駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

あずさ近親相姦

f:id:miya_ma:20190915232909j:plain

あずさの広告に このように

若い男性と

若くない女性がいることは

前々から 気づいておりました・・・

 

親子だとは 知りませんでした。

 

女性の名は、あずさ。52歳。

ハイキングと旅行に行くアクティブ母さん・・・。

 

・・・魅力的なおんなの香りが漂ってくるじゃないか・・・

 

息子のかいじは 31歳・・・

キャンプとサッカーが趣味の

ビジネスマン・・・

 

f:id:miya_ma:20190915234836j:plain

しかし 

かいじには嫁のいる気配がないので・・・

かいじはひとりでキャンプをする

そこに おかんが やってくる・・・

 

「ねえ かいじ 一緒に寝ない?」

 

そう 星空のした

ゆりかごの まどろみの 

あの頃のように・・・

 

f:id:miya_ma:20190916002315j:plain

近頃の母は魅力的だという

アダルト動画の人気ジャンルは「魅力的なお母さん」

かいじのお母さんは あずさ

都内からみれば たしかに

かいじよりもあずさのほうが遠くに行く感じがするし

あずさはかいじを包含する

あずさはかいじを抱擁する

だいいち 設定からいえば

あずさはかいじを

産み落とした 

のだ・・・

 

f:id:miya_ma:20190916003447j:plain

あずさとかいじの近親相姦

あずさとかいじの薄い本

父の影はなく

娘の影もない

母と息子だけ

二本のレールの間で繰り広げられる中央線のなかの世界

この完璧な パズルのピース

 

かあさん 明日は 星がきれいでしょう・・・

 

ふたりは今週末

また 星空観察キャンプに 出かける・・・

 

f:id:miya_ma:20190916003819j:plain

今日は、一橋学園駅「学園坂スタジオ」で「弾き語りライブ Vol.2」でした。

主催はピアノの、芽森ちさと さん。

いろいろ気を使ってくれたりして大変だったと思いますが無事に終わりました。

 

芽森さんの弾き語りも聴けました。

素直な優しい気持ちが伝わってきたり 海の底にいるような気持になったりして

よかったです。

原始的な感覚を呼び起こしてくれます。

 

マナさんの弾き語りも 

東スポの歌とか、最高に笑えました。

もう東スポの歌」ってだけで笑えますよね・・・。

 

西武の山川穂高の歌も 爆笑・・・目の付け所がちがうな・・・。

 

すごいお方です。

 

自分は芽森さんのところで「がんばれ みみずん」を歌わせていただきました。

日経イベントではあんなにがちがちだったのに

今回は安心感たっぷりで楽しんで歌えたのが

不思議・・・・。

 

自分のところでは以下の感じで やりました。

 

1.それはどこまでも深い大江戸線

2.恋のフレッチャロッサ

3.Earthquake in Tokyo(With芽森さん)

4・5  My name is 猫である ~ このハゲー

 

ほんとはフレッチャロッサが最後の予定でしたが、

芽森さんが楽譜を探したいというので2番目にまわし

図らずも しんみりした?作品が最後になりました。

 

3.では

オケの音が小さくて芽森さんもわたしもあまり聞こえなかったのですが

もう、ピアノとボーカルで進めていこう!と気持ちを切り替えて

途切れたりはせずにがんばりました。

オケ弱めということは ピアノ強め、ということで

お客さんには、コラボ感があって、好評だったみたい・・・

けがの功名?

 

以下、写真はフーゲツのJUNさんからお借りしました。

 

めずらしく衣装が2種類で

お色直しをしたのでちょっと解説します。

 

芽森さんパートの「がんばれ みみずん」は

普通の女性用スーツにネクタイでやりました。

 

f:id:miya_ma:20190916005023j:plain

曲の歌詞が 

男の子サラリーマンのイメージなので

あんまり派手なものじゃないほうがいいかなと思って用意したのがこれ・・・

PSFAで買った普通の女性用スーツです。

 

デザイン的に、いかにも女性的な曲線になりますね・・・いやだなあ・・・。

 

自分のパートは

駅員さんの衣装でやりました。

f:id:miya_ma:20190916005246j:plain

まったく上着のサイズがあってない・・・

ということもありますが・・・

あんまり身体の線を出さないので 

こっちのほうが自分としてはいいですね。

 

最近、

女性でも男性用スーツを希望する人が増えたというニュースがありました。

あんまり身体の線を拾わないほうがいいの

わかるような気がします。

 

駅員さんはすてきだ!

 

(帽子は手作りです)

 

学園坂スタジオのある一橋学園駅は意外に商店街が賑やかだったりして

マナさんとマルエツに買い物行ったりして 

楽しかったな~。

 

場所柄的に、どちらかといえばPAなどに不自由な感じもありましたが(すみません)

でも、教室みたいなところで手作りで作ってゆくイベントだと思うので・・・

お菓子が出てきたり手作り感がありました。

歌っぽいものより 語りや物語のほうが良かったかも・・・など反省点はたくさんありますがよい経験させていただきました。

 

お客さま~

誘ってくれた芽森さん

スタッフの皆様

ありがとうございました。