駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

現代美術館から亀戸へ、そして自転車で新橋へ

f:id:miya_ma:20210613223531j:plain

マーク・マンダース展より・・・。どこか不穏な、穏やかな寝顔。

 

あんまり美術に詳しくないわたしですが、美術館に行くのは大好きです。

古いものより新しい美術が好き・・・

というわけで現代美術館に行こうと思いました。

 

いま、予約制なんですね。

ひとまず、サイトから予約できたのが「マーク・マンダース展」だったので

予備知識はないのですがそれを申し込んで、行ってきました。

 

f:id:miya_ma:20210613223752j:plain

いつも現美にいくときは、行き方に迷ってしまいます。

大田区からは行きづらいのです。

 

ゆりかもめに乗ってゆけば辿り着きそうな気がして・・・いや、だめか・・・。

 

結局、蒲田からだと新橋からスカイツリーゆきのバスが正解のようで、

それに乗りました。

 

バスの本数は多く、それだけお客さんも多いという感じでした。

わたしは始発からなので座れましたが、銀座や築地でどんどん乗り込んでくるご高齢の方が多すぎて座れない、座れない、という感じで・・・混んでいました。

 

・・・ん?緊急事態宣言とは・・・?

 

f:id:miya_ma:20210613224046j:plain

怒りとオリンピックは並べられる・・・。

こういうポスターをみるのも時代を感じます。

 

いつもながらバスの車窓、水や川の多さ、橋の多さには癒されます。

 

江東区などの風景は、大田区の見慣れた風景よりもひろびろスッキリしてみえました。

 

美術館、って、どうしてこんなにワクワクするのでしょうね。

 

f:id:miya_ma:20210613224155j:plain

 

予備知識なしで行ったのですが、とても良かったです。

 

巨大な人の顔に板がはめ込まれているような彫像が多かったのですが

郷愁・・・というのか、思春期の身体の重い感じというのか

物語から切り離された素材の孤独さとユーモア

だけど確かにある、物体のずっしりした重み・・・そんなものを感じました。

 

f:id:miya_ma:20210613224431j:plain

きつね?

猫やネズミの存在感も良かったです。

 

ぬいぐるみみたいなものではなく、日常的に家に居る動物、といった感じでした。

 

f:id:miya_ma:20210613224552j:plain

この椅子をみたとき、台風19号を思い出しました。

 

あのときは、さぞかし多くのものが土砂にまみれて流されていったことでしょう・・・。

そして、かつてそこにあって、もう今はなくなってしまった暖かい団欒のことなど、考えてしまいました。

 

「マーク・マンダース展」は、自分にとっては感性があうという感じで、とても良かったです。

 

 

「Tokyo Contemporaruy Art Award 2019-2021受賞記念展」

というのも見てみました。

 

風間サチコさんの版画がとても迫力ありました。

これら家の版画は初期作品(1997年ごろ)とありましたが・・・ああ、あのころだ・・・とても、既知感のある、ぐっとくる風景です。

f:id:miya_ma:20210613225227j:plain

わたしも、10代のころ、

横浜市青葉区(むかし緑区だったところ)~厚木などに住んでおり

こういった、立派な、綺麗な、夢のある一戸建てはよく目にしておりました。

厚木の山の上の建てられた青山学院大学、もう今は撤退しましたが・・・

あの、森の里のこうした家々の、ローンを組んだ主たちは、

高齢者となり何を思うのでしょう、

人生はとても楽しかったと振り返っているのか

あるいは幾人かは透析を受けて、癌になり、認知症になり、倒れて死んでいったことでしょう。

家も加齢する、その、当たり前にこの世にある、崩壊や劣化、老化や死を思わせる、不穏な感じのする版画で、それはまさに自分がここ20年感じて来たようなことでした。

(息子たちは お元気でしょうか?)

 

f:id:miya_ma:20210613232000j:plain

時は流れる・・・

主観的にはさまざまな速さをもちながら

客観的には、同じ、長さで・・・。

 

自分も加齢することを知らされる。

ああ、シミ シワ しらが・・・。

 

過去であるはずの美術作品が、なぜか時の流れをもち、未来を指し示すようで・・・

 

美術というのはそんな役割を持っていると気づかされました。

 

f:id:miya_ma:20210613231808j:plain

途中のカフェ(というか、ケーキ屋さん)で、腹ごしらえしました。

イートインにいるのはわたしだけでした。

 

他にもおいしそうなケーキは多かったのですがダイエット的にうーむと考えて、シュークリームを選択・・・

 

濃厚で美味しかったな・・・ダイエットにいいのか疑問ですが。

 

f:id:miya_ma:20210613225742j:plain

 

ついでに?

亀戸アートセンターに行って ドキドキクラブさんの新作?みてきました。

東大島駅で降りました。

地下鉄と思いきや、橋の上にある。とてもきれいな駅で、駅員もバッチリ、立ってお仕事していました。

駅が長くて大きいので、駅員の存在が儚く、芸術作品の続きのように感じてしまいました。

ああ、折り目正しくグレイに染まる、都営の、駅員。

 

 

 亀戸アートセンター (KAC) は白くてきれいなギャラリー。

ドリンクなども出してくれるようです。

ドキドキクラブ先生、絵も描くようになったようで、絵が笑えました。

 

動画がプレイされていて、まさに「プレイ」という動画だと思うのですが懐かしくみました、何度見ても面白い。

 

非エロ本(メンズ)をGETしてきました。

そういえばこのあいだ、男性の方と話をしていて思ったのですが、わたしは性愛の対象はやっぱり男性なんだなあと改めて思うのです・・・男性っていいものだなと思ったりする今日このごろです。

 

駅員の服も男性用のほうが好きですね。

ああ

男が

好きじゃあ・・・。

男って、いいわ・・・。

 

f:id:miya_ma:20210613230842j:plain

帰りはそのまま東大島まで歩いて帰ればよかったのですが、

なんかせっかく来たので、城東の風景を味わいたい・・・とも思いました。

 

大田区は23区の西南側ですが、江東区は東側で・・・そういえば令和島の面積を取り合ったのだったな・・・海に面していますが江東と大田のアクセスは良いわけではありません。

 

そういえば以前、ドコモシェアバイクの会員登録したなあと思って、シェアバイクで行けるところまで行こうと思いました。

 

亀戸から・・・ひとまず南へ・・・

 

しかしあまりに南に行くと海なので

 

適度なところで 西へ・・・

 

すると永代橋が出てきました。

 

f:id:miya_ma:20210613231213j:plain

ブルーの鉄骨。綺麗な橋ですね。

 

自転車は気持ちがよくて、どこまで行こうかなあと思ったのですが、結局、新橋で降りることにしました。

 

そして、今回も返却処理がうまくいかなくて、あわててサポートに連絡をしましたが

1時間後くらいに処理されましたというメールが来てほっとしました。

 

f:id:miya_ma:20210613231739j:plain

(風間サチコさんの版画)

 

美術にふれるのはいいですね。

感性を耕されるような、幸せな時間でした。

いま、絶対だと思い込んでいることは、本当に、儚いもので、絶対なんてことは、ひとつもないのだ・・・。

そして刺激を受けまくってしまい、事務所の白壁やお風呂場に、なんか細工をしたくなってしまうわたしでした・・・。

 

また今週も元気に働けそうです。

 

レコーディングをしたり新刊の製作をしたりしています。

松岡宮のCD音源が買えるのはここだけ★BASEでコンプリートしてくださいませ。

よろしくお願いします。

https://383.thebase.in/