駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

東横線の先っぽで

作曲家の中町俊自先生がfacebookで書いていたことに触発され、わたしも東横線渋谷駅のヤバさを描いてみたくなりました。

もうすぐ 地下化に伴ってなくなってしまう東横線渋谷駅。

この駅の

なにがやばいか といえば 先っぽが狭い・・・・。

そして始発駅。

この狭いところに 人がどんどん 集まってくるのです・・・。

ぞろぞろぞろぞろ。

いちばん右側が4番線、その左となりが3番線ですが、

4番線から出る各駅停車を待つ行列と

3番線から出る急行電車を待つ行列が

いつも カオスとなります。

まず 

4番線の各駅停車が到着するのですが 

すぐにホームの客を乗せるわけではなく

到着した電車に乗っている乗客を確実におろしてから ホームの乗客を乗せます・・・

しかし

そうしている間に 今度は3番線にも電車が到着してしまっています・・・

もちろん スピードは緩いですが・・・

ああああ

あぶない・・・あぶない・・・・

カオスを切り裂くいかづちの音、

運転士はどんな風景を見るのか、好きです東京!

スマホの向こうの楽園と遊ぶ 今日も元気な乗客たち

ここは やばい東横線

電車に乗りたい乗客で満ち溢れる天秤のような東横線渋谷駅

この空間に 駅員は いません

駅員は駅のひと ここにいたら ふわりと 一番最初に ケガしてしまうかもしれない・・・・ 

だけど そんな 神のいないような空間なのに 乗客の精神に 駅員は宿っており・・・

 黄色い線の内側に下がりましょう、俺。

 人を圧さないようにしましょう、俺。

 駆け出したりしないようにしましょう、俺。

 やばい東横線だからこそ前を向け、歩き出せ!

なにか不思議なこころの平和が 

ここには あるようです

わたしは渋谷駅が好きです

この写真を見ると 無関心だけど 優しい そんな東京を 感じるのです

しかし・・・

通り魔事件には驚きました・・・(・・)

このところは・・・何をしていたんだろう。けっこうゴロゴロしていたかも。

またちょっとだけエクササイズに挑戦したりしていました。

腹筋をつけたいです。

3月4日の「てっちゃん304」いよいよ、ポスターができました!

サンライズ瀬戸の写真とのことですが、わたしの目は乗務員の二種類の制服にクギヅケです。

東日本と東海の交差する駅、といえば、熱海でしょうか。旅情溢れるポスターですね。

松岡の出番は21時ごろです。がんばります。