駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

熊本県警と新美術館とオープンマイクSparkle

f:id:miya_ma:20191111100402j:plain

 

f:id:miya_ma:20191111101035j:plain

浅黒い肌と鋭い眼光

筋肉質のボディが光る(←まれ)・・・


駅なのに駅員ではなく

熊本県警がたくさんいた

ここは青山一丁目駅

家からも近いので即位を祝うパレードになんとなく行ってみたが・・・

駅から出るのも一苦労

「立ち止まらないで 歩道橋までお進みください!」

の声が拡声器の割れた響きであちこちに投げかけられて

日本ってこんなに明るかったのかしら?

というのが正直な感想

くらくてさびしいひとばかりを見すぎてしまいました

浅黒い肌の熊本県警たちの白いシャツが秋の日差しを照り返す(おおげさ)

人々は何やら明るい表情で混雑を作るよ

よろこんで

笑顔の行列 晴れトーキョー

はいお進みします

はいお進みします・・・

歩いていたら

右手には墓地

こんな一等地に墓地があるのもエリートかしらと思いながら歩くと

左手にやがて乃木坂駅

そして国立新美術館があり

・・・ああ 人って 飛べるのですね!

気づいたらもう美術館に吸い込まれていた

 

さよなら熊本県警のみなさん!

 

f:id:miya_ma:20191111101046j:plain

f:id:miya_ma:20191111101605j:plain

アイスコーヒーを飲んだ後

国立新美術館の「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」

観ました

1940年幻の東京オリンピック

日本の原爆開発

大量生産のものたちに囲まれていること

「1991USSR」の文字に・・・

その頃自分がロシア語講義を受けていたこと

などなど

無意識を意識に登らせてくれる展示でした

 

配布されていた小林エリカさんの詩「彼女たちは待っていた」

とても面白く読みました

運ばれなかった聖火

運ばれようとしていたウラン

落とされた原爆

歴史に学ぶことの大事さを思います

 

そしてわたしは待っていない

 

地面には新しい建物が建ったりパレードしたりするけれど

その昔の歴史を吸い込んでいるので

ときどき ゆっくり 声を聴いてあげなきゃ ならない

 

そしてわたしはそれを待っていない

 

f:id:miya_ma:20191111101615j:plain

 なんて綺麗な場所。

ここを熊本県警が守る任務はないのだ 

さきほど見て来た行列のように

県警が全国から集められてくる必要はないのだ

 

f:id:miya_ma:20191111101957j:plain

日本に居たことに気づいていなかった

わたしは・・・

 

神武天皇の即位から2600年、紀元二千六百年祭の年

>ここは、大日本帝国、帝都東京である

(「彼女たちは待っていた」小林エリカ

 

なんてことに 気づいていなかった・・・

 

美術はいいねえ

そこだけは自由であってほしい・・・

県警さんおつかれさまです。

 

それからやっぱり

小田急線に乗ってしまった

駅員の新しい冬服の襟もとになじめない思いを感じながら

なんとなく下北沢・・・

ここも変わりましたね。

 

f:id:miya_ma:20191111102024j:plain

 

道端でファミチキ食べるも・・・胃もたれしてしまい吐きそうになる・・・

いやファミチキは美味しかったけど・・・

体調がいまいちだったように思う

珍しく ものを かんがえすぎた

 

胃が落ち着かないまま オープンマイクSparkle!!へ

 みなさんコンバンワ

 

実は付き合いの長い(でも細い)紀ノ川さんの作品は自己責任論をすすめたいのかそれが跋扈することへの皮肉なのかわからずちょっと怖かった でも かわらない音にほっとする

下川さん(グニャ)は別役実の「猫貸し屋」はじめてきいたけど面白くて寂しい、かつ、ちょっとユーモラスなテキストでした。猫、貸してほしい!

石川さんは詩の言葉に透明感があって朗読自体が芯があるので安心感があった 恋というか特定他者への愛の作品でしょうか。愛を言葉の筆で描くとあんな感じになるのかな。

かとうしろうさんは、おれのりそうの妹!って感じでスゴイぶれない世界観だった 男の詩だった、あまりに遠いけれど人間と言うのは思いもよらぬ遠いものを考えているのだと知る 別世界の言葉を聴けるのはすごいことだ。

青条さんの詩は 「地震の後 毒ガスの前」の一言にシビレる これだけで95年2月ごろだとわかるし その頃の風景がよみがえってくる 東京や山梨にいろんなものがうごめいていたということに気づかず世間知らずで自分も浮かれていたころだ オウムに入った同級生のKくんもいたというのに 

絢々さん 木枯らしに抱かれて&愛の賛歌の即興作詞 お題をもらって即興で作詞する人ってはじめてみました すごいな・・・作詞AIみたいでした。

森さんというおじいさん 愉快なテンションこれが老人力か あなた髪の毛染めてるのと聞かれた・・・白髪に染める人はいないと思うのだ・・・。

 

松岡は

「高校いっかにぶんのいち年生」と「にんにくしっくねす」。

そういえばどっちも動画ありますね。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

歌詞カードもどうぞ。

 

 

f:id:miya_ma:20191111112401p:plain

 

 

 

お客さんの水道やのお姉さんが酔っぱらって話しかけてくれたりして面白かった

 

今月は、たまたま女性アクトがホスト+松岡のみでした

女性アクト、ふえたらいいですね。

 来月は恋愛講座もあるそうですよ??

 

f:id:miya_ma:20191111102259j:plain

 

分けるのに疲れてしまったんだよ

小田急線と井の頭線

しんごくんとけい太くん

仲良い人とそうでない人

おとこにおんなに犬に猫

救われるべき人そうでない人

価値がある人”価値がない”人

それはいつもわたしの中にある壁

境目を少しずつ取り除く仕事をしている架空の制服が おられます

わたしのなかに

 

 

松岡宮の代表作CD[Ltd.Exp.383]、

ぜひぜひ聴いてくださいませ!

LimitedExpress383

LimitedExpress383