駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

日比谷線車掌のノーズ・リッジ

f:id:miya_ma:20201006223842j:plain

人生初、都立図書館に行きました。

 

貸し出しは出来ないようですが、いちど行ってみたくて、予約しました。

今週辺りから受付人数を増やすようですが、わたしがいったときは少人数の予約制だったので、ほんとに人が少ないという感じでした。

 

場所は、日比谷線広尾駅から、有栖川宮公園のなかを上って、8分ほどです。

あまり広尾という場所になじみが無いので、

街におしゃれなパン屋さんが多くて

外国人も多くて

独特の雰囲気のある街だなと思いました。

日本人の考える架空のパリみたいな街です。

 

f:id:miya_ma:20201006224232j:plain

都立図書館では、職員さんがわりと多くて、検索など教えてくれるのですが

あまり調べてる本のことを知られたくなくて・・・・

ひとりでやってたら

よくわからなくて・・・・

それでも 目指す本棚に行って 何冊か本を読むことができました。

開架にあるのは新しめの本が多かったです。

予約は3時間ごと。

2時間半ほど いろんな雑念から逃れて しーんとした中で読書するのは 楽しかったです。

予約制ということもあり ずっと読書していたいと思わせる この 微妙な強制力が

学生時代のようで 気持ちが良いな・・・。

貸し出しは出来ないのですが 読書をエンジョイしました。

図書館を出たらもう21時!

広尾はいわゆる繁華街という感じではないので・・・そのままおうちに帰りました。

 

f:id:miya_ma:20201006224654j:plain

 

日比谷線車掌のノーズ・リッジ

 

マスクの鼻の部分をしきりに抑えた車掌が目の前を滑っていった

鼻とマスクの間が大きくあいているとそこから呼気が抜け出して

呼吸は楽だが用をなさなくなる可能性もある

だから真面目な車掌は白い手袋で白いマスクの鼻を押さえる

車掌に鼻筋があったとは思わなかった

地下鉄も秋模様の風が吹き

この秋はじめて上着をはおった車掌の

身体をまとう風が・・・どこか・・不慣れだな・・・おかしいな・・・

日比谷線の車掌の身体を吹き抜ける風

それを止めなくてはと思って

車掌はマスクの鼻を押さえる

列車は止まるな 風 止まれ!

その動作は 車掌にはなかなか見られないもので

車掌にも まっすぐで素敵な鼻筋があることを 

わたしに

教えてくれるものだった

 

f:id:miya_ma:20201006225535j:plain

わたしは あんまり 人の顔立ちがわからなくて・・・

人の見わけもつきません・・・みなさんごめんなさい。

なので 

車掌に鼻筋があるッ

なんてことに興奮してしまったのですが

そういう目で見ると 日比谷線にだって 鼻や鼻筋がありそうですね。

ずいぶん平らかなお顔です。

電車って全般的にハンサムですね←見分けついてない

 

 

f:id:miya_ma:20201006225837j:plain

 

図書館も楽しかったですけど 在宅ワークが多いので たまの外出や電車が 幸せです。

もちろん各駅停車を選んで乗って・・・ずっと乗っていたい・・・

カミュの「ペスト」最後の方を読みながら電車に揺られていたけれど

ずっと読んでいたいのに目的の駅についてしまった。

「ペスト」

最後の方でわりと収まるのですよね。(ネタバレごめんなさい)

収まってきたら ステイホームの我慢がウソのように・・・その反動もあって・・・我々もお祭り騒ぎしてしまうのでしょうね。

たくさんの悲しみのことなど忘れて お祭り騒ぎになってしまいそう。

電車は読書に最適ですね。

居眠りにも最適で、人間っぽい車掌さんもいて、やっぱり電車はいいものだなあ・・・。

 

広尾はわりと近いのですが もっと遠くへ 各駅停車で出かけてみたくなりました。

どこがいいかなあ。

秋はどこも風景がいいですね。

考えただけで幸せです。

いやほんと、人は家にこもっていては辛いものだと思うし、衣食住だけが足りていればいいというものでもないことが、よくわかりました。

 

あたらしいこと

楽しみ

わくわくする未来

人との交流

芸術に音楽に書物

移動する感じ

そんなものが 必要なのですね。

 

世界中が、わくわくするような明日を夢見て過ごせたらいいのにと思います。

 

おやすみなさひ~。 

 

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD