駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

優しい5月のデントブレーキ

f:id:miya_ma:20150506100930j:plain

バスの案内板を表示できるコーナーもありました。

にっくき桐蔭学園(母校)行きのバス。

というわけで、

たまぷらーざの、東急の鉄道イベント「トレインパーク」に行ってきました★

電車好き女子のKさんが付き合ってくださいました。

お目当ては、渋谷時代にとても面白かった、鉄道員のトークショウ。

そのときの記事ではこちら・・(駅員観察日記3にも収録されました)

ときめきの東急鉄道フェスティバル2012 - 駅員観察日記(はてな編)

 

今日は、事前にどこの電車区の方かは知らされていなかったのですが

デデデデデ~ン!

田園都市線、デント!でした。おお・・・。

しかも、運転士・車掌だけでなく、駅係員、車両整備士の方も!

みなさん、ちゃんと正装で、手袋もはめて、お越しです。

まずは4人の自己紹介・・・。

運転士のAさん、ノリがよくて話し上手で、場を仕切っているサービス精神旺盛な方でした。

Aさんは、運転士鞄の中身を紹介してくださいとふられ、いきなりダイヤグラムを広げ始めました。

・・・・長い!

デントだけではなく半蔵門線東武スカイツリーラインまですべて書いてあるそうです。

右から、運転士Aさん、車掌Bさん、駅員Cさん、整備士Dさん。

f:id:miya_ma:20150506102503j:plain

そして、「教科書というか手順書も持ち歩いています」と言って、見せてくれました。

ちゃんと整備してくれているから、故障は滅多に起きないのですけどね、万が一起きたら運転士も対応しておきたいので・・・」と、仲間を持ち上げることも忘れない運転士でした。

運転士A氏は、幼稚園の頃から運転士になりたかったそうで、本当は新幹線が良かったけど就職したのが東急だった、でも人からうらやましがられますね、とのことで・・・

・・・憧れられる俺!

自分のお仕事に誇りを抱いている様子した。

そして車掌のBさんは、Bくん、と呼びたくなるような若者でした。

写真でわかるように、長身で小顔でスタイルが良い若者でしたが、

先ほどのオレオレ運転士と違い、シャイな青年車掌でした。

 
車掌の仕事は3つあるそうで・・・
(お、それは何かしら・・)
「ドアの開け閉め、アナウンス、空調管理・・・」
とのこと。
あまり笑顔を見せない もじもじと内気そうな車掌さん。
車掌室から乗客の様子ってみていますか?と司会に聞かれ、
かわいい子が・・・・かわいいお子さんが、いたら、可愛い子がいるなと思います・・・」
などとちょっと危ないことを言いかけました。
青年車掌、田舎から出てきているそうです。そんな朴訥さも、素敵だなと思いました。
駅係員はベテランの雰囲気のCさん。
駅の仕事のうち、夜は電源を切って、朝に電源を入れる、というのが、そういえばそうだなと感じました。
駅員の精神も、ほんのわずか灯りを落として眠りにつきます。
司会に、駅員の仕事で印象に残ったことを聞かれ、
「・・・1回、あの、目の不自由な方・・・耳の不自由な方のご案内をしたら、お手紙をもらったことがあり、嬉しかったですね」
とのことで、目が不自由な方なのか耳が不自由な方なのかどっちなんだと思いつつ、駅員はやはり優しさで出来ていると実感です。
車両整備士のDさんは透き通るような若者でオレンジのつなぎをかっこよく着こなしていました。
3か月以内の法定検査、10日以内の法定検査、毎日行う検査、などがあるそうです。
そして、電車を走らせるのは簡単だけど 止めるのが難しいので 止める装置に気を付けるという言葉が 印象に残りました。
 
最後に、全員に質問が出ました。
田園都市線のいいところってなんですか?」
ほとんどの方が、買い物便利、おしゃれな駅、など地の利を伝える中、
オレオレ運転士が
田園都市線は ブレーキが優しいんですよ・・・ショックのない制動を心掛けています」
と、「オレ素晴らしいっぷり」を発揮していました。

同行のKさんは、この運転士の堂々たるオレオレっぷりが気に入ったようですが

わたしは恥ずかしがり屋の車掌さんに心ひかれました。

右が運転士、左が車掌さんです。

f:id:miya_ma:20150506104527j:plain

その後、向谷実さんのトークショーに行きましたら
先ほどの運転士&車掌コンビがおられました。
少し遠くからみてみると、運転士さんの立ち姿勢が美しかったです。
車掌さんはちょっぴり猫背で、もじもじしておられました。

f:id:miya_ma:20150506104604j:plain

鉄道を引っ張るのが運転士と車掌だとしたら
そのふたりが集まって、この時間を引っ張っているのかもしれません。
ふたりの間には見えない電車があって
俺のブレーキは優しいぞ!と誇らしい顔の運転士が電車を走らせ
恥ずかしがり屋の車掌が安全確認とアナウンスをして
この たまぷらーざを
この 世界を 走らせているのかもしれません。
そしてデントに乗って帰るわたし、このデントを支える方々の顔を、思い浮かべながら、優しいブレーキ、安全な帰路につきました。
 

f:id:miya_ma:20150506105107j:plain

スタンプラリーの商品は、のるるんのクリアファイルでした