駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

黒い車掌の一網打尽



写真と本文は関係ありません。

ガタタン・・・
あっ・・・

急停車します。

発車と同時に停車した電車
その瞬間 空気が変わる
何か ただ事でないことが起こった という色に 染まる

・・・・緊急停止信号を傍受しました
安全の確認が取れるまで お待ちください・・・・

さっきまで 何も考えずに楽しい気分でいたのが
ほんとうに 嘘のように
いま ただ事でない穴に 8両編成の乗客みんな 
落ちてしまっている

ハハハ・・・そうですよ・・・お客さまを・・・一網打尽ですよ・・・・
振り向けばそこには黒い車掌が居て
緊急停止信号で動けない乗客の群れを
縄で縛りつけている
ハハハ・・・お客さんちょっと調子に乗り過ぎましたね・・・・
車掌に逆らうことはできないのにね・・・ハハハ・・・・・

これが噂の黒い車掌か。
これが噂の闇の車掌か。

わたしたち乗客は電車に乗ることが あまりに当たり前すぎて
それが本当は誰かに身を預けることであるのを
忘れてしまっている
ふと気づくと
息苦して
あれ、この、しめ縄は、なんだろう・・・・
革靴から 長い脚・・・そして、綺麗な あごを見る
黒い車掌が高いところにいて
ハハハ・・・・お客さまを・・・・一網打尽ですよ・・・ハハハ・・・・
目つきがもうただものでなくなっている車掌が
わたしの命を 握っているのね・・・・

わたしは閉所恐怖があるので・・・・
ソラナックス 飲んだら
それと同時に空気は明るい色を取り戻し
安全確認が出来ましたのアナウンス
ゆっくり 走り出す 電車

ふと車掌室を見ると 色白で 丸顔の 白い車掌がみえた
白い車掌が 黒い車掌を 一網打尽に していた
・・・安全です この電車内は 安全です・・・
黒い車掌は 退治されました
お騒がせしました

いや ときどき 車掌室に来ては 緊急停止のボタンを 押すのですよね まぼろしの
黒い車掌が・・・・
ご迷惑をおかけしましたこと 深くおわび申し上げます・・・

だけど あの緊急停止は
いろいろなことを気づかせた
わたしたちは毎日 綱渡りをしている
落ちたらもう 戻れない穴があって
落ちないようにと 願うけれど
それでも 誰かが 落ちてしまう
あの 緊急停止のとき わたしも少し 落ちた 
黒い車掌の抱きしめた腕の強さが いまでも 残っている
お客さん あなたの肋骨折ってもいいですが
お客さん 車掌はあなたをぐちゃぐちゃにしてしまいたいのです
でも 穴は浅くて 助かった
いつも黒い車掌がいる
黒い車掌が いろんな駅の いろんな隙間にいて
わたしを一網打尽にしようと
細い目で
うかがっています
怖かった
いやだった
でも 車掌のちからの強さが
胸のあたりに残って
まだ 忘れられないのです



きょうは 丸芽さんのお誘いで 下北沢モナレコの イントロクイズ参加しました。
司会の方もおっしゃってたけど
自分の知ってる世界が みんなの知ってる世界じゃないんだなあ・・・と
それを実感しました。

ジャンルによっては 忘却されているものも 多いのでしょうね・・・・。
80年代後半や90年代のアイドルって あまり メジャーじゃないのかな・・・。

音楽は やっぱり世代の固有のものが多いとも思いました。

個人的に わたしは80年代前半は日本にいなかったので 
ぽっかり空いているなあと思いました。
日本の音楽の、豊穣期と思いますが、もったいないものです。日本にいたら、いっぱい聴いただろうなあ。
新しいのも 古いのも ちゃんと聞いておこうと思います。

というわけで、明日はお仕事、がんばります。
おやすみなさひ。