駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

自由が丘へ/不動産をいくつかキープする女王様



風船が空に舞い上がる
今日はフェスティバル
自由という名の きらびやかな街に立つ車掌
不自由な雰囲気を醸し出す 紺色の制服
自由という名は ついているけれど この街は
大井町線と 東横線がぎこちなくクロスして
どことなく身動きのとりにくい
そして 丘 というとおり 坂道の多い・・・ 
ハァハァ
そうなんですよ お客さま 自由が丘とは 不自由な街なのです

錆びたレールが電車の重みに軋む
通過電車のあとは子供たちが敷石を拾って遊ぶ
またすぐに踏切は降りる
電車が通過する
桃色の夕暮れが落ちれば 彼らにも塾が待っている

自由という名の きらびやかな街に
レールに敷かれた不自由を醸し出す
お客さま 別の街に行きたいお客さま
少しだけ息を吐いたら止めて
車掌は自由を不自由に変換する必要があるのです
めいっぱい めいっぱい 
お客さまを詰め込みましたら
出発進行!
そうして車掌に騙された人々が北へ南へ不自由の風船を飛ばしに向かうのです





やっと 仕事も一段落し お休みらしくなってきました。
でも どこかに行くわけでもなく 家でちまちまと作業しています。
自由が丘に行ってみました。
蒲田の音楽仲間・コンボイさんのお店「BarCrapton」がお昼から営業とのことで
行ってみました。
お酒をあまり飲まないわたしも、珈琲や、写真のようなミントティーを美味しくいただきました(^^)

ミキサー(音楽の)が入りたて、とのことで、コンボイさんのギターをバックに荒井由実ひこうき雲」歌わせていただきました。気持ちいい音だったなあ。

お昼だと、バーというよりカフェという感じで、また別の雰囲気、素敵でした。

日暮れ頃、そちらを去って
蒲田の事務所にも行ってみました。


女王さま元気です。でも、これは巣その1・・・・。
あの 餌付けのあと 巣その2を作っていたのですが 
今日見たらまた 巣(1)に戻っていました。

・・・いまどきの女王様は
家を2軒ほどキープするのが 流行っているのか??



というわけで どうにかして音楽オケも だいたい 仕上がりました。
詩がまだ出来ていませんが それは今夜仕上げる予定・・・・。
母の日スペシャル、共演者もいい感じに濃いですね~。
撮影OK,フロアでダンスOK,ご飯炊きます(笑)
25分のポエトリーミュージック・・・観に来てやってください。

2013年5月10日(金)  
神楽坂定位置

open./start.TBA  adv./day. 2,000/2,300
松岡宮/将軍オパイの助/ザクスカル...and more