駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

熊本をエンジョイしています

熊本は路面電車が大活躍しています。

芝生が綺麗ですね。

とても幼いころは福岡に住んでいましたので、九州というのは水が合うというか

自分の原風景だなあという気がします。

人が少ないのにびっくりしてしまうのは、あまりに東京に慣れたせいでしょうか。

若い女性は、きれいな方も多かったです。

そう、おしゃれで・・・・。

そんなわたしは、病院の家族室での宿泊をエンジョイしていますが、

お風呂に入れないことだけが困っており、

とうとう、バスに乗って、スーパー銭湯行ってみました。

入湯料金380円・・・都内の銭湯より安いじゃないか(~~)

中はサウナもあって、久々のお風呂、さっぱりとしました。

髪を丁寧にドライして、いい気持ち。

そのあとは、熊本随一の名園といわれる水前寺公園に行きました。

細川さんが東海道みたいなのを庭にほしいなーといって作った庭のようです(←適当)。

富士山みたいなのほしいなーと思って富士山作ったりしたのかな?

お金持ちの考えることはよくわかりません。

しかしなかなか癒されるお庭でした。

古今伝授の間でお抹茶とお菓子をもぐもぐ。

ああ、癒される。

父が倒れる(しかも遠方で)というのは確かに不幸な事態ではありますが、

そのなかにも、こうしていいことを、見つけられるのですね。

誰かの夢である、かなえられない健康な生活を、いまわたしは、生きている・・・。

感謝を忘れないようにしよう。

これからも熊本に行くと思いますので、熊本の皆さん、よろしくお願いします。