駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

13日は蒲田行進曲フェスタ&三鷹おんがくのじかん

蒲田Studio80で、てっちゃんイベントが始まったのは、2009年。

「運転士が燃えている」をバンドでやって下さり感動したものでした。

上の写真は、2010年のものです。新曲「GCGK」をかっこよくやってくれました。

そして2011年3月13日は、あの震災の2日後に、募金をしながら、こわごわ、開催したものでした。

新曲は「Fra-Fra, Euro-Euro,TGV!」。蒲田を代表する鉄道曲となりました(ウソ)。

2012年にも行われ、わたしは「ゴーゴーサウス鹿児島へ」を書き下ろしました。この曲はバンド向けなので、なかなか披露する機会がありませんが、いい曲です?!

そんな、根気強いてっちゃんイベントがいよいよ、衆人環視のもと結実する日がやってきました。

4月12日(土)~4月13日(日)にかけてJR蒲田駅一帯で行われる「蒲田行進曲フェスタ」。

てっちゃんミュージシャンは、13日(日)13時半ごろからです。

場所はJR蒲田駅西口ステージ。降りてすぐですし、人も集まってるのでわかると思います。

主催の星埜さんに「あの歌は・・・ちょっと・・・」と言われて禁じられた作品があります。

それは「GCGK」。

そんなに問題になる作品ではないと思うのですが・・・・貼ってみます。

そんなわけで「GCGK」も「急行急病人線」も「も・れ・る」も「運転士が燃えている」もやりません・・・。

カヴァーソングが多いライブとなりますが、明るく楽しいライブにしたいと思います。

15時10分からは「鉄男と鉄子のイケメン・看板娘」コンテスト。

鉄道ファンをアピールする機会です。

まだ出場者募集しているそうなので、希望者はお知らせください!

わたしも出演することになってしまったのですが・・・なんと、現職の駅員さんも、ご出場とのこと・・・・

おおおおちかづきなななななってはいけないいいいいいいいいい・・・・・

そして13日(日)夜間は、「三鷹おんがくのじかん」の「空間系おんがくのじかん」に出演いたします。

さわやかなアコースティック系のイベントだと思います。

しかしわたしは同じ日に違うライブを出来るほど器用ではないので、鉄道系のライブになると思います。

「GCGK」、「急行急病人線にようこそ」、「も・れ・る」の禁じられた鉄道ソングたち、やろうかな・・・。

裏・鉄道ライブ、ということで・・・。

はじめてのダブルヘッダーに身体がついてゆくのか判りませんが、お近くの方は、ぜひ。

★4月13日 「空間系おんがくのじかんVol.2」@三鷹おんがくのじかん

開場:16:30 / 開演:17:30 予約・当日:1600円 + ドリンクオーダー

タジ

坂口沙子

SANAE(EGPPでおなじみの吉村政信さんのユニット)

夜時計(浅井かすか、さんのユニット)

松岡宮(20時50分から)