駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

茅ヶ崎Botchy-Botchyでパフォしました

ガール・ド・カマタ。夕焼けごろは、いちばん綺麗。

今日も暑かったですね・・・・。

そんな中、蒲田で活躍中の「よっちゃん」に誘われ、茅ヶ崎の「BOTCHY-BOTCHY」の「デッド&ブルーグラスセッション」に出演させていただきました。

同じく蒲田で活躍中の「みんなモンキー」さんも一緒にご出演でした。

茅ヶ崎と言えば、東海道線

横浜から戸塚までがいつも長くて、なんかどこにも到着しない電車に乗ったような気分になります・・・・。

でも、東海道線は、日本を代表する路線ですし、トイレもあるので、大好きです。

なぜか、辻堂がへんに栄えていました。

BOTHCY-BOTCHYさんは、ブルーグラスを得意とするお店とのことです。

中は木目調、アメリカンな雰囲気でまとまっていて、雰囲気がありました。

予想よりもはるかに立派で、音楽に向いた場所、「音が良い」との評判どおり、すっきりした音だったように思います。

当日初めて知ったのですが、USTREAM生中継があって、twitterで書いたら、思いのほか多くの方が試聴してくださいました・・・・

あ あ あ あ ありがとうございます(;;)

・・・・こんなにみなさんに観ていただくなら、もっとまじめな曲目にすればよかった(;;)

セットリストは

「あなたと歩いたシャンゼリゼ」←新作未満、書きかけ・・・・。

「チャハネリアン」←よっちゃんとのセッション、ノリノリ。

「高校いっかにぶんのいち年生」←これが今回の新作・・・お客さんの反応がよかった・・・・?もととなった詩は、こちらに⇒「松岡宮の日々の壺」

「矢口渡」←浴衣でライブしたのは、この作品があったからです・・・・?

「Fra-Fra, Euro-Euro, TGV!」←機械操作にいまだに慣れずご迷惑をおかけしました・・・・。

酔ったお客さんのノリがすごく、おかげさまで楽しいライブが出来ました。

笑わなくてもいい場面で笑いそうになるので、それを押さえるのが大変でしたが・・・。

なんか気持ち的に落ち着かなくて、そわそわ、ふらふら、多動でした。

落ち着きがない・・・って、小さいころから言われてました(・_・)

音楽にうといわたしは、最近やっとグレイトフル・デッドを知ったところですが、本日また新たに「ブルーグラス」という言葉を知りました。カントリー、とも違うのかな、気持ちがワクワクとするような、優しい世界ですね。きいてみよう。

じつは、UstreamのIDを持っている方は、BOTCHY-BOTCHY-TVのコミュニティに入れば、録画が観られるそうです・・・・。

DEADS&BLUEGLASS SESSION NIGHT

129分33秒の録画の32分あたりから60分くらいまで、です。

http://www.ustream.tv/recorded/25288999

それにしてもこの夏は、不思議な雰囲気のライブスペースに縁があります。

いろんなお店で、いろんな音楽や文化が愛されているのを、実感しました。

お世話になった皆様、ありがとうございました~。