駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

季節の列車の先頭車から

f:id:miya_ma:20181020082734j:plain

わけもなくTX!

月並みですけど

日々は、あっという間で・・・

秋は東京でもっともよい季節

人生であと何度、東京の美しい秋景を体感できるというのだろう・・・

がんばってあちこち、出かけてみたいですね。

 

 

f:id:miya_ma:20181020083522j:plain

f:id:miya_ma:20181020083749j:plain

現役の運転士さん・車掌さんと写真を撮ろう!

というのが鉄道フェスティバルでありましたが・・・

遠目に見ているだけでした

運転士さんは運転しているときが運転士

車掌さんも乗車しているときが車掌さん

わたしは 電車に揺られて・・・

かぶりついているのが いい・・・

ガラスにぶつかる秋の風

動きを示す服のしわ

電車という この巨大なものを動かすその手足

その時だけはくるってはいけないCNS(中枢神経システム)

こうして 電車に乗っているときに出会うのが運転士

公園で会うのは

抜け殻

 

 

youtu.be

というわけで かぶりつき映像まんさいの動画・・・。

先日のイベント「Landscape Pictures」から青条美羽さんの朗読に

松岡が映像・音楽をライブVJで付けた動画をアップしました。

(←ややこしい)

他人の詩の朗読を、音と映像でサポートできてうれしいです・・・いや、サポート、出来ていれば、いいのだけど・・・邪魔してるんじゃないかと、ちょっと心配・・・。

田町ー品川間の工事風景という、すぐに無くなってしまいそうな風景を詩で描いています。

まさに、ランドスケープ・ポエトリー。

よかったら視聴してくださいね。

 

とえーい(↓)

f:id:miya_ma:20181020084501j:plain