駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

そして踏まれた駅員のイメージ

写真と本文は関係ありません。

朝のステーションで

風は小さくうずくまる

・・・駅員・・・ ひどいよ・・・

と 

乗客が痛む腹を押さえて嘆くころ

駅員は油断した

駅員は

ひととしての輪郭と柔らかな皮膚を 朝陽にさらしてしまった・・・

駅員 ひどいよ!

・・・たったひとりの駅員が 大多数の乗客に蹂躙される・・・場面。

乗客の群れが 駅員への憎しみや怒りをうず高く積み上げて燃やし

「大きくはなかった駅員の身体」

乗客の靴底が駅員の身体を踏みつけることなんてあるのでしょうか

・・・お客さまっ やめてください・・・・

ホームの黄色い線の上に横たう駅員の顔が浮かぶ

ああ、転がされても帽子は脱げないのね

どれだけきついのでしょうねあなたの立派な帽子ってものは

ああ、蹴飛ばされてもジャケットのボタンは取れないのね

どれだけきついのでしょうねあなたのきれいなそのジャケットは・・・・

「 鉄道を憎むな 駅員を憎め 」

ええ その言葉どおりに 駅員のあなたのそのきれいな身体を憎しみに参りました乗客は参りました

1踏み

2踏み

3転がして

ねえ駅員って肋骨持っているの?

ねえ駅員って鎖骨持ってるの?

駅員もいちどG痢して吐いたらいいんじゃないの?と

駅員の泣くところ吐くところみてみたいわー

などと 乗客たちが バカになってしまいバカ騒ぎして

・・・・駅員がにんげんであることが だんだん 忘れ去られていきます

冬の日に

駅員がそっとわたしを押し込めた

あの 手の 大きさ

このせなかに いまでも

残っています

手のかたち

あの時 ほんとうに幸せだった

駅員が駅員としてわたしの中に入ってきたわ

駅員が駅員としてわたしを走らせてくれたわ

あの時の絶頂が忘れられません

アルバイトでバタバタしておりました・・・・あっというまに日々が過ぎてゆく・・・。

誕生日だったので、すこしメールをいただきました、ありがとうございます。

こころにしみいるメールたちをよみ、自分がみなさまによって生かされているのだと、感謝するばかりです・・・・。これからも松岡をよろしくお願いします。

自分で自分に買ったプレゼントは、ビリーズブートキャンプのDVDです。

わたしは、本当に運動神経が足りないのですが・・・・最初に音楽に合わせて身体を動かす喜びを教えてくれたのがビリーだったように思います。

いつまでも「動画サイトで観てます・・・・」というのも失礼なように思ったので、買ってみました。

いまは数分しか続きませんが、ビリーとハァハァ、エクスタシーにゆけるように、がんばります・・・・。