駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

だらだら過ごしています

朝 7時代の駅です。

朝 7時代に 出勤するひとびとは ずいぶん 黒い服ばかりなんだなあと思って 撮りました

色のついたコートなど着ると もっと気持ちも 晴れるかもしれませんね

あるいは 帽子をかぶってみるとか

帽子は

もちろん あの ひさしのある あの 駅員の 帽子です・・・・

かぶってみると

何やら

緊張感が・・・!!

・・・・・やってみよう(ウソ)

そんな感じで、アルバイトざんまいの週でした。

でも、このところ、久しぶりの方からメールなどいただくことが多くて、感激しています。

地味な事務所やってますが、ゆっくりながら、同業の仲間やスタッフさんに恵まれてきたなあと、しみじみ・・・・。

今年は、仕事などで少しだけ変化のある年になりそうで、わくわくしています。

てっちゃん304イベント用の新作のmp3を送ったら、飛鳥バンドのマスターEさんが早くも譜面にしてくれました。

いつもながら、わたしの作品が譜面になるとは・・・本当に感激します・・・。

「SingerSongWriterで作ってるなら、そもそもPC画面が譜面じゃないか」

と言われると確かにそうなんですが、やっぱりコード付きのこの譜面、いいなあ・・・。

ある日の昼ごはん、だったかな?

「天かす」大好きで、ヨダレたらしながら、食べています。

そんな感じで元気に過ごしています。

日曜日は梅島ユーコトピアで下町ポエトリーリーディングに参加します、Mさんがわたしに「あるもの」をくださるらしいのです。

まるくて、割れている、きれいな音と色の・・・・。