駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

同窓会からポエケットへ お世話になりました(2)

ポエケットの、各論的なことです。

一部の方にしかわからない話で ごめんなさい。

お世話になった みなさんへ・・・。

白糸雅樹さん 手縫いのコースター頂きました。ありがとうございます。

わたしが 手作りイイナーと思ったのはこの1年ほどですが

白糸さんはずっと手作り人間で 着用するものは自作がほとんどだそうです・・・それってカッコイイな・・・。

ピラティスの とっこ先生、空気椅子のレッスンをしてくれました!

「ステージで声を出してるから インナーマッスルは鍛えられてるのでは?」

なんて、嬉しいお言葉。

桑原滝弥さん・・・同世代ということで声をかけてもらえて有難いです。

表現者は器・・」という名言、いただきました(;;)。

プロ志向を持っている、というのは、こういう方のことですね。

8月31日にクロコダイルでイベントあるそうです。

奥主さん 上の写真にもありますが、昭島・無頼庵の朗読会が7月26日にあるそうです。

大澤正智さん、真さんの反響波動

毎年、2名で、コンスタントに詩誌を出しているのが、凄い・・・。

毎年同じように隅っこで隣同士でわたしはほっとしますが、より奥まっている反響波動さんは、お客さんの動線的には、損をしているブースといえるかもしれませんね。

CD上は、関西から久々参加の、佐々本果歩さん。

久しぶりに、お話できてよかった。

こういった活動は 若い頃の方が活動しやすい面もあるので

いったん休んで復活するというのは とてもエネルギーのいることではないかと思いますが

旧友が復活というのは うれしいことですね。

CD下は、紀ノ川つかささん。一家で作った音源集。

娘さんの声に、わきあいあいと一家で製作された感じがただよい、心いやされます。

「お父さん なにやってるの?」って思っているのでは・・・。

及川俊哉さん

ウルトラ(上左)ありがとうございます。エッジのきいた、現代詩だな~という、この久々の詩体験、ガツンと楽しんでいます。

関西からの平居けんさんの言葉が良かった。

「ポエトリーでもお金を1500円とか取るステージなら、

1)顔がいい、2)声がいい、3)詩のテキストがいい、のうち2つは満たしていないといけない」

・・・・はい、頑張ります・・・(・_・;)。

あと、詩を学び始めの人は「私は吉増剛造が好き」と声に出してみると、いい・・・

ほぅ、いいことを聞きました。

福岡からの神保さん

かなりむりやりわたしのCDを試聴して頂きました。声を褒めてくださって嬉しかったです。

Sさんとは海老名厚木の話をしました。

海老名にららぽーとが来るという話、ほんとうでしょうか!!

北村しい子さん、が、仲間うちじゃなくて知らない人に向けてネット放送している、といったのが印象に残りました。うろおぼえすぎて探し出せません(~~;)

あおばさん 

お買い上げ第1号だったので、本当にほっとしたし、ありがたかったです。

ポエケットはなんとなく、梅島オープンマイクの仲間たちが多いかもしれませんね。

森川雅美さん

飲み会でいろいろ歴史について語ってくれて面白かったです。

ちょっと歴史マニアの夫といるみたいですけど・・・。

「詩を書く人は散文も上手く書けるべき」

という言葉は印象に残ります。

守山ダダマさんにも逢ったっけ・・最初、顔がわからなくて・・・失礼しました。

(若い美男美女の顔を覚えるのが苦手・・・)

いろいろ新しい表現を、がんばっているようでした。

いろいろあって、詩どころではなかったこの春ですが、

やっぱりわたしにとって言葉の表現は大事なんだなと思わされた ポエケットでした。

お買い上げくださったお客様、ブログ読者の方々、ポエケットスタッフの皆様、どうもありがとうございました。