駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

駅 員 立 ち

駅員はいつも忙しく 千手観音の万能さで ただそこに 

ただ 立っている

・・・ようにみえる。

駅員には 駅員らしい 立ち姿勢がある

それをいま 「駅員立ち」と 名づけよう

はるか埼玉からようこそいらっしゃいましたと

F線の車両を万全の礼儀をもって待ち受けるこの東急駅員も

見事に駅員立ちをしている

駅員立ちは 車掌立ちとも 運転士立ちとも違う

両手に機械

背中に機械

駅員立ちする駅員は

自らを機能性のかたまりへと奉じ

風の訪れに 神のいぶきを感じ

もうすぐ大きなものがお越しになる・・・と 

敬語のなかに 迎え撃つ、いや、迎えたてまつる、

片方の足に重心をかけるのが駅員立ちのポイント

駅員は駅にあり、駅に暮らし、駅に住む、駅への忠誠誓う、駅員の片側重心、

だが、その片足は、そこに固定されるわけではなく

必要に応じて

反対側の脚も それから 重心となっている脚も

柔軟に跳べるポテンシャルを秘めているのである

・・・・むかし巨人にモスビーという外野手がおり 彼は守備中にけっして止まることがなかった

駅員立ちも けしてとどまることはない

いつ白球が飛んでくるのか わからない

乗客も 荷物も ベビーカーも 所沢から来た電車!すらも

ぱっと受け止めるための 

駅員の姿勢、駅員立ち

見えない千本ノックを受け止める駅員の綺麗な片足が 

また新しい重心となり くるり廻った駅員の身体が

次に受け止めるかもしれない白球は

柱の上の ツバメの子ら

落ちるなツバメ、落ちるな小鳥、優しさ隠した、駅員立ち

駅員はいつも忙しく 千手観音の万能さで ただそこに 

ただ 立っている

・・・ようにみえる。

ブログ更新など 時間がかかってしまいました。

ここ数か月 写真の取り込みで 困っていることがあります。

iPod nanoのパチモンみたいなものを買って PCに接続した途端・・・

MicroSDのドライブが 読み込めなくなってしまったのです。

カードリーダーを買ったり あれこれ やってみましたが・・・ときに貴重なファイルが破損してしまったり(今日も)

こまったちゃんでした・・・。

で、カメラから直接ケーブルでつなぐことが 出来るようになったので・・・

これからはもう少し マシな感じになるのかな・・・。

いやはや、へんな製品つなぐと いろいろ おかしくなってしまいますね。

メルマガも 書いています。明日出せるかな???

明日はびみょうにお休みという感じで、ライブ準備にあてます・・・。

わたくしごとですが、無職の夫がちっとも職探ししてくれないので、ヤキモキしています(~~)

行く場所もなく、あう相手もなく、ずっと家にいて、しかも夜更かし昼起きしているので、自宅ライブ練習ができないので、ちょっと困る・・・(←そこかい)。

松岡のすてきな朝ごはん画像でもどうぞ。(納豆+パプリカ+マヨネーズ+食べるラー油