駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

夏が内側からやってきた

f:id:miya_ma:20190803000253j:plain

DT・・・田園都市線の渋谷駅プラットホーム

Z・・・半蔵門線が乗り入れる中継地点

ZZZZ・・・

眠くて倒れそうになる酸欠の人いきれ

いつも混雑するその駅には

不釣り合いなほど大きなディスプレイが無数に飾られ

にぎやかな声 華やかな言葉で

おとなだまし

おとなだまし

する

ああ 要するにテレビだ・・・

画面の向こうの世界が本当の世界であるかのようだ

あなたの目や耳に語り掛ける ひいては脳に語り掛ける 

言葉でできた夢の世界は

もろい宮殿

かわいた素麺

 

ほうら、混雑も、つらくない、つらくない・・・

 

ディスプレイの人物は そこにいるかのような顔をして

まやく!

乗客の群れに語り掛ける

逆に 警備員は まるでそこにいない人であるかのように

落ち葉!

気配など消して ホームの安全を見守っている

DTーZの継ぎ目のディスプレイ

ここが ここである自信が

なくなってきた

 

f:id:miya_ma:20190803000612j:plain

どっぷりと暑い日に・・・

猫は

風の通り道を知っているね

そうか そこが 涼しいのか・・・

 

しかし そんな 管ばかりの隙間で眠ることもないのに・・・

いい顔で 寝てました

 

f:id:miya_ma:20190803000734j:plain

 

ライブに向けて 詩づくりなども頑張っています。

ありがたいことですね。

8月31日

9月1日

みにきてくださいね。

 

f:id:miya_ma:20190719021139j:plain

 

f:id:miya_ma:20190719021148j:plain

f:id:miya_ma:20190719021234j:plain

f:id:miya_ma:20190719021244j:plain