駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

駅のみる夢は

連日 ツイッターでも 東横線東武・西武の話題で持ちきりですね。

でも わたしは まだ 新しい渋谷駅に行っていない・・・。

だから まだ さようならをしていない。



これは とても 何気ない 東横線渋谷駅の ひとこま。
何気ない いつもの 駅の風景。
これが もう ないのかしら?
青い電車さん 赤い電車さん もう ここには来ないのかしら?
駅がさみしがってはいませんか?
青い電車さん 赤い電車さん もう ここには来ないのかしら?
駅員たちが なぐさめる
・・・駅員が黄色い線に接吻をした。
役目を終えた駅に
これまで ありがとうと
ありがとう と
くちづけて・・・

(・・・駅員たちは どうやって移動したの?)

(・・・駅員たちは 駅を置き去りにしたの?)

でも わたしはまだ 新しい駅を見ていない
だから この渋谷駅しか 知らない
赤い特急
青い各停
風のなか そんな電車が走り出す 渋谷駅が もう 無いということを
わたしはまだ 
信じていない

18日の真夜中も 
駅は待っていた
明日こそ 東急電車が来るのではないかと
朝いちばんに 遅れてごめんよ、とか言いながら
運転士が乗客を乗せて 電車を連れてきてくれるのではないかと
季節は春
赤い風船
青い風船
駅は 夢見ていた

駅のみる夢は あまりに当たり前で とても幸せだった 日々でした。
それでも愛されたことを知っている。
駅は ほんとうはすべて わかっていたのです。
駅のみる夢は 青い風船 赤い風船
闇のなかに向かって ふわりふわり
消えてゆきました





・・・・花粉症でヘロヘロしつつ・・・家の仕事をこなしていた日曜日でした。
アイロンをかける→服の黄ばみが気になる→洗濯する→干す→ほつれが気になる→縫う・・・
みたいなループで・・・
小さいことも時間がかかってしまいます。

水曜日のライブに向けて、練習にも行ってきました。
スカート穿くので恥ずかしいですが・・・・
楽曲もけっこう、恥ずかしい系ですが・・・。
恥ずかしさにまけない 強い心でのぞみたいと思います。




ある日の、ドンキでの、お買い物です。
安いと2個買ってしまう・・・やりくりの下手な、わたしです。

明日は福祉職にありがちな卓球の仕事です。
みなさんの笑顔を見たいから、がんばります。
仕事 あるだけ ありがたいですよね。

ではでは おやすみなさひ。