駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

2021年のまとめ

f:id:miya_ma:20211230093010j:plain

 

2021年も暮れようとしておりますのでまとめの記事です。

 

相変わらずコロナ禍で、不自由なことの多い1年でした。秋口になってからは感染者数も減少してきて、ほっとしています。

 

仕事が増えて増えて・・・勉強や準備に追われる1年でした。

ありがたいことで・・・

しかし、失敗したり、ドジったり、転んだり、腰を痛めたり、なんか無理のきかない年齢なんだなーと感じております。

 

<創作関連>

 

◆本「東京フリマ日記~風が吹いても売れません」出しました。

 

190ページという、自分にとっても初体験の分量。

製本した本としては初めてのリリースとなるこの本の製作が、上半期のハイライトでした。

 

f:id:miya_ma:20211230105638j:plain

 

執筆前に、自分が福祉系の講義を新たに担当することが決まっており、その教科書を書くつもりで書きました。(おおげさ)

 

10年代の、創作者をめぐる変化・・・風が吹いても売れない切なさ。

とはいえ、全体的に明るい本です。イラストを多用しユーモラスに描きました。

 

以下のサイトで購入できます。

This is松岡宮!! ぜひ読んでくださいね★

 

383.thebase.in

 

 

◆カラームック「たびぽえ」

 

詩の募集を見かけ、何気なく詩を投稿したら雑誌に掲載していただき、うれしかったです。

2019年に「代行バス」で行った、浪江の詩。

今はもう常磐線が通っていますが、あの時にしか書けない風景かもしれません。

旅に出られない昨今ですが、旅を思いながら描いた詩が形となるのはうれしいものです。

 

 

◆プロレコーディングにてのシングルカット、リミックスのリリース

 

4年前の音源「点滴夜行」のリマスタリングをしました。

「白髪処女」「Astronaut No.9」はプロレコーディングにて作り直してシングル登録してあります。

残りの8曲はリミックス・リマスタリングして、この12月25日にリリースしました。

プロのレコーディング・ミックスと自分のそれは、もうぜんぜん違い、反省しきりですが・・・・

サブスク環境の方は以下のリンクから、ぜひ聞いてみてくださいね。

 

 

big-up.style

 

big-up.style

big-up.style

 

 

◆動画の製作

 

組曲2つの制作、よく頑張りました。

 

しみじみ思ったのは、「作品を思いつくこと・ラフを作ること」と「それを人前に出せるレベルに仕上げること」はまた別の努力であり、その製錬化といったことが大事なのだなということです。自分にはその、根気とでもいったものがあるようですが、いやいや根気じゃなくて強迫だなぁと思います。

 

youtu.be

 

そうそう・・・・強迫とは松岡にふさわしい概念。

なんか作品を仕上げなくては・・と、追われているのです。

 

youtu.be

 

何か伝わるものがあれば、うれしいです。

 

◆動画の出演

 

危機裸裸チャンネルの出演、楽しかった。

「かまどん」というわたしの作品のご紹介もあり、出演させていただいて楽しかったです。

 

youtu.be

 

あと、リンクは貼りませんが・・・「公認心理師の会」というまじめな会のまじめなシンポジウムで、<わたしはポエマーで、フリマはたのしい>とかいつもの調子で話をさせていただいたのも楽しかったですね。もう呼ばれない気もしますが・・・(笑)

 

どこに呼ばれても「東京フリマ日記」と同じようなことを話しており、

もう心理師としてもコレでいくぞという感じなのか・・・自分・・・。

 

 

こうして並べると、創作系、よくがんばった。

今年はライブをしなかったのですが・・・・ライブというのは、やはり手間暇をとられるし、作品制作とは違うベクトルの作業なのだなと思います・・・出会いが広がったり、同じ時間を共有できたりするのは素敵なことですが・・・。

 

作品を聴いて、何がご依頼等ございましたら、ご連絡ください。

 

<買ったもの関連>

 

ことし買ってよかったものを列挙します。

 

◆服:ワークマンのボトムと白いトップス

 

近所にワークマンができて・・・1900円くらいのボトムを買ったら、とても軽くて着やすく、それでいてオフィスでも浮かない雰囲気で、よかったです。3本も買ってしまった。

 

それと、なんか白いカーディガンとか白いセーターとかがマイブームでした。

自分は色黒だと思い込んで濃いコンシーラーを塗ってましたが、なんか、浮いていた・・・。あまり自分の身体のことって知らないんだなと感じました。

 

でもやっぱりスーツを着るのも大事だと感じました。

人は外見づくりも大事だと、ライブしてないとそれは忘れそうになり・・・ライブはそういう良さ(外見を意識すること)もあるんだな・・・。

 

古着をいただくことが多く、大きくても好んで着ていましたが、やはり自分のサイズにあった服も大事なのかな・・・そんなことも思った1年でした。自分のサイズにあったシャツ、好みのカーディンガンを買いました。

 

◆暖房だいすき

 

自分の事務所1階で仕事をすることが多いですが、全体的な暖房以外に、足元を局所的に温めるものが必要に思いました(寒がり)。

 

ガスファンヒーター

電気ストーブ

電気のファンヒーター

ホットカーペット

 

ぜんぶを一度に行うわけではありませんが、もう、重装備です。

たぶん昨年の二重窓へのリフォームでだいぶ暖かくなっているとは思いますが、それでも木造住宅は寒いですね。

 

f:id:miya_ma:20211230100100j:plain

下水管工事もあったなあ。

 

◆ガス給湯器の交換など

 

今年に限りませんが、事務所に使っている築50年の木造一戸建てのあちこちが壊れました。雨どい、壁、タイル、エアコン、そして、キッチンのガス給湯器。

 

夏の終わりごろ、ガス給湯器を交換しましたが、「お風呂のガスは大丈夫ですか?いま、品不足で交換できにくいんで、もし不調なら早めに」と教えてくれました。

半導体不足とかで、入荷難しくなったみたいで・・・

お風呂のガス給湯器は今のところ大丈夫ですが、壊れないように祈ってます・・・。

 

◆知人の美容院でゆっくりカット

 

縮毛矯正をやめて1年以上がたちました。髪がずいぶん健康になった気がします。

ヘアは大事にしたいですね。

 

ご近所で、危機裸裸チャンネルの後藤KiKiさんの旦那さまがやっている美容院(危機裸々HairSalon)でカットしてもらいました。

今まで、1000円とかで、ざくざく3センチ切るとか、ただ切ってるだけでしたが、いろいろアドバイスを貰ったり、部分的に軽くしてもらったり、デザインをしてもらったり、カットだけで1時間以上取り組んでもらい、丁寧なカットになりました。

 

思えばそんなにカットに手間をかけたのは久しぶりという感じです。自分で誤解していることも多くて参考になりました。

 

自分ではあまりデザインできず、相変わらず「すとん」としていますが・・・でも軽い感じになりました。

f:id:miya_ma:20211230102829j:plain

 

ヘアといえば、ムラシャン・トリートメントがわりに「カラーバター(紺)」を使い始めたら、どうみてもうっすら青く染まってしまいました。

 

今でも自分では白髪を染めている意識はないのですが、「青く染めている先生」と認識されることが増えました。

 

はからずも毛染め元年だったかもしれません。

 

来年は・・・何色に!

 

Bluetoothイヤホン(TaoTronics)

 

無線のイヤホンを使います。

TaoTronics製品を2つ使いましたがコスパがいいという気がしました。

 

両耳つながっているタイプなのでそそっかしい自分でも紛失の危険ありません。

操作性は有線よりもいいですね。

 

イヤホンは大好きでアホみたいに買ってしまいます。来年はもっと小さいイヤホンや骨伝導イヤホンを使ってみたいです。

 

◆好きな食器を使ってよいのだ

 

ありがたいことに食器はいつもそこにあり、不自由なく使っていました。多すぎるくらいの食器、いま事務所で0円フリマをやっているくらいに、そこにあって・・・。

 

でも気づいたのは、自分は、木の食器が好き・・・。やはり自分の好きな食器というのが別にあるのだということです。

 

自分の気持ちをおさえて、言われるままに暮らせば不自由はなく贅沢もできて、そんなふうに安全に生きてきましたが本当の好みというのが別にあったのかもしれません。

 

少しずつ、そんなふうに、自分の生活を好きに作り上げていいんだなと思いました。

 

しかしちょっとヒノキくさい・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20211230101611j:plain

 

JBLBluetoothスピーカー

 

「あらゆる音をBluetoothで飛ばして天井から聴きたいな~」

というのが今年のテーマでした。

 

それがある程度設備として整ってきた今年です。

 

このスピーカーはてのひらサイズの小型ながら、音も大きく迫力があり、講義でもよく使いました。音もよい!とてもよいお買い物でした。

 

 

f:id:miya_ma:20211230101737j:plain

 

◆分厚い靴下

 

この10年ほどの経験で「靴下の品質は大事である」「冬場は厚手の靴下がよい!」ということに気づき、ともかく厚手のものを使うようになりました。

冬場は2枚履きです。

 

ご寄付いただいた古着の売り上げで新品の紳士用靴下をたくさん買い、テイクフリーにしたら、事務所にお越しになる紳士方に好評でした。

 

まだあるのでお越しのさいにはどうぞお持ちください。

f:id:miya_ma:20211230111713j:plain

 

◆ペンタブ慣れてきた

 

いつだったか自分へのクリスマスプレゼントで買ったのですよね。

仕事で福祉的なイラストを描くのに用いています。

流れ水さんと金曜日に絵を描いてますが、自分でいうのもなんですが、だんだん、うまくなってきた・・・??いやいや、自分の身体を電子デバイスに慣らしてゆかないといけないなという感じで、がんばりました。

来年はもっと絵がうまくなる予定です。

 

金曜日、ともに絵を描き続けた同志の流れ水タワシさんに感謝です。

 

f:id:miya_ma:20211230111727j:plain

 

◆漫画

 

ゴールデンカムイ」&「CIPHER」&「ナニワ金融道」などなど・・・。

ゴールデンカムイはネットで無料で読めるので読みました。北海道の自然の風景やアイヌの暮らしに感銘を受けました。

サイファ」はプレゼントしてもらい、読みました。(「月の子」もいただきました。)

絵がきれいで、スピリチュアル・繊細なお話でしたね。

 

ナニワ金融道は図書館で全巻借りました。

お金は、人の欲は、油断は、怖いなあと思いました。そしてお金を使うにあたっては「時間」というのが重要なファクターなのだなあと感じました。

経済にうといのでよくわかりませんが・・・お金で冒険はせぬようにします。

 

f:id:miya_ma:20211230111739j:plain

 

 

◆自炊(スキャン)

 

お料理ではなく、本の、自炊です。

今年はまさに、自炊元年でした。

 

図書館のリサイクル本が多くて読むのに間に合わず、デジタル化したほうが読むな・・・ということがわかりました。

 

そのために買った大物ふたつ。

 

ひとつは、サンワサプライのA3までスキャンできるスキャナ(SCN025)。

 

f:id:miya_ma:20211230102355j:plain大きい!

 

もうひとつは本をカットするカッターです。

ADF機能のあるプリンタスキャナで取り込もうと・・・いわばギロチン機、本当に重いです。

でも本をばっさり切ってくれてすごいです。

 

 

それで、結局、A3までスキャンできる機械がとてもよかったのであまりカッターは使っていません・・・。

 

しかしこれで本を拾ってきてもなんか罪悪感が薄くなりました。

 

上の写真に写っているのはゲンロンカフェの人文2021イベント。ニコニコ動画に課金して観ました。吉川浩満さんは、600冊を超える本のリストを作ったそうで・・・。

 

そんなレベルにはとてもとても届かないですけど、来年もたくさん本を読みたいです。

 

◆リモートワークのオフィス

 

もともとカフェで仕事をしておりましたが、最近は外で仕事をするのも普通になってきましたね。

 

自分は居心地のよい事務所もあるので、外でワークする必然もなかったのですが、宮崎台の「東急 電車とバスの博物館」のリモートワークプレイスはとてもよかったです。

 

もちろん鉄道を感じさせる空間なのもいいのですが、上限が1000円というのもお安くて・・・

本当に良いところでした。

可能な限りここで働きたい!

 

f:id:miya_ma:20211230110121j:plain

・・・こんな机で仕事できるなんて、たまりませんね。下に電源もあります。

 

 

◆集団でZOOM設営

 

いわゆるハイブリッド会議のために、ZOOMの設営や機材提供などをよく頼まれました。もちろんお仕事としてのご依頼でお金いただけますが、音に関する知識や機材は世の中のニーズなんだなと思いました。素人なのだがいいのかな・・・。

 

障害者の会などもそんな感じでZOOMでしたが、ZOOMやスマホなどの技術が出来るか否かは、障害の有無よりも年齢のファクターが大きく、これまでの知識が妨げになるのかもしれないなあと思いました。

 

 

<できごと関連>

 

◆旅に出た

 

仕事も兼ねてましたが、栃木、那須、郡山、茨城をまわる旅に出ました。

それから松本、姨捨にも行きました。

いずれも18きっぷです。

 

信州は山、常磐線は海。風景がよかったなあ。

トンビに襲われそうになったのも、いい思い出です。

 

あと、ツイッターで知り合った方が突然「ことでん」グッズを送ってこられ、香川県たのしいな!

香川に行ったような気になりました。

実際は行ったことがありませんが、香川県に関係する知り合いはやけに多いです。

瀬戸大橋かあ。

行ってみたいですね。

 

f:id:miya_ma:20211230104833j:plain

 

◆でもあまり鉄道にのらなかった

 

オンライン講義・在宅ワークなので、あまり鉄道にのらなかったことが残念です。

 

後述しますが、通勤も意味があるかもしれないと思い、新たな仕事を請けてしまいました。

 

自分には電車に揺られる時間が必要な気がします・・・

 

閉所恐怖なのにね。

 

f:id:miya_ma:20211230105818j:plain

 

 

アシナガバチの帰還

 

10年ぶりにアシナガバチが帰ってきました。

もう本当にかわいくて、かわいくて、つい餌付けしてしまいます。

 

これを書いている時点で、まだ2匹、残っています。

新女王でしょうか。

また仲良くしていただきたいですね。

 

f:id:miya_ma:20211230105431j:plain真冬のサラダボウルの女王さま。

 

◆多忙で失敗だらけ・・・

 

前述のように、忙しいのはありがたいですけど、いつも時間に追われて、てんぱって、失敗ばかりしていた気がします。

 

失敗するときって、自分に自信がないときか・・・あるいはやはり、いろんな意味で余裕がないとき・・・。

最後には階段でごろごろ転んでおどろき、お風呂で青あざをナデナデしながら、もはや自分の能力を超えている気がしました・・・

寝る時間だけは確保してあり、そんなに収入が多いわけでもないのに・・・。

能力が低いのだ。

 

 

◆年賀状は最後にします宣言

 

年賀状はえらい先生方とも交わしているのでずっと悩んでましたが、形骸化した紙のつきあいを続けるのが自分らしくないと思い、今年で年賀状は最後にしますと書いて出しました。

 

以下の写真を加工しました。

 

f:id:miya_ma:20211230011850j:plain

これからはメールやラインやネットで会いましょう。

 

◆人付き合いは少しだけに

 

人付き合いは得意でないし、自分を不安にさせる人と無理につきあうことはないなと思いました。いろんな人からいろんな誘いが来て、どうしても押しの強い人に引っ張られてしまいますが、それもセーブしないともたないなあと思い、自分の作品を介しての付き合いに留めました。

 

自分は処理能力も低く、too muchが苦手なのかなと思います。

ものごとを少なく生きたいと思います。

 

◆といいつつ仕事は広がる

 

どんな講義も1年目は大変なので、今年はそれでヒイヒイでした・・・

来年は講義の忙しさは少し収まると期待しています。

 

逆にいえば、非常勤講師の講義の1年目は不慣れでうまくできないかもしれませんが、2年目以降はこなれてくるので、大目にみていただけたらいいなと願っています。

 

・・・そして、また別の仕事をお請けしてしまった・・・通勤が、したくて・・・。

 

専門的な修行をしつつがんばって働きます。

 

きっと作品作りに活きてくると思います。

 

◆まとめのまとめ

 

はっきりしたのは、創作が自分の仕事なのだということです。

 

もうすぐ50歳になりますが、自分の本質は作品であり、それのために読書し、働き、生きるということがわかりました。

 

来年も白い事務所で静かに作品を作り続けたいと思います。

 

本年もありがとうございました。