駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

南武線快速が空を飛ぶ

われらがJR南武線、快速を導入した日に大震災・・とかいろいろありましたが、

快速の飛ばす駅が、増えたそうです。

まあ、これは、妥当なのではないか・・・・

もっと、飛ばす余地のある駅は、あるなあ・・・

むさしなかはら君・・・

むさししんじょう君・・・

いやなんでもありません。

いいねえ南武線

南武線でよく見かける、車掌の白(銀?)のウインドブレーカー、とてもかっこいいです!

・・・ウインドブレーカー系ではもっともカッコイイのではないか・・・。

なぜかわかりませんが、JRのウインドブレーカーは、シルエットが綺麗だなあと感じるのです・・・青もいいですけど、白はクールな天使みたいで、あるいは冬の動物のようで、神秘的な感じを受けますね・・・。

というわけで、わざわざJRに乗って、父の家掃除に行ってきました。

何度も通っているせいか、だんだんとモノが片付き・・・やっと書籍の整理にとりかかりました。

父の持っている小さなものは、たいがい、壊れたままになっています。

今日は、動かないハンディミシンがあったので、直そうかと家に持って来て、よくよくみたら電池の液漏れ・・・。

そこをなんとか修理して、糸の強さなど調整して、やっと普通に縫えるようになりました。

いやはや、簡単なミシンほど、上級者が持っていた方がよさそうです・・・。

縫いのチェックで、なぜかバティックの布を用いて、最終的には「Xperiaふくろ」を製作してみました

そうそう、バティックの布も、実家にいっぱいあったので、何かに有効利用としようと思います。