駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

地下鉄博物館@葛西駅

今日は久々のOFFでした。

いちど行ってみたかった「地下鉄博物館」に行きました。

場所は東西線「葛西」駅そば(真下)。たいへんアクセス良いです。

博物館の外からも この 赤い丸の内線が見えます。

これ乗っていたときはなんとなく乗っていましたが 

やっぱり格別に愛された車両だったのですね。

キラキラしてみえます。

そして・・・鉄道系の展示物につきもの、むかしのひと・マネキン!

時々動いているような気がして、ちょっとコワイのですが・・・

中は座れるようになっていて、クッション気持ちよかったです。

この中央の制服さんは、もしや車掌じゃないかと思ったのですが・・・(←希望)

詰襟の学生のようにも見える・・・

いまいち確信が持てません。

いかがでしょう。

なんというか 念入りなお手入れという雰囲気の、綺麗な顔です。

こんな顔で、何を考えておられるのでしょう。

  ・・・あの中にはホンモノの人間が 仕事を終えたら家に帰るんだよ・・

幼き日のわたしがそんなことを言われたら・・・

ぜったいに 信じてしまいます。

シンボルマーク。

恥ずかしながら、昔の営団マーク知りませんでした(Sしかしらなかった)。

Sマークは今みてもかっこいいですね(~~)

そして、館内には、少し昔の鉄道員の体験、みたいなものが掲載されていました。

これが、なかなか素敵な文章でした。

>運転士より

>駅で降りたお客さまに笑顔をいただいたときは

>疲れが一瞬でなくなってしまいます。

なんですってえ!

・・・・運転士を見たら 笑いましょう、乗客、みんなで!!

>車掌より

>これらの電車には車掌室がなく、客室でドアの開閉やご案内をし、

>新米の頃は恥ずかしさで顔が赤くなりました。

・・・なんですってえ!

車掌室がないので、客車に車掌がいたなんて!

ラッシュのときに苦労したという話も書いてあり、車掌が乗客のなかで、もみくちゃだったのですか!

ハァハァ・・・

女性専用車じゃなくてよかったですね。

駅員さんの文章は、入鋏パンチの話ばっかりでした・・・。

駅員にとって、あのハサミは、よほど、思い入れが、あるのですね。

ハサミでどんな音を立てるかというのに

その駅員さんは こだわりが あったようです。

「地下鉄利用の変遷展」が今日まででした。

これはわたしが生まれる前の駅員ですが・・・

まあ、なんと、乗客と違う空気をまとっていることでしょう・・・

そして、この姿の、なんと、美しいこと。

立ち姿、身体の使い方の美しさは、いつの時代にも駅員美があるものです。

個人的に面白かったのが、副都心線走行路の立体模型。

渋谷―池袋まであります。

良くできています!

おみやげです。

というわけで、入場料210円で、そんなにお客も多すぎなかったし(子供ばっかり)、たいへん楽しめました。

東京に暮らす人間にとって、地下鉄は自分の手足の一部のようなもの・・・といえば言い過ぎでしょうか。

そのくらい、身近で、大事で、あるのが当たり前のようで・・・

しかしそこには 深い深い歴史があるのだなということを

改めて学びました。

   ・・・ぜったいに・・・地下鉄でテロとかもうやめてほしい・・・

地下鉄が安全に走る街に住む幸せ 実感しています。

葛西は意外と近かったので、また遊びに行きたいです(~~*)

地下鉄博物館、おすすめです。

そんなふうに好きに過ごした日曜日、とてもリフレッシュ出来ました。

鉄道も、駅員さんも、やっぱり、いいわ・・・。

駅員、素敵な駅員が、ミヤさんおやすみなさい、って、布団のとなりでささやいてくれるみたいです。

駅員はいいものだ・・・。

さて、午前中にメルマガ発車しました。

購読希望される方は、その旨お報せください~。