駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

空に太陽、駅には駅員

今日は仕事のあと、新宿山野楽器でのRoland主催のSONARイベントに行きました。
新宿山野楽器に初めて行きましたが、
DTM関連もけっこうありますね・・・
見ていると、ほしくなってしまう・・・。

蒲田事務所から、新宿へ、ということで、
今の私ならばTM-TY-Fで行くであろうルートなのですが、
TYが渋谷止まりでした。
仕事頑張ったので ちょっと眠くて・・・
終点の渋谷で起きたら、下りホームに入っており 本町中華街ゆきにかわっていました。
階段をテクテク上がりつつ、これならJRで行ってもいいなあと思い、ヒカリエ2階まで上がって、JRに乗り換えました。
ヒカリエ2階、に行くのが、けっこう、時間かかりますが・・・。

そのルートだと、旧・東横線ホームを通ります。
今日は、エキアトということで、無料開放していました。

エキアト・・・
確かに ここは 東横線のホーム・・・
だったのだけど
もう 違うんだなあ・・・
何かが足りない
駅員が・・・
駅員が 足りません。
空には太陽もなく
駅には駅員もいない
四月。

ここはゆったりとした時間が流れる 楽しいエキアトだけど
ここはもう 駅ではない
駅員がいない、駅ではない。
ああ 電車で人を運ぶための場所ではない。

かつて
巾の細いホームに人が行列して進んでゆくさまは
地獄への細道にも見えました
だけど人々は苦しい顔をしながら家路につくのでした
乗客はみな真面目でひたむきに働く人ばかりでした
駅員も乗客のことが大好きだったので
危険がありませんようにと願って
急病人にはお助けマンになって
いつもいつも
優しい目を光らせていました

地面のコンクリートのなかには駅員さんの血液が流れていました


そう そう これ・・・
そうだ・・・
こんなふうに にぎわっていた日もあった
それが 普通のことだった
駆け込み乗車は後ろから車掌の髪を揺らしながら来たものだった
これは普通の風景で
なにか珍しい光景ではありませんでした
駅員の汗も涙もしみこんでいる 暖かだったコンクリート
今日も そのままだけど
コツコツ 冷たい音を 立てるばかり
普通の日常だったこの風景は
ただ ただ
思い出のなかに



しかし東横線に朗報が!
自由が丘駅に 駅員が常駐するようになりました。
紺色をお召しの 美しい駅員です。
東急も 駅員の美しさ 重要性に 気づいたようです。
スイーツの森!駅員の森!くほんブツ!
ぜひ ぜひ 駅員さんに会いに 自由が丘に 行きましょう!



新宿のタリーズで休憩・・・なぜかワッフルも頂いてます。

SONARのお勉強は とても 興味深いものでした。
他の人の作曲法を聴くのは 面白いですね。
意外にアルペジエーターは有効利用されているんだな・・・
Loopはエフェクトをかけて使うんだな・・・

わたしはSingerSongWriterばかり使ってましたが、SONARも使ってみようかな・・・。



わたしの食事に関心があるという方が多いので・・・今日の朝ごはんの一部。
マヨラーですのでマヨをたっぷりと・・・。
食べラーでもあるので食べラーもたっぷり入っています。
食べるラー油は2日で1瓶くらい いけちゃいます。