駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

宇宙からのモノレール(府中じゃないよ)

f:id:miya_ma:20181126095516j:plain

府中に行くわけではありません

宇宙へ続くモノレール

多摩センターから出ています

動物園の上空にはライオンの雲が浮かび

夢の世界へと誘いかけるよ

空に浮かんだレールの軌道は 地震国にしてはどこか儚い感じもしている

大震災で 橋脚が壊れたら・・・

そらにふわりと浮かび上がって

月を目指して飛行する

そんな宇宙モノレール

出発!

 

f:id:miya_ma:20181126100626j:plain

さいころから

ここではないどこかがあるような気がしていた

宇宙のかなたに ここではない自分の生きるべき世界が・・・

楽園のような 居心地の良い風が吹き

月がおだやかに草原を照らす

化学反応のシャーレの緑色のなかや

顕微鏡のプレパラートの青色の向こうにそれは訪れる

わたしにこの世界は生きづらい

だから別の世界を持っていたのだ

宇宙モノレールで空のかなたに飛んでゆきたい

なんて 夢や空想の世界だと思っているが

宇宙のモノレール

こんなに 身近に あるのかもしれない・・・

ライオンだって

ふるさとの森に 帰りたいじゃないか・・・

 

f:id:miya_ma:20181126101046j:plain

 

新体操の女の子に萌えてしまう

(←いきなりなんなんだ)

レオタードにきらきら飾りをつけて

鍛え抜かれて脂肪の少ない体、魅力的

体重が少ないのは魅力的、

細くて軽い身体でくるくる廻るの、魅力的

ただ数字だけで測られる世界のこと、批判されてもその魅力は襲い掛かる・・・

生きるための欲望が垢みたいだなと思う日がある

裸の世界には薄着も何もない

裸になったっていやらしさのないタブーもない

ただ筋肉と内臓と申し訳程度の綺麗な皮膚をまとった新体操の女の子たち

色気もないのが魅力的

健康とかそういう言葉はさておき夢や理想に向かってただ倒れてみたいという精神はある・・・

わたしにはそんな根性はなかったのだが・・・

献血70回の記念品をいただき

これからもどんどん針を刺されて抜かれてゆきたいと

思ったのです

 

うおおおおおおう・・・