駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

若き血に燃ゆる慶應義塾大学

f:id:miya_ma:20191206111708j:plain

 

慶應義塾大学・三田キャンパスに行きました。

 

都営三田線の三田から歩いてゆけます。

 

うちからも交通アクセスが良いはず・・・なのに・・・三田線三田駅の存在感が いまいち少ないせいか

うちの夫も「田町から行くんじゃないの?」とか言ってますし

実際あまり行ったことが無い三田キャンパス・・・

交通至便で早く到着できました。

 

しかし迷子になった・・・

 

 

f:id:miya_ma:20191206111839j:plain

土地勘がないために三田からは迷いました・・・。

 

ラソンをやっていて通行止めになっていたりしたせいもあったかも・・・。

秋晴れの美しい日

都内南部の並木が紅葉して秋を告げる

この街並みを堪能していたかったですが・・・

 

f:id:miya_ma:20191206112001j:plain

おお、ホンモノっぽい制服さん・・・東京消防庁の方ですね。

手袋と靴のごつさに、駅員ではない警察消防系だなと感じさせる力強さがあります・・・。

制服がきれいというより背中がきれいだ

制服は身体をつくるのだ、きれいだねえ・・・

右のカエル二匹とずいぶん違う精神性を体現した身体だ・・・

 

f:id:miya_ma:20191206113035j:plain

グーグルマップでやっとたどり着いた義塾は・・・

伝統校らしく

美しいキャンパスでした。

 

f:id:miya_ma:20191206113116j:plain

秋の終わりを告げるあざやかな樹

慶應の銀杏って有名だったんですね

東大みたいに臭い銀杏ではなく・・・とても端正でした

 

f:id:miya_ma:20191206113120j:plain

校舎も風情がありますね・・・。

福沢諭吉の精神を感じます(てきとう)

f:id:miya_ma:20191206113455j:plain

 

何気ないけど美しいな・・・・

 

f:id:miya_ma:20191206112851j:plain

新興校で仕事をすることが多いと 固定式の机椅子がほとんどで

こういう机椅子ってあまり無いので

懐かしいですね。

学生さんの体格も個人差があるし自在に動かせるほうがいいなあと思うので

こういう教室は居心地が良いですね。

 

f:id:miya_ma:20191206113310j:plain

f:id:miya_ma:20191206113307j:plain

慶應といえば万年筆ですが

マークにも向きや上下左右があるのですね・・・

当たり前だ!

 

慶應水あやうく買うところだった・・・・

 

 

f:id:miya_ma:20191206113253j:plain

若き血に燃ゆる全裸の慶応塾生!

 

 

f:id:miya_ma:20191206113713j:plain

日吉まで直通なんですね~。

 

今まであんまり三田線のことを重視していませんでしたが・・・

(ごめん)

時代は高輪ゲートウェイ

三田線も使いこなすと 便利そうですね。