駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

半蔵門駅はデントの入り口

 

LimitedExpress383

LimitedExpress383

 

松岡のこちらの音源にも収録された「矢口渡」は

歌舞伎の「神霊矢口渡」を

モチーフにしています・・・

 

蒲田のとなりの 

やぐちのわたし・・・

ほとんど 地元といってもいい土地なので

あまり 意味もなく 書き始めたのかな・・・

和風の音をのせています・・・

 

 

流れ流れて濁流にすべて流され

流れ流れて川底に引きずり込まれ

誰が敵か 

誰が味方か

誰が敵か 

誰が味方か

覚えておれよ

(「矢口渡」詩・松岡宮)

 

 

 しかしわたしはそれほど伝統芸能に詳しくなく

神霊矢口渡も 大田区のイベントで一度観ただけなので

このたび 国立劇場でやるというので

見にいきました。

 

f:id:miya_ma:20190603002310j:plain

 

国立劇場・・・・

あまりにも縁のない場所なので

 

・・・くにたち?

ねえ 中央線の くにたちなの?

 

などと 誤解していたくらいです・・・

 

それで

半蔵門という駅から近いというのを知って・・・

 

半蔵門駅は あまりなじみが無いのですが

半蔵門線は よく知っている感じのする路線で・・・

ええ、田園都市線がお世話になっております・・・

といった感じに知った気になっていたのですが

半蔵門駅

はじめて降りるかもしれません。

こちら・・・

 

f:id:miya_ma:20190603001400j:plain

 

おお、永谷園みたいな模様!

後で知ったのですが国立劇場の緞帳の模様でしたが・・・

いまごろ知ったのですが

半蔵門という駅は

田園都市線、略してデントに乗り入れしている駅であるばかりでなく

伝統芸能、略してデント(←違うだろ)への

入り口みたいな駅だったのです・・・

f:id:miya_ma:20190603002233j:plain

f:id:miya_ma:20190603002217j:plain

ああああああ・・・

セレブな香り・・・

 

f:id:miya_ma:20190603002247j:plain

駅からの順路も分かりやすくて

迷わず 行けました。

 

f:id:miya_ma:20190603002345j:plain

自分でお金出して歌舞伎を見に行くのは 初めてかもしれません。

 

1800円から観られます。意外とお安いなと思いました。

 

全体的に すごく親切で

初めてのお客さんでもわかるような工夫があったり

(開始前に歌舞伎教室があったり、ストーリーの概略があったり、竹本のナレーションが両脇に字幕で出たり)

1分間だけ、スマホ等で写真を撮っても良い(拡散希望)時間があったり

やたらと休憩があったり

休憩時間は中で飲食OKだったり

本当に お客さんへのホスピタリティに満ちてるなあと思いました。

 

f:id:miya_ma:20190603002620j:plain

舞台が廻ったり

上がったり下がったりするのも

・・・紅白歌合戦か!!

おどろきました

 

f:id:miya_ma:20190603002610j:plain

東京に住んで長いですけど

あまりに縁のない場所なので

皇居の近くで緑が多い場所だなと感銘を受けたり

なんて美しく風雅な場所なのだろうと感動してしまいました

 

あとは

劇伴の音楽についていろいろ思うところが生まれたり

役者さんの動きについてなんかすごいな~と感銘を受けたり

しました

 

はっきり型のある動きって 素敵ですね

 

動きにはっきりした形があるから 

衣装のしわも綺麗にみえる

衣装のしわの奥にひそむ筋肉のかたちを思って

どきどきする

身体を拡大するその衣装はもちろん 紺色に金色のエンブレム

りりしい帽子をかぶって

白い手袋をしたその役者の名は・・・

世界でいちばん 素敵な役者の名は・・・

決まってるじゃないか・・・

 

駅員さんに 決まってるじゃないか・・・

 

f:id:miya_ma:20190603003028j:plain

黒子、とかいて、くろご、と読むのですね!

くろごちゃん

キャラ化していました。

 

そんなわけでわたしでも楽しめた国立劇場「神霊矢口渡」

デントウ芸能にエキサイトしたあまり

気づいたらデントに入り込み・・・

ニコタマ駅まで

連れていかれて

しまった・・・

 

f:id:miya_ma:20190603003929j:plain

 

なんか

矢口渡の河川敷まで行きたくなって

行ってしまった・・・

歌舞伎の舞台になった 頓兵衛の住家は 

このあたりかなぁ・・・

 

f:id:miya_ma:20190603004101j:plain

f:id:miya_ma:20190603004038j:plain

みえる橋は多摩川大橋・・・

こんな橋は

なかったことでしょうね~。

 

伝統芸能なんて 一生縁がないと思っていました。

でも 足を踏み出してみれば

そこは優しい世界でした

デント!なんて 楽しい世界・・・

またひとつ世界の扉が開いた気がします。

ありがとうデント!

デント!デント!

田園都市線の おかげです!!

 

 

♪