駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

水ぬるむ春に暖太郎

f:id:miya_ma:20220301102309j:plain

三月になりました。

風もぬるみ、水もぬるみ、あしながばちもまた動きだしています。

 

多摩川河川敷もこのように草のみどりも濃くなってきて春の訪れを感じさせます。

 

こんなふうに日差しに輝く春の草原をみると、村上春樹ノルウェイの森」に出てくる「春の熊くらいに君が好きだよ」という言葉(うろおぼえ、少し違うかも)を思い出します。

 

春樹、やはり、文学者・・・。

 

f:id:miya_ma:20220301102513j:plainららん。

仕事に追われていますが元気です。

1分しかない新曲「てん」を、サブスクに申請していましたが・・・いろいろあって、修正を迫られました・・・がっかり。

修正すればそのうち聴いていただけると思いますが、誕生日には間に合いませんね・・・。

3月末にリリース予定です。またお知らせしますね。

(BandCampではそのままお聞きいただけます~。)

miyamatsuoka.bandcamp.com

音楽サブスクは好きでSpotifyの有料に入っており、タブレットを立てながら、ずっとプレイしています・・・。

 

バイラルヒット曲集も聴きますが、配信会社(BIG UP!さん)のプレイリストなどは、それほど再生数が多いわけでもない作品を聴けて、ジャンルレスで新鮮です。

 

わたしが知っている範囲ですが、サブスクで、再生数の多くない作品を選んで聴くのは大変な手間がかかりむずかしい・・・。再生数の少ない曲のプレイリストでも作ろうかと思うくらい・・・。

 

広大な音楽の宇宙は、みちしるべだけが頼りであり、聴かれるものがますます聴かれるシステムですね。サブスクの広大な宇宙は、しかし、あるコードに沿った限られた世界であること、何でもありの世界ではないこと、申請する側にならないとそれはわからないことですね・・・。

 

審査があること、すっと世界に出てゆけないことは、アーティストを守るための仕組みであり、ありがたく思います。

 

そしてそのコードに沿わない、すっと通過してゆかない作品を作ることや、誰かの気に障り、世界の境界線に障り続けることは、アーティストとしては誇りでもあるので、これからもそんなふうに尖り障る作品を作り続けたいと思うのでした。

 

仕事が多くて曲作りのほうに時間を割けないのが残念ですが、頭のなかにある作品をこれからも頑張って製作してゆきたいと思います。

 

f:id:miya_ma:20220301102958j:plain

 

事務所をやっており業務に追われていますが、

事務所も隣の空き家も劣化が進み、最近は双方に工事が入って、そんな調整でも忙しい・・・

そんな折・・・

 

エアコンが壊れた!!

 

作業場にエアコンは2台あり1台は動いており、ガスファンヒーターもあるので、なんとかしのげますが、ガス代もすごいことになってしまったので、新しいエアコンを探していました。

 

近所のコジマとか、川崎ラゾーナのビックとか、見に行きまして、いつもどおり、お安いエアコンにしようかな・・・と思っていたのですが・・・ある言葉が目に入りました。

 

寒冷地仕様

 

ん?なんだその言葉?

 

どうやら、暖房が強く、暖かい仕様のエアコンというのが、あるらしいことを知りました。

 

商品その1。「東芝 暖太郎」という名の、家庭教師のお兄さん。

ふわふわのセーターを着た、大柄なお兄さんが、あわいブラウンのくせ毛と金の眼鏡を揺らしながらやさしく微笑む、そして「ふぅーっ」と息を吹きかける・・・お兄さん、寒冷地出身なんですか?お兄さんの風は・・・暖かいなぁ・・・。

 

事務所は築50年、木造の1戸建て。仕事場は1階。寒がりのわたしには厳しい家で、アルミの大きな窓をつぶして壁にしたり、樹脂性の二重サッシにしたりして、だいぶマシになってきているはずですが、やはり、寒いのです・・・。

 

東京都大田区

北区ならともかく南方にある大田区は、寒冷地ではないですけど、暖かいエアコンは、いいだろうなあ・・・。

 

「エアコンはすぐに温まらない」そんな偏見がありました。

だけどそれはエアコンの性能が低かったせいかもしれない。

 

寒冷地仕様のエアコンならば、一瞬で暖かくなるかもしれない・・・

 

それは・・・いい・・・とてもいいい・・・お兄さん・・・(🤤)

 

・・・ふと気づくと、「東芝 暖太郎」の購入ボタンを押していました。あああああああああ。

 

f:id:miya_ma:20220301104230j:plain

 

水ぬるむ春に暖太郎。

 

これから夏に向かうのに暖太郎。

 

家族には「これから暖かくなるのに」と呆れられましたが・・・。

 

工事は来週ですが、どんな風が吹くのやら。

楽しみにしています。