駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

アーティストの展示即売会「NO WAY MANIACS」

twitter.com

2021/12/26

NO WAY MANIACS初参加でしたが、無事に終わりました。

(主催の森さんの上記ツイートでくわしくみられます)

 

売り上げも、たいへんめずらしいことに、黒字でした。

お買い上げくださった皆様には感謝です。

おそらく、ビギナーズラックというか、わたしが「東京フリマ日記」で書きましたように、はじめてフリマに出る品物には「初めてオーラ」があり、よく売れる・・・そんな現象だったのかもしれません。

 

f:id:miya_ma:20211228085903j:plain

参加のきっかけは・・・

 

9月に出演させていただいた「危機裸裸チャンネル」のSiSeNさんやKiKiさんが参加している大田区の販売会というので、近所ということもあって、たしか夏に見にいって・・・

 

大田区の施設なのに、DJが参加しているとのことで不思議な音楽が流れているなあ、エッジ効いてるなあと思ったりして・・・

 

参加してみたら?とすすめられ、なんとなく申し込んでから、「・・・これは、チョット大変なのでは・・・わたしでいいのかしら?」なんて思ったりしたものです。

 

f:id:miya_ma:20211228001315j:plainかけじく!売れなかった。

 

申し込むときに、なんとなく「古物商コース」で申し込んでしまいました。

それは、退職してからずっと家にひきこもりがちの夫が、「小学校の頃、骨とう品やのオヤジになりたかった」と言っていたので、それなら骨とう品やのオヤジをやってくださいな・・・という感じで、軽い気持ちで申し込んだのでした。

 

しかし単に古物といっても何かコンセプトが必要だなあ・・・と思って、自分が持っているインドネシアの雑貨を売ろうということにしました。

ジャカルタに住んでいたので、親が買った木彫りの箱などがあったのです。

 

古物コースはブース代がお高いのですが、そのぶん机が2個もらえます。

180センチの机が2個・・・というのは、相当な横の広さです。そこでオリジナルコーナーも作ろうと思って・・・たまたまそのとき事務所に酒を持ってきた青条さんに声をかけて、イベントにも来てくれることになりました。

 

そうそう、会場は事務所の近くなのですが、途中で仕事で抜ける必要があったのでした。

それで青条さんには留守番をお願いしたのでした・・・

 

そんな行き当たりばったりでひどいブース主で申し訳なかったですが、青条さんの詩集も、インドネシアコーナーも、売り上げがそれなりにあって、良かったです。

 

あと、絵描きの仲間の不忍池絵ハガキが売れたのが、ことのほか嬉しかったです。

絵ハガキはBASEでも取り扱っており、友人に「他人の絵ハガキ売るよりまっちゃんが駅員を描いたほうがいいよー」と笑われましたが・・・仲間の絵はとてもやさしい絵で、個人的に好きなんです。以下の販売サイトで見てやってくださいませ。

 

383.thebase.in

最後のほうで、さりげなく松岡のCD(EG区)も売れて、ほっとしました。

やっぱりCDが売れるのって、うれしい。しかも、わざわざ買いにお越しに来られるなんて・・・。

秘密の差し入れもいただきました。おもしろいけど公開しにくい(なんなんだ)。

 

販売会っていいものですね・・・本当にありがとうございます。

 

 

壮大な荷物を抱えて設営して・・・仕事で抜けて、また戻って・・・という感じだったので、あんまり周囲をまわる余裕がなかったのですが、どこどなく魅力的で危険なブースが多かったです。

KiKIさんの「棺体験」とか、「きのこアート」の作家さんとか、猫に関連するグッズ、天然石など・・・。(囲ってある危険コーナーもあった・・・行きたかったな)。

文芸もありましたが、グッズ、アクセサリー、同人誌、などなど、個性あふれる品物が多く、デザインフェスタを思い出しました。

 

f:id:miya_ma:20211228090458j:plain

 

あまり家庭のことを書くのは気が引けるのですが(すみません)冒頭に書いた、ひきこもりがちの高齢者である夫ですが、事前にNO WAY MANIACSの動画などをみて研究したらしく、家から謎の置物や十字架や聖書を持って来て売ってました・・・

 

インドネシアと関係ない(笑)

 

あと、武田信玄の掛け軸なども・・・掛け軸は看板のようにみえて販売品に見えなかったようで、売れませんでしたが・・・。

 

それで、こういった販売イベントに不慣れな夫でしたが、それなりに売れたり、ルネッサンスの話で盛り上がるお客さんがいたり、とにかく、とても楽しかったようです。

 

ほんとうに楽しかったようで、いま別居しているのですが、ずーっとラインで芸術論や美学の話を書いてきます、どんどん・・・どんどん・・・

 

こっちは返事してないのに・・・どんどん・・・どんどん・・・

インド美術、ヘーゲルの美学、ラテン語の聖書、アジアとヨーロッパのこと・・・

 

わたしにゃわからない・・・

 

誰か歴史マニアのお話をきいてあげてください。

 

ともかく、ひきこもりがちの高齢者が、販売行為を通じて仲間に出会い、昂奮してしまって、ちょっと大変ですが、元気が出たようです。高齢者にフリマ、案外、楽しいのではないかな・・・そんなことを思いました。

 

そんな楽しい思いをさせていただいた主催の方々、仲間の皆さま、隣で見守ってくださった青条さん、ありがとうございました。

 

f:id:miya_ma:20211228090749j:plain

 

荷物がすごくて、やっぱりわたしは肩や腰を痛めてしまった気がします。いててのて。

ちょっと無理しすぎたかしら。養生します。

 

ところで点滴夜行リミックス版がサブスクリリースされました。

これで年内の仕事は終了かしら、よかった。

 

big-up.style

関心ある方はきいてみてください~。

 

ではではおやすみなさい。