駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

副都心線ができてよかった荻窪行き

このポスターは、東京メトロアプリの広告ですが・・・

いっけん 白い服の女性や若いサラリーマンが主役のようで

実は鉄道員がちりばめられている・・・

それも 脇役なんてレベルじゃなくて

俺、おれ、オレ!!

という感じに

夏服 冬服 警備 保線・・・

あらゆるバリエーションの東京メトロマン!?が 

見る者に 自己主張を はじめる・・・

 

f:id:miya_ma:20190624112419j:plain

 

(↓)この駅員さんが素敵・・・

スマホの角を まもってくれるのね・・・

f:id:miya_ma:20190624112645j:plain

ああ、スマホに住む駅員。

スマホの左下をがっちり守ります・・・。

f:id:miya_ma:20190624112406j:plain

スパークルというオープンマイクから生まれた企画スパークルフェス!

場所は荻窪ドクターズバーでした。

東急沿線から荻窪に行くのに

かつては、渋谷から山手線で新宿に行って、中央線に乗り換える、というルートでした。

しかし副都心線ができた今は

新宿三丁目丸ノ内線に乗り換えて荻窪まで・・・・

いや~

このルート、最高ですね。

新宿三丁目、最高です★

 

f:id:miya_ma:20190624113946j:plain

この写真はリハ中の青条さん(青)と絢々さん(赤)です・・・

ウッディーでやや狭いステージ。

本番は、時間的にも引き締まった舞台となって、練習していてよかったと思いました。

女優の絢々さんは主催としてずっと気配りされておりましたが舞台に入るとテンションが変わってむしろシュっとしまった感じになり

青条さんは逆にふだん小さくなっているものが舞台のなかで広がってゆくような感じになった気がした・・・

舞台や詩のちからですね。

 

FBに書いた感想は以下です。

 

★昨日の舞台、無事に終わりました。
本番が一番引き締まっていました。
やっぱり、練習やら打ち合わせやら、最後まであれこれ試行錯誤しただけのことはありました。
★終演直後、冨士山さん青条さんがすごく汗かいてて・・・・熱演お疲れさまでした。
★演者さんって本番を終わるとテンション変わりますね。松岡の詩を読むと、精神の傘がひらく効果が・・・!?
★書き手が予想もしないフレーズがお客さんにウケたりするんだなあと思いました。
★日本語がそれほど完璧でもない外国のお客さまがいらして、「令和?」という感じで尋ねてこられました。
歌詞カードを作ってよかったと思いました、が、次回は英語で説明できるように頑張る!
★なかなか集客というのは難しいのだなと思います。
自分としても、イベントとしても・・・・
(オープンマイク枠が余ってしまってもったいない・・・)
★内輪な感じはしました。
でも内輪が悪いわけではなくて、普通のことだから・・・。
ただそこに甘えず作り手としては内輪の外に出す意識で作品作りを心掛けます。
★来週のウクレレエイド(クロコダイル)で今回のテキスト自分一人で再演しようかな・・・。
★サラダもカレーも、おいしかった。禁煙なので場がクリーンでよかったです。
★わりとさらりとした音楽系の方が多めのなか、演技っぽいエンドク2.1さん、存在感あってウケました。たぶん「言葉」が強いのだろうなあ・・・。
★共演の冨士山さん青条さん、主催の石川さん、ご来場の皆さん
ありがとうございました。

 

・・・

そう、やはり外国からのお客さまがいらっしていました。

日本語がそれほど得意でない方がいらっしゃることが普通になったいま

わかりやすい日本語を提示したり

ともかく英語を使ってみたり

複数の伝え方を持つ必要があるかなあと思いました。

 

そう、F線ができたら、東急駅から荻窪まで

スムーズに行けるようになったのと、

同じように・・・!? ←むりやり

 

 

f:id:miya_ma:20190624115006j:plain

f:id:miya_ma:20190624115058j:plain

ベレッタを髪にくくりつけたら重かった・・・やっぱりバレッタでいいだろう(当然)。

 

こんなふうに 街にでて 時代の流れの風に吹かれることも 幸せなことだなあと思います。

 みなさんにもっと伝わりやすいようなよい表現をめざしたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。