駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

信号待ち

f:id:miya_ma:20180326084825j:plain

環八のど真ん中 信号待ち

工事現場の警備員さんが2名

ひとりは人間のからだをもち

ひとりは板のからだをもち

先走る桜のその下で 車に合図を送っている

板のような警備員さんはめしも食わず

文句を言うためのくちも描かれず

ずっと ずっと 働いている

お前の左腕も働き者だな、と

人間っぽいほうが板っぽいやつに敬意を表する

 

 

f:id:miya_ma:20180326085143j:plain

信号待ちで 気づくのは

国道沿いに開く花

自転車や歩行者は 信号を守らないこともあるけれど

あの事故以来 ちょっと怖くなって

信号を守って ゆっくり進むことにした

経路には季節のいぶきが咲いており

日差しのコントラストが濃くなって

花の色が 差し挟まれる

急ぎすぎてぶつかりませんように・・・

ゆっくり ゆっくり 

 

 

 

f:id:miya_ma:20180326085454j:plain

例の「桜坂」です~。

 

なんだかんだと、事務所にいる時間が長くなっております・・・

たぶんWifiが無制限になったからだと思います・・・・。

 

松岡宮のYoutubeチャンネルはこちらですが・・・

www.youtube.com

その中から、環八っぽい作品を転載しますね。

環八の鵜の木あたり・・・

かつて「天明さんの森」といわれたお屋敷がブランズシティ久が原という巨大マンションになってゆくさまを表現しています。

歌詞は違いますが・・・

 

youtu.be