駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ひさしぶりに上野+矢口渡の小さな発表会

f:id:miya_ma:20190429100346j:plain

仕事で上野に行きました。

とても久しぶりでしたが、GW初日だったでしょうか、相変わらず人が多かった・・・。

季節のわりに寒い日でしたが、きらきら揺れる新緑がこれからの夏の到来を予感させてくれました。

 

パンダ推しの上野駅

うんこ売ってるの?

f:id:miya_ma:20190429100533j:plain

 

工事看板も、パンダ。

笹を食べてるばかりで、少しも申し訳なさそうに見えない・・・。

f:id:miya_ma:20190429100745j:plain

 

 

工事と言えば 動物園モノレールは休止したような気がしたのですが

・・・走ってました!

木々のあいだをするする抜けて行くモノレール、なんかいい風景ですね。

f:id:miya_ma:20190429102046j:plain

 

台東区コミュニティバスといえば「めぐりん」。

色合いに風情を感じます。

浅草行くのか・・・。

わりと以前から走っていますが、便利なところを走るようで、お客さんも多かったです・・・。

f:id:miya_ma:20190429100630j:plain

 

途中、京浜東北線からみえた、高輪ゲートウェイ的な駅舎的な・・・・?

過去の夢がみた近未来的な風景です・・・。

 

f:id:miya_ma:20190429101935j:plain

久々の台東区への旅、たのしかったです。

 

 

 

 

f:id:miya_ma:20190429102220j:plain

さて日付かわって

松岡の事務所で はじめて「芝居と朗読の発表会」を行いました。

思ったよりも集中できる舞台で

思ったよりもすごくアーティスティックというか濃密な空間ができました。

できるじゃないか、できたんだ、と

感激です。

演者は

1)おもとなほさん(演技写真、しっぽも買ってくれました)

季節に追い立てられるこの時期のざわつきを詩の言葉で表現してくれました。

民話の人みたいな語り口、といった感想が出ました。

 

2)青条美羽さん(朗読)

電線上のハクビシン、プチトマト等。

どんな場所に居ても変わらない、文体と似た硬質な存在感ありました。

 

3)劇団もっぱんさん(演劇)

高橋一生に似ている俳優さんです。

腹話術みたいな対話劇。とにかく、うまかった・・・。

主婦たちが喜ぶだろうと下ネタにしてくれたようで・・・???あ、ありがとう・・・。

ツイッターこちらです。

twitter.com

4)さのともさん(朗読)

道に迷って遅れて来られました、お疲れさまです。

水族館の物語を朗読なさいました。いつも堂々と不思議な世界を見つめてその世界のことを語ってくれますね。

 

こういうことをきっかけに

ポエトリー仲間が事務所に来てくれたことが 何よりうれしいです。

みなさんありがとうございました。

金曜日は無料開放日なので ここをお読みの方も ぜひお立ち寄りくださいね。