駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

新横浜機関区は良いお店でした

新横浜機関区 という 鉄道系の居酒屋で 「音楽の祭日」のイベント

出演させていただきました。

新しい出会いも多く 夢のように過ぎた 楽しい一夜でした。

印象は・・・

関内から近いです。

そしてけっこう広いです。

鉄道模型を走らせることができるほどの広さ。制服も、映像スクリーンもありながら、狭さを感じません。

料理が本格的です。

入り口で食券を買うのですが、北海道の食材にこだわりがあるみたいで、

お通しにイクラがあったりしました。

そうそう、国鉄いくら丼、みてください~。

見た目もすごいですけど 味も美味しかったです。

あとお値段も手ごろで、食券制なので明朗会計で、それも素晴らしいなと思いました。

わたしのライブですが・・・

もともと、普通のお客さんもいるお店ときいていたので、

聴かせるというよりは軽くカバーなどを入れたライブにしようと思いました。

予想以上に(ライブ目当てでない)お客さんも多かったので、

みんなが知ってる曲から行こうかということで、以下のような順序に・・・・。

  山手キャンディ→深海車掌→恋の山手線→それはどこまでも深い大江戸線北斗星の夜

あんまりお邪魔にならないように 優しげな作品を中心にしました。

ライブのあと、初対面のお客様に言われました・・・・・

 「第一印象って

   大事だから、

     あなたの白髪は 絶 対 染 め た ほ う が 良 い !

・・・久々に聞く白髪アタック・・・ちょっと嬉しいというか興奮します?!

わたしのあとは、鉄道官能小説の苫米地なみえさん、さとうGOさん、そして「お客様に鉄ヲタはいらっしゃいませんか?」の著者である大島篤さんのライブ&サイン会でした。

" title="" >

乗り鉄、あるある、という内容の本です。

鉄子さんへのインタビューもあり、イラストも可愛いので、鉄道にそれほど詳しくなくても楽しめそうな本ですね。

わたしも購入させていただきましたが、

なんと、この本のイラストを担当されたプロのイラストレーターである二平瑞樹さんが

わたしの似顔絵を描いてくださいました。

実物はもう少し老け顔だと思いますが・・・ありがとうございました。

最初、お忙しそうで声もかけられなかった店長さんも、最後の方はCD売れましたか?とか声をかけてくださってうれしかったです。

お客さんで来ていた、ピチピチの若い車掌さん(JR東)が、仕事の話を聞かせて下さったりしました。

何でも質問してくださいというので

手袋について 尋ねてみました。

お答え・・・手袋は支給されるそうですが、今回の仕事場では1着しかもらえなかったので、汚れてしまう、とのこと。

そういう話に、わくわくドキドキしてしまう、わたしです。

いろんな制服がありましたが

もっともテンションあがったのは、こちら。

そう、旧東急です。

この純白の白線・・・懐かしい(;;)

ペタペタ触ってしまいました。

松岡のCDも何枚か買っていただき 

出演させていただいてよかったなーと思いました。

お店自体もとても良いお店なので、関内に行くことがありましたら、立ち寄りたいと思います。

大島篤さん、松岡、梅ちゃん音頭のMiSAさん、ホシノさん+苫米地さん。

みなさん 

ありがとうございました~。

追記

昨日、APIA40のライブを8月13日と書いてしまいましたが、8月15日の誤りでした・・・

すみません。

おぼん!!