駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

駅で疲れ果てる

f:id:miya_ma:20191113204003j:plain

 

疲れて少し休みたいと思ったのだ

通路に座れる場所はなかったのだ

ただじゃ座らせません!

お店に入れば座れるけれど

もはやお金を出さないと座れる椅子は得られないのだ

階段がみえるが階段には座ってはいけないのだ

もう疲れも限界で座ったのだ

階段が断崖のようにみえる

東京の街に出るだけで気分は過酷な山登り

身体の不自由な方にとっては本当に地獄の谷だろう

疲れたわたしにとってもそうなのだ

椅子を持ち歩く必要がありそうだ

f:id:miya_ma:20191113205434j:plain

ひとは多いけれどみんな敵のようにもみえてくる

わたしもだれかの大いなる敵なのだろう

すっと通り過ぎたらOKだ

だけど立ち止まって歌でも歌おうものなら異物!

この街から掃き出されるだけ

なのだ

f:id:miya_ma:20191113205757j:plain

f:id:miya_ma:20191113205849j:plain

 

警告

この付近での、喫煙または座る及び寝る等の行為は、他のお客様の迷惑となり、禁止します。発見次第、警察へ通報します。

 

疲れたわたしはいま

この文章を読みながら座り込んでいるので

すぐに警察に通報されるのだろう

疲労も自己責任

体力のなさも自己責任

ひとを信じていないのだ
ほんの少しでも休ませたりしたらあとが大変だと思っているのだ
ほんの少しでも滞留させたりしたらあとで危ないと思っているのだ
座ることは禁止なのだ
疑いの目を持っているから
すべてを監視カメラでばっちり撮るのだ
疲れた身体に行政は
2020オリンピックに向けてスポーツの秋ですよ!
などと
体力づくりを勧めてくるのだ
 

f:id:miya_ma:20191113210131j:plain

 

虹が出るかと思って

雨上がり 外へ出てみたけれど

虹は いなかった

国道がキラキラ光っていたから まあ いいか

 

在宅ワークが忙しくて事務所に泊まったり買い物したりしていました~。

フリマもまたやりますね~。