駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

カラッポの通勤列車

f:id:miya_ma:20201117233430j:plain

 

カラッポの通勤列車


からんた からんた
高架線をわたるカラッポの通勤列車
列車越しに見えた空


それは
乗客がたくさん乗っていれば見えないはずの
たくさんの 四角い空

からんと からんと
緊急事態宣言のなか
1分の遅れもなく終着駅に到着する
カラッポの通勤電車

 

暮れてゆくこの空を ステイホーム中のみなさんに お届けします

 

f:id:miya_ma:20201117233455j:plain

みなさん こんにちは。

上の詩「カラッポの通勤電車」を書いたのは春のこと・・・ですが

今は込み具合も元に戻ってきているようで

よいのか 悪いのか・・・。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

そういえば、山手線の田町ー品川間を、2018年と2020年で比べる動画を作りました。

こちらです。

 

youtu.be

2018年の動画が特にへたくそすぎてすみません。

2020年のほうには高輪ゲートウェイ駅があるのはわかりますが

それ以外はあまり大きく違わないようにみえてしまった・・・

 

新駅ができても 相変わらず さびしい風景です。

 

なぜ2018年の動画があるのかといえば・・・

神楽音のイベント用に録ったものです。

青条さんのロマンチックな新駅ポエムのバックに流れました・・・

 

youtu.be

このときは、駅の名前が高輪GWになるとも知らずにいました。

 

鉄道は、ほんとに移り変わりがはやい。

季節の花のように その姿を変えてゆきますね。

 

この記事の冒頭の、カラッポの通勤電車の写真は

下丸子手前の東横線ですが

新型コロナウィルスの影響でカラッポになり

終電が早まり

鉄道そのものが 生活から少しだけ 影をなくしてしまうような寂しさがあります。

 

ふと、気づきました。

 

鉄道は集団で移動することを想定しているのだと。

 

車のようにひとりで移動するのではなく

集団が同じ空間に居る移動手段なのだと・・・

 

ああ、コロナの折には相性が悪いですね。

電車にいっぱい乗ろうと思います(唐突)。

 

ではでは おやすみなさひ。