駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

下北沢のわかれ

f:id:miya_ma:20190926191359j:plain

 

かつて 井の頭線小田急線は おなじ会社だった

同じ会社の兄妹みたいな路線

だから

会社がわかれてからも

小田急線の下北沢駅が地上にあったころは

駅構内で改札を通り抜けずに乗り換えができた

でも 

小田急が地下化した いま

見晴らしのよい駅の広場で

井の頭線は京王を帯びて

小田急線は小田急線として

たがいに改札口をもち

たがいに駅舎を持っている

京王井の頭線の駅舎をみればそこには京王だけの案内が華々しい

それぞれが自分を主張する

これが

下北沢のわかれ

わかりやすいけど もう ふたつは ひとつじゃないね

少し さびしい気もします

 

f:id:miya_ma:20190926191444j:plain

下北沢は

ピアノの芽森さんの15分枠オープンマイク

風邪で声が出にくいので みみずん一緒に歌って~といわれ 

行きました。

「どうも~。大田区でいちばんの音痴です」

とか言ったらウケた・・・。

 

オープンマイクなのに緊迫感があったけど松岡は笑顔でにょろにょろしてきて楽しかったです。

 

お店は、音倉さん。

すごくよいお店だった。

基本的には飲食店なのかな

音が良くて 禁煙で綺麗で 観客はチャージなしで

1ドリンクと1フードです。

ピアノ弾き語りが多かったせいか 女性も多く みんなプロみたいに上手かった

上手いことだけがプロの要件でもないのだなと感じた

 

お店では

小学生の笛や楽器をたくさん売っていて

しかも 100円 お安い!

2つ買ったらレトルトの食材をおまけにくれた・・・

いや すごいな・・・

なんでこんな一等地でこの質の高さでいろいろお安くできているのか謎でした。

 

また行きたいです。

 

 

f:id:miya_ma:20190926195559j:plain

 

そんなわけで小田急なんです

10月5日のライブでは小田急線ネタの新作をやります~。

 

f:id:miya_ma:20190920094359j:plain