駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

渋谷の安全を祈っています

また渋谷で 傷害事件があった・・・・おばあちゃん通り魔があったばかりなのに・・・・

しかし 渋谷の傷害事件と言って思い出すのは

 N駅員が

  撃たれて

   紙袋に入った下着を奪われた・・・

という 数年前の事件です。

この容疑者が・・・

うちのおとうさんにそっくりでした・・・(~~)

今回 犯人は F線のホームに降りて逃げた・・・

とのことなので、

開業間近の 新・東横線に乗って 逃げた可能性も考えられます・・・??

・・・・時空のゆがみに 迷い込む容疑者

あわせ鏡の向こうに 駅員が5人 駅員が10人

あなたを追いかけてきて

あなたにナイフをつきつける・・・

犯人はいつしか 100万の駅員の白手袋に囲まれて

 う わ あ あ あ あ

息もできない

ここは時空のゆがみに落ちた 新・東横線のトンネルなんです・・・

駅員さんの救急箱が、なんとなく痛々しかったです・・・・。

はやくつかまってほしいですね。

今日は遠くのアルバイトでした。

寒い日だったので、JR車掌のジャケット、ベントのスリット、深くて・・・・

電車が少し遅れて、そのぶん混雑して、しかも雨で、どうなることかと思いましたが、意外と無事に往復できました・・・・。

あの、車掌の深いサイドベンツの柔らかな楽園に

わたしは精神を飛ばしていたのかもしれません・・・。

いつも、わたしがおもうよりも、ひとはやさしく、

そして無事に まいにちが過ぎてゆくのです

ありがたいです。

おやすみなさひ。