駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

いつ終わったの夏は、いつ?

いつ終わったの、夏は、いつ?

今日なんて 一日じゅう寒い雨が 続いていた・・・

秋の雨はひとつ終わると

冬の足音を 連れてくる

この間まで暑苦しかったのに

この 移り変わりのはやさに身体が付いてこない

無防備でたくましかった運転士の腕も京急の濃紺に覆われて

迎え撃て!冬を!

何だかやけに元気のいい京急運転士の背中に

もたれて惑う

右のカーブで取り残されそうなわたしに運転士がいった

冬なんて恐れなくてもいいのさ!

お鍋に聖夜に箱根駅伝、冬って楽しいことばかりさ!

多摩川の鉄橋をすごいスピードで超えてはわたしを驚かせる京急

あっというまに季節も駆け抜けて

しまった

これは写真サイト足成さんからの写真・・・。

今日は、オープンマイクEGPPの仲間である吉村お兄さんのライブみに・・・

日吉カレンダーカフェに行きました。

下北沢にでもありそうなおしゃれな空間で思ったより広く、音もまあまあ、あまり食べませんでしたがフードがよさそうです。

アンビエントエフェクターの音によるポエトリーとても良かったです。

猥雑なアジアの都市にいるようなトリップ感、ありました。

テキストもノイズもバックの音も、とくにPad系の音が良かったな・・・。

わたしも、やっぱり、ノイズ演奏など、もっとちゃんとやりたい!!上手くなりたい!と思ってしまいました。

あとは若者が、ギター片手に、ちょっと歌っては、「下手ですよね、やめます」といったのが印象に残りました。

わりと若い方のライブでそういうのをよく見る気がしますが、なんだか色々、もったいない・・。

で、吉村お兄さんがせっかくお店の方に紹介してくれたのに、EGPPのフライヤーもない・・・

反省して、上の写真などを使って、せっせと作っていたところです。

フーゲツのJUNさんの許可もいるのかもしれませんが、まあ、暫定版で・・・こんな感じのつくりました。

勝手に作ってしまいました、すみません。

しかも画面でみるとまあまあな気がしたのですが、印刷すると汚いです(~~)再検討します・・・。