駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

国道沿いのスーツ屋さん

f:id:miya_ma:20190905001238j:plain

車掌さんっぽいコスプレをしていると

こころの列車も動き出して陽気になり

出発、進行!って指さしてみると

空には虹が生まれ、

わたしは車掌、わたしは車掌、

ちょっと、気持ちが、あがります・・・

そのときのシャツは男性用のものを使うことが多いです。

男性用を肌に着ていると考えるだけで、なにか、胸がどきどきして、興奮してきます・・・。

襟が大きくて、それだけで、先輩、先輩、先輩に包まれているような、心持ち。

先輩、

おとこってなんてすばらしいのでしょう・・・。

おとこのからだが、やっぱり、ありえないほど特別で、すきなのです。

しかし シャツ衣装も劣化してきて そろそろ寿命かなと思いつつ

先日のクロコダイルのライブで 最後の1枚のシャツを

演出で切ってしまいましたので

次回イベントのために

男性用シャツ!

買いに行きました・・・。

 

行きましたのは 国道沿いの、スーツ屋さん。

 

f:id:miya_ma:20190905001445j:plain

広い店内に、お客さんは、わたししかいません。

入口付近のワゴンにお安い男性用シャツがありました。

 

わあ 

異性の服だわ 

スーツだらけ💛

マネキンのスーツに興奮しながら

ワゴンをあさって自分のコスプレ用シャツを選んでいると

恥ずかしいわたしに

怪しい人影が近づいてきました。

 

あら、何かしら・・・

スーツの似合うマネキンが向こうから近づいてきたわ・・・

 

それは店員でした。

 ソフトに声をかけてきます。

 

「お客様、そちらはメンズでございます・・・」

 

・・・いや・・・

 

・・・わかってますって・・・

 

「お客様、何か、お手伝いできることは・・・首回りとか 腕の長さとかがわかれば・・・・」

 

ああああああ

わか

って

ます・・・

 

というか

 

 わ か ら れ て い る ・・・

 

ようだ

 

わたしが 自分の趣味嗜好のために自分で着る異性の服を探していることが・・・ 

わかられているようだ

 

店の外はバスが行き交う国道で 

川べりに日も落ちた秋のはじめの夕暮れどき

よく冷房のきいた広い店内は都会の離れ小島のよう

ふたりきり残された 変な女性客とスーツの店員

たくさん人がいるように見えるがあれはマネキンの群れなのです

ここは いわば マネキン畑なので

風が吹けばスーツのひまわりが一面にたなびき咲き乱れる

国道沿いのスーツ屋です

いらっしゃいませ あそぼうよ

スーツを綺麗に着こなしたマネキン店員にそばに立たれ わたしたちふたりの間には

見えない電線が 張られる・・・

・・・店員、見えてるんだろう・・・

・・・わたしの興奮した交感神経が 見えているんだろう・・・わたしはすっかり見通された気持ちで恥ずかしさの海におぼれる・・・そうですわたしは変人ですよ異性の服を着たいからここに来たんですよハイ・・・夫の服を選んでますとか言えばよかったけど・・・いちばん小さいシャツ下さいって言ってしまって、とかとか、もうだめだ、バレてる絶対バレてる・・・何かがバレてる、あなたにも、そう、マネキン店員のスーツにも興奮している・・・電気が伝わっている・・・自分が光を放ち始めて燃えている、もうだめだ・・・

 

いま わたしに 触れたら危険だ、店員さん・・・

 

あの、車掌モードに、入り込んでいる・・・安全確認をしてしまうかもしれない・・・

 

f:id:miya_ma:20190905003938j:plain

その マネキン店員がわたしに言った。

「女性用はあちらに ありますよ」

そして、少し離れた場所を指さした・・・スーツの腕、伸びて、その動きが、語りかける、お客さん、ほらぁ、女性用のコーナーにもブラウス、ありますよ、就活にもぴったり、女性もいろんなサイズを展開、試着用のブラウスもあるんですよ、バスト、肩幅、試着はいかが?ああ、試着してください、試着してください、試着、しましょうよ・・・

 

店員は、とにかく女性用ブラウスを試着させたくてたまらないといった様子だった。

 

f:id:miya_ma:20190905004229j:plain

・・・いや わたしは 異性の服が 着たいのだ!

とまでは

言わなかったが 

・・・こっちでいいです・・・

わたしはそっと 男性シャツを差し出し お会計をした

店員は

「・・・腕の長さがどうかなあ長いんじゃないかなあ・・・」

とか 最後まで納得行かない様子だったが 会計をしてくれた。

ずいぶんお安かった。

それから会員カードを作らされたりアプリに入らされたりして

個人情報 丸はだか の まま

「今夜、異性の服を着て真っ先に何をしますか」の自由記述欄や

「あなたは車掌フェチなんですね」という質問にチェックを入れたら

買い物は終わった

国道ぞいに夜が来ていた。

マネキンのスーツ店員さんとずいぶん長い時間を過ごしたようだ。

ありがとう、楽しかった。

いちばん下のボタンは外すんですね・・・

むふ。

また来ますよ。

異性の服を着るという興奮が いつかあなたに伝わると、いい、直接、電線みたいな、伝わり方でも、いい、から。

 

ああ

スーツすてき、しぬ。

 

f:id:miya_ma:20190905005928j:plain

スーツすてき、しぬ。

 

次回ライブです~。

15時開場、薄暮タイム~。

こういうスタジオ的なところって、いいですよね。

 

f:id:miya_ma:20190905005410j:plain