駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

神楽坂 ル・トランブルー

神楽坂といえば まだ先日のライブの余韻もさめやらぬ感じですが・・・

今日は 仕事の研修会で神楽坂に行きました。

ほどよい時間に終わり 涼しい雨のなか 

ひとりでおしゃれなイタリアンのお店で、おやつをもぐもぐ・・・

・・・いったい何しに来たんだ・・・

しかし 神楽坂と言えば 

JRでもなく

東急でもなく

都営&東京メトロのみがあるという、地下鉄タウン。

それが いっそう 都心だなあという気がいたします。

美味しかったな~。

てくてく歩いていたら、トランブルーというお店を見つけました。

ワインのお店でしょうか?

名前のとおり、綺麗な青いお店でした。

トランブルーといえば、

パリ・リヨン駅にあります 歴史のある駅カフェを思い出します。

憧れのあまり わたしもパリに行ったその日に 行きましたものです。

2枚の写真・・・

どっちがパリで どっちが神楽坂か わかりますでしょうか。

そんなこんなで

神楽坂って じつにいい街だなあと思いつつ

なぜか 飯田橋まで歩いて

帰ったのでした。

東京メトロの駅員は、なんとなくマッチョだ、ってこの間どなたかと話しましたが・・・

たしかにマッチョで素敵な駅員の格子のしまをくぐり抜けながら

家に帰りました。

神楽坂、もっと近いといいのになあ・・・。

ふと「のるレージ」をチェックすると・・・

「20のるる」貯まっていました。

ほくほく。

というわけで おやすみなさひ。