕章に触れた日もあった

こころが沈む夕暮れには

愛をぶつけられる相手を探してしまうのです

 

f:id:miya_ma:20171007093522j:plain

あっという間に秋らしくなってきましたね。

図書館にいったついでにアピアに遊びに行ってきましたよ。

自分がお客さんの立場になると

いろいろ まなぶこともありますね。

声質のすばらしい方

詩と曲のすばらしい方

外見のすばらしい方

それぞれ それぞれだった そんな気もします

いろんなライブハウスやカフェが閉店してゆきます

何をするにも厳しい世の中です

11月27日 月曜日 松岡が主催することになった 神楽音も

ほんと 大丈夫かなと 思っております

フライヤー今のところ こんなです。

映像入りがこのイベントのテーマです。

皆様に笑顔と元気を与えられるイベントになればうれしいです。
 

 

f:id:miya_ma:20171007094153j:plain