駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

三陸の鉄道ダンシ!

哀愁のハンバーグラーこと、朝マックの北澤さんからの情報です。

三陸鉄道で「鉄道ダンシ」という萌え車掌が生まれているそうです。

その模様は・・・まあ、リンク先をみていただければ、わかると思うのですが・・・

  田野畑ユウ に  恋し浜レン・・・・

    や、やおいでも書いてくれという、設定でしょうか。

いやあ、シャープな絵柄で、か、かっこいいのですが、

うーむ、わたしは、スリーナインの車掌でもじゅうぶんかっこいいわあ

という人間ですので・・・(失礼)。

  ・・・・やっぱり、ほんものが、いちばんだ・・・。

でも、しみじみ読みますと、南リアス線東日本大震災で運休なのですね。被害の甚大さを思い出しました。

こんな企画もありました。

>教育旅行用に移動しながら車内にて震災・防災について学ぶことができる

>「震災学習列車」を企画いたしました

ほかにも、イベントなどには「被災地」「被災者」「復興」の文字が並び、なんともいえない気持ちになりました。

三陸のみなさんがその地を愛していることが、伝わってきました。

復興を応援しています、なので、ほんものの駅員さんも運転士さんもぜひ全面に出してください(笑)

JRの新宿駅とは違うのです

小田急新宿駅は 雨にぬれません

JRの駅員が横風に濡れるころ

小田急の駅員は 雨など寄せ付けません

8両目の窓に落ち葉 ひとつ

インドア派の小田急

ロマンスという言葉をくちに含んでふふっと笑って

新宿駅に ご到着

雨や風に 邪魔されない

わたしと小田急の車掌のひみつが ここから はじまります

最近は、なんか、寝てばかりの日々です。

具合は別に悪くないのですが、可能なかぎり、ごろごろ、ごろごろ。

もう、重いものを持てないわたしの老いた背中は、仕事もボイコットしているようです・・・・。

神楽坂イベントに向けて、いま脳内で鳴っている作品をやっと楽譜にしているところです・・・。

そういえば神楽坂イベント、おかげさまで最後の1組の出演者さんが決定し、出演者さん5組確定しました。ああ~よかった。

バンド2、ポエトリーミュージック2、歌謡ダンス1、という感じでしょうか。

いつにもまして、強い、強い、個性の強い、野獣のような共演者たちです・・・ご出演ほんとうにありがとう・・・そして、暴れん坊の共演者たちが、気の利かないわたしの至らなさで、怒ったりしませんように・・・・などと、はやくも気弱なことを、考えています(・_・)

また詳しく書きますが、11月2日(金・祝前日)夜間です、どうぞお越しくださいませ~。