駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

車掌の形に切り抜かれた 空は

車掌が みえる・・・

・・・と思ったら みえなくなった・・・・

車掌のかたちに 窓は切り抜かれて

彼、板の色は、ダークブラック、

そこには鏡のように 自分がうつっている

・・・恥ずかしそうに 黙る わたしが・・・

 車掌さん

 車掌さん ったら・・・・

 ねえ 車掌さん・・・・

 さっき 駆け込み乗車などして ごめんなさいね

 息を切らせる わたしと目があって

 乗り込んだとたんに 

 ガタン 閉まったドア

 あのとき ドバトが100匹 空を飛んだよ

 ああ はじめての共同作業

 車掌がわたしを 受け入れた という 瞬間

 そして 車掌の胎内で まどろんで 眠ろうと 思ったが・・・

 

 駆け込み乗車は え~ おやめください ね!

 衆人環視で 叱られている ところです 

 とほほ

 見えるけれど

 見ようとすると

 見えなくなるのです

 それが 車掌

 車掌の形に切り抜かれた 空は

 冬の厳しさを わたしに教え

 ひとみの端で 

 まるで 温和な刃物のよう

 車掌の身体が

 見え隠れして

 叱る 叱る わたしの上衣を 切り裂いて

 いる

 ごめんなさい

 ごめんなさい

 ってば

 

evo(イーヴォ)に買い替えて、フェイスブックとかついったーもできるようになりました。

でもソフトキーにはぜんぜん慣れません。しばらくは「てざりんぐ」したIS01から書きこむことになるのかしら・・・。

また、音楽も聴いてみました。音楽はすごく使いやすいです。ロックしてあっても、音量や音楽操作だけはできるところが、かゆいところに手が届く感じで、とてもいいですね。

evo、今のところ気に入っています・・・3Dを使いこなす日は来ないような気がしますが・・・・。

今日は蒲田Studio80に行って、蒲田のジョンロード九州へという送別イベントで歌ってきました。主役のTさんをはじめ、いろんな方とお話しできて、楽しかったです。

写真は、どぼるべ荒井さんからもらった、お年玉!

あらいさんはこれを700個くらい持ち歩いて、出会う人すべてに配っていました(→大げさ)。

日々の忙しさに負けそうになりますが、わたしにとって表現活動はとっても大事なことだなと、あらためて感じました。

それぞれの時間が、わたしを生かしてくれるのです。

みなさん、ありがとう。

3日くらい前のことですが、自分が、いろんなことについて、あまりに恵まれていると感じて、その、恵まれていることが、かなしく、はずかしくなってしまいました。暖かいお風呂、淹れたてのコーヒー、すまーとほん、ぱそこん、まよねーず、ぷるーん、そして健康であること、歯が丈夫なこと・・・そんなものに恵まれて、せつないほどです。このせつなさをうまく表現できません。

あしたは大学で、報告書の「すーぱーばいず」を受けさせてもらいます、臨床調査の初心に戻って、がんばります。