駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

トキワ荘マンガミュージアムは東急直通ではなかった

f:id:miya_ma:20210924211157j:plain

これは何でしょう?

 

はい、「まつば」ラーメンの残り汁と、青くカビたパン・・・

 

実は、展示物なのです。

 

そう、漫画の聖地・トキワ荘の、みごとに再現されたキッチンだったりします。

 

ほんと、良く出来てますね・・・ちょっと不潔を感じるほど。

 

せっかくのお休みの秋分の日。

予約をとって、トキワ荘マンガミュージアムの少女マンガ展に行ってきました。

f:id:miya_ma:20210924211147j:plain

 

わたしがリアルタイムで読んでいた少女漫画は1970年代後半から1980年代なので、リアルタイムで見ていた絵とは違う感じですが、

少女らしい少女がそこに描かれていたあの頃、リアル少女だったわたしからみても、まぼろしのような世界、懐かしい気もします。

 

トキワ荘は・・・ざっくりいえば、池袋の近くにあります。

これは池袋にあった「かける君」のポスター。

 

f:id:miya_ma:20210924211210j:plain

東京メトロらしい、色彩も喜怒哀楽もメッセージもハッキリしたポスターです・・・。

かける君は可愛いですけど「駅乃みちか」はどこ行った・・・。

 

さて、トキワ荘に、交通はどんなふうに行けばいいのか?

悩みます。

以前にもトキワ荘に行ったことはあったのですがその時は大江戸線の駅から行ったような気がします。

大江戸線がもっとも駅から近いのですよね・・・。

 

今回は西武池袋線東長崎駅から行こうと思いました。

 

f:id:miya_ma:20210924211207j:plain

愛しの西武線・・・。黄色い顔した憎いヤツ・・・。

 

なにしろ、わが東急から直通している西武池袋線・・・

いや、あとで、直通してなかったことを知るのですが、

なんか行きやすいのではないかと・・・

誤解してしまった。

 

 

わたしは、西武線の制服はとてもとてもとても良いと思うのですが、西武線の路線にあまり詳しくないのです。

西武線は・・・とても素材の良いキリリとスマートな制服でいかにも鉄道員という感じの美しさがあるのですが・・・・そんな美しさとは関係なく・・・西武線は複雑で、なかなか安心して乗れません。

 

西武線

黄色い顔した憎いヤツ。

池袋線新宿線という二つの線があったり

豊島園に行ったり

国分寺線多摩湖線などややこしい線もあったり

なかなか理解の難しい路線です。

 

そんな西武線が、近年、我らが東急線西武池袋線副都心線を結んで直通で繋がれたという知識があったので 「東急から直通で東長崎駅に行けるのではないか」と一瞬思ったのですが・・・

 

そうではなかったのです。

 

以下のような感じで・・・。直通していなかったのです。

 

 

f:id:miya_ma:20210924211221j:plain

(ヘタな絵だな・・・・)

 

東長崎駅は東急から直通する西武池袋線 に含まれていない駅でした。

西武池袋線池袋駅は2つあり、 池袋から近い東長崎屋江古田に行くには 西武池袋線の 始発である池袋駅から行かなくてはいけません。

そのようなわけで池袋駅副都心線から西武池袋線の始発である駅にテクテク登って

やっと到着しました。(説明が下手だな・・・・)

 

f:id:miya_ma:20210924211140j:plain

着いた~。

 

f:id:miya_ma:20210924211145j:plain

駅にはライオンが二匹・・・。マンガの聖地、としま、ですって。

 

f:id:miya_ma:20210924211138j:plain

東長崎駅前は、本当に、ふつうの、大きくもない駅前通りでした。

マクドナルドで行列する豊島区民たち。

駅前に西友

商店街に喫茶店・・・。

古いものも適度に残り、暮らしやすそうな町です。

 

一度だけ角をまがり、まっすぐゆけば徒歩10分程度で到着です。

 

昭和と令和が会話する公衆トイレ・・・。

 

f:id:miya_ma:20210924221818j:plain

9月にしては暑い日で、ベンチに休むおじいさんたちがいました。

 

さてトキワ荘ですが、漫画の生原稿、いつもじいっと見てしまいます。

(撮影可能なお部屋の写真です)

f:id:miya_ma:20210924211152j:plain

豊かな線だなあ・・・。

 

f:id:miya_ma:20210924211153j:plain

線がきれいというか、生き生きしていますね。

デジタルなんてない時代、実際に漫画家の先生方が引いた線というところに感動をおぼえます。

 

少女漫画も、リボンの騎士をはじめ、ひみつのアッコちゃん、など、可愛くて色気のある絵がたくさん飾ってありました。

試行錯誤に切磋琢磨・・・

女の子というものに夢を見ていた時代があったのだなと思いました・・・。

 

率直にいえば、リアルタイムではあまり赤塚先生の漫画が好きではなかったのですが、1枚もので見ると可愛い絵だなぁと思いました。

秋らしい絵が良かった森安なおや先生と、赤塚先生のまつげちゃんの絵ハガキを買いました。

 

自分は残念ながら夢だった漫画家にはなれませんでしたが、

たぶん漫画のお仕事と同じように、

いま、仕事の原稿を、必死に作っています。

 

そんなとき、時空を超えて、トキワ荘の先生方がいっしょに頑張っているような気がして、わたしもがんばろうと思えるのです。

 

帰りは、のどが渇いていたので、

東長崎駅前の喫茶店「オリーブ」でコーヒーを飲もうと・・・

f:id:miya_ma:20210924211203j:plain

・・・思ったのですが、モーニングもやっていたので、ついついオーダーしました。

 

これで530円、お安い。

f:id:miya_ma:20210924211200j:plain

見えづらいですがゆで卵もあります。

トーストが意外にボリューミーで、満腹になりました。

 

ふぅ。

 

この喫茶店には、ひとり客のおじいさんが多くいらっしゃいました。

どうみても80歳を超えているおじいさんも、ゆっくり立ち上がり、コーヒーをストローですすっていたり、咳をしたりしていました。

スポーツ新聞を読んだり雑誌を読んだり、ひとりで過ごすお爺さんの群れ。

(あまりスマホは読まない・・・。)

みなさん常連のようです。

 

未来のデイサービスは、ひとりで向かい、ひとりで過ごすカフェ、かもしれません。

町中が高齢者施設のような東京の街で、ときに昭和に触れることで元気をもらいつつ

アイスコーヒーの氷の溶ける音をシャカっと聴きながら

敬老ウィークは優しく過ぎてゆくのでした。

 

わたしも喫茶店で過ごすおばあさんになろうと思いながら、来た道をそのまま帰宅しました。

 

おわりです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなこんなで仕事が忙しいせいかたまに休みがあるとすかさず遊びに行ってしまいますね。

金曜日は事務所開放日で、手芸をしたりすることもあります。

 

f:id:miya_ma:20210924211216j:plain

f:id:miya_ma:20210924224906j:plain

先日は冬に備えてルームシューズ作りました。

 

下手くそな素人手芸でお恥ずかしいですけどBASEにもいくつか手芸品を販売しています。

 

383.thebase.in

今後もアホな商品を増やしてゆきます。

 

都内の新規感染者数が300以下になってきて、新型コロナも少しだけ収まってきてよかったです。

この間に、いろんな美術館とか行きたいなあと思います。

 

ここをお読みのみなさまも、良い秋を楽しんでくださいね。