駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

五月、元気にしています。

f:id:miya_ma:20210513225324j:plain

更新ひさしぶりになってしまいました。

五月、元気に生きております。

 

そして新宿への通勤、がんばっています。

 

緊急事態宣言下の新宿は・・・にぎやか。

でもいつもよりは、人が少なめかな・・・高齢者が少ない気がしますね。

 

上の写真のように、お酒を出せない緊急事態宣言のなか、ホストの広告トラックが何台もぶんぶん走っているのは・・・世紀末だなという気がします(世紀末じゃないが)。

 

苦しい沼地に落ちてくる一本の糸はホスト、希望の光のように美しい・・・

東京を闊歩するのは、お金持ちですらなくて、お金、お金そのもの、なのかもしれません。

 

f:id:miya_ma:20210513224802j:plain

本日の東京の新規感染者数は1000をちょっと超えました。

 

東京以外の場所からみれば、新宿への通勤なんて、大丈夫か、って思われそうですが・・・・わたしも確実なことは言えませんが、新宿の人々は、みんなマスクをして、がんばって日々を生きているようにみえます。

 

電車は、各駅停車なら座れるという感じで・・・急行などの速い列車は、座れないことが多いです。

 

昨年の緊急事態宣言のときよりも、出勤者は増えていますね。自分も、昨年の4月は完全にお休みだったのですが、今年は普通に出勤・・・というか以前よりも仕事が増えている気がします。

 

f:id:miya_ma:20210513223113j:plain

雨の日には特に助かる・・・地下通路。

 

新宿の地下には、もうひとつの街のように、地下道が張り巡らされています。

慣れないと、どこにいるのかわからなくなってしまうけれど・・・風をよけて、空気のおだやかな地下道は、ひとに優しい存在のような気がします。

いつまでもひとに優しい道であってほしい。

 

そして地下通路と言えば、東京メトロの駅員さん。

今年から、あの、太いグラフ用紙のようなシャツはなくなりました。

駅員さんたち、シールドの向こうで、普通っぽい、青みの無地の半そでシャツをお召しでした。

東京メトロの駅員さん、駅に日差しが入らないけれど、なぜか、逞しい生命感を帯びて、強い感じがします。

その存在があるだけで、安心で、励まされるのです。

 

メトロのポイント(メトポ)をためていたことを思い出し、メトロの通勤のときだけは、そのパスモを使って通勤するようにしています。

 

f:id:miya_ma:20210513223600j:plain

この写真は2021年5月の、都庁へ向かう地下道・・・

都は、まだ、オリンピックの夢をあきらめていないようです。

未来とは・・・みらいとわ。

ミライトワも可愛いですが・・・国民の健康を第一に考えてもらえるといいですよね・・・。

 

-------------------

 

仕事で忙しいとか言いつつ、創作も忙しかったです。

サブスク配信、がんばっています。

いま配信で聴き放題に入っている松岡のアルバムは3つなのですが、「点滴夜行」もリマスタリングして入れる予定です。そのミックスをずっと行っていました。

 

やっと、なんとかマスタリングに出すという段階まで来ました。

ちなみにSpotifyへのリンクはこちらです。

 

open.spotify.com

アルバムのうち、アソルハーモニクスさんが原盤権を持っている「Limited Express 383」だけは配信のめどが立っておりません・・・が、原盤権を持っている森社長に「点滴夜行」のマスタリング依頼しましたので、配信予定についても尋ねておきたいと思います。

 

CDの盤はAmazonでも品切れですが松岡のBASEサイトで通販しています。

 

383.thebase.in

本づくりも、けっこう、がんばっています。

皆さんにも期待していただいているようで、ありがとうございます。

フリマで売れないよーと言ってるだけの日記、来月くらいに完成できたらいいな。

 

忙しいのですけど、意外にがんばってるな・・・>自分。

 

気候がよい五月、感染に気をつけつつ、気持ちを開放してゆきたいですね★