駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

上野ー仙台を常磐線だけで

仙台まで行くことになったとき、

普通ならば新幹線で行くところですが・・・

せっかくなので、

原発事故の影響で途切れて代行バス区間のある常磐線で行こうと思いました。

上野から仙台までを、すべて常磐線でゆく旅です。

 

f:id:miya_ma:20191129230907j:plain


上野を朝8時に出る特急ひたち号。

終点のいわきまで行く予定。

 

全席指定なので 席が無いということはあまりないようですが

「Youは何しに茨城へ!?」

ってくらい 混雑しておりました・・・

指定席券がなくても乗り込んで

ひとまず赤いランプのついている座席に座ってよいようです。

 

f:id:miya_ma:20191129233845j:plain

ああ、いばらき。

人気度が低くとも、住んでいる人はみな、いばらきとても良いところだという・・・離れられないという・・・

しかもひたちは満員で

人を呼ぶ、魅力にあふれた、いばらきけん・・・

と書きながら

わたしは いわきが 茨城県のような気がしておりましたが

福島県なのですね・・・。

ああ、すみません。

 

f:id:miya_ma:20191129233927j:plain

 

いわきから富岡まで行きましたが

普通列車なのに 昔の特急列車みたいな列車だったので 

何やらお得な感じがしました。

向かい合わせのボックスシート

おばあさんが向かいの座席に足をのっけている

となりの4人掛け向かい合わせボックスも男性が足をのせている

おばあさん

となりにわたしが座ると足を下ろす

 

向かい合わせのボックスシート茨城県民の足のにおいがするようだ

 

f:id:miya_ma:20191130080538j:plain

富岡駅です。

海の近さに驚きます。

 

f:id:miya_ma:20191129233906j:plain

 富岡の駅は新しく綺麗で、それがかえって震災被害の大きさを感じさせました。

駅の近くにみえる海は優しく凪いで、

こんなに優しい海が大きな被害をもたらしたことが信じられないほどでした。

 

f:id:miya_ma:20191129234244j:plain

除染作業を行っており、春には運転復旧できそうとのことです。

新しい踏切は、まだ客車相手の仕事をしたことがないのですね。

富岡駅の綺麗な踏切は、

カンカンと音を鳴らして列車が通り過ぎるのを待ち望んでいるかのようでした。

列車が通らない踏切は

線路の溝に砂がたまって 使われていないぴかぴかな感じ

上野に繋がる日をまっているようでした。

 

富岡から浪江までは帰宅困難地域になっており、代行バスに乗ります。

帰宅困難地域

代行バスからの車窓風景は、ひとがそこで暮らしていた形跡があり、

ここにお住まいの方々は、どんなにつらかったことだろう・・・と思いました。

 

f:id:miya_ma:20191129234114j:plain

いつかどこかの子どもが夢に満ちて遊んだ

ゲームセンターが

かなしい。

 

同じ日本で原発事故があったこと、本当に大切なことなのに、

日々の雑事に紛れて忘れそうになります。

 

ふくしま復興ステーションのウェブサイトより、避難指示区域のイメージ

という地図がわかりやすかったです。

(平成31(2019)年4月10日時点)

f:id:miya_ma:20191130081142j:plain

海沿いだけでなく、内陸に向かった地域もまだまだ帰宅困難なのですね。

浪江の駅から仙台までは 鉄道が復旧していました。

ただホームの半分だけしか使えないようになっていたのが

まだまだ 震災の爪痕を感じます。

 

f:id:miya_ma:20191129234258j:plain

 

f:id:miya_ma:20191129234201j:plain

 常磐線は多くの方の努力もあって2020年春には全線復旧を目指しているそうです。

早い復旧を祈りますが、原発事故の影響で常磐線が途切れてしまった日々があったことも忘れたくないです。

 常磐線が途切れており、途中がバスであるというこの経路こそが震災の記録で、見ておいてよかったです。

 

f:id:miya_ma:20191129234310j:plain


7時ごろ家を出て、14時台に仙台に到着しました。

乗り物酔いするわたしは新幹線では本も読めませんが、普通列車だと読書もできるので、とても豊かな移動時間でした。

 

新幹線は速さという点で素晴らしいけれど、そればかりが価値観ではないなあと思いました。

なかでも普通列車の旅のすばらしさ、また旅をするならゆっくり鉄道で行きたいです。

f:id:miya_ma:20191129234353j:plain


ゆっくり長い経路のなかで「鉄道大バザール」など面白く読んでいましたとき・・・

 

ふっと脈絡もなく思い立ちました・・・


「常識とか関係なく、自分のやりたいことをやるぞ、表現したいことを表現するぞ!」
・・・仲間外れになろうじゃないか
・・・ひとりぼっちになろうじゃないか
・・・常識外れの悪い奴になろうじゃないか
・・・多数派の道に行くのはやめようじゃないか
・・・道端でごろごろしようじゃないか
・・・英語の勉強しようじゃないか


この日本で生きづらさを生きづらさのままに生きてゆきたいと

急に思い立ったのです。

旅は良いもの、心を強くしてくれます。

 

へんなテンションでごめんなさい。

 

相鉄線が都心につながる日にこれを書いています。

 

すべての鉄道が安全にまちをつなげてくれる奇跡に感謝です。