駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

べむらあ蒲田

JRのウルトラマンスタンプラリーが好評なようですね。

蒲田駅は・・・ベムラー

1966年なんて、わたしが生まれる前じゃないか(~~;)

悪者が悪者の顔をしており、わかりやすい時代でした。

となりのアパートの大家さんが・・・明らかに管理してない・・・

老朽化がはなはだしいです・・・区役所に行っても本人に言ってくれという感じ・・・

階段の下に

黒猫がいて

ありゃありゃ・・・おしっこしてる・・・

野良猫ワンダーランドに なっている・・・

しかも 最近 顔を覚えられたのか

近寄ってきた・・

目つきには警戒が感じられますが・・・

近寄ってきたというより 

 俺 様 の 通 り 道 だ 、 ど け よ

みたいな感じでした・・・。

そして去っていきました。

夜は蒲田Studio80でライブ。

神楽坂では男性的な鉄道ワールドの舞台をしましたが・・・

蒲田は女性的に、おっぱいでいっぱいなフェミニンワールドにしました・・・

Neraさんにいただいた立派なブラジャーを黒いワンピースにつけてパフォーマンスして・・・

1曲めでコート早脱ぎして披露しました。

・・・最近、衣装に何かを仕込むのが好きなわたし・・・・。

さすがに神楽坂の直後なので 喉がひらいており 声はよく出ました。

作品は

「立体」

「12歳」

「海の底の少女たち」

「乳様(FICEカヴァー)」withよっちゃん

小さいころから

「食べ物で遊ぶな」

と怒られる子供でしたが

「下着で遊ぶな」

が 加わりそうですね。

写真なくてごめんなさい~。

意外に本気度の高いイベントで 女性たちの渾身の舞台を楽しみました★

みなさんありがとうございます。