駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

武蔵小杉 アズ ナンバーワン

半年以上前のことですが

長い 長い 武蔵小杉の 南武線横須賀線 乗り換えが

スロープができて ちょっと短くなったのでした

そこで なぜか 半袖駅員の 後ろ姿が

ポスターに 用いられている・・・

きれいな まっすぐな 鉄板の 背中は もちろん もちろん JR東日本だ・・・

・・なぜ 駅員が スロープに こんなに丁寧に 乗り込んでいるのか・・・

・・なにやら 違和感を 感じさせる 写真ではあるが・・・・

通路には幽霊が出てダンスを踊っている

誰もいない駅でスロープに運ばれる駅員は

どこかさびしげな背中

駅員らしい孤高を秘めて

わずかな傾斜を 登ってゆく

・・・ああ わかった 違和感の理由が・・・・・スロープとは きわめて 受動的な 乗り物 なのに 駅の支配者 堂々たる 駅員が そんな 受動のレールに 乗せられている なんて・・・

駅の女神に抱かれる駅員、その右手で しっかり握っていてください・・・ああ 駅員の手 とは もっと 大きくて 強く 激しいものだと 思っていた・・・

手袋を外した駅員の手は

思いのほか やわらかだった 

わたしは ベルトになりかわって 思うのでした

ぎゅん と

駅員がベルトをにぎれば

ぎゅん と

わたしは駅員の手を握り返し

・・・通過して 通過して いきているってたいへんだねえ・・・

駅という場所に ただつながれてゆく わたしたちが いるのでした

東京は寒くて雨がちな日が続きます。こんな中、仕事はたんたんと行っています。

さっき 蒲田Studio80のおーろら響子さんのイベントに行ったら・・・もう終わってましたが(あほだ・・・・)、飲み会に参加させていただきました。

そこで中浜さんに出会ってはじめて知ったのですが、1月29日にちようび、高尾さんを見送る会に、わたしも1~2曲歌うことになっていました・・・・大丈夫かな・・・ポスターなかなかすばらしい絵ですね。

そして、3月4日(日)に、蒲田Studio80で、てっちゃん304開催、決定しました。

鉄道と音楽のイベントで、わたしも何曲か歌ったりします。新曲も書けるかな~?

よろしかったらお越しくださいね。

たぶん30代最後のイベントになるのでは・・・・・

・・さきほどの飲み会に、熱烈な裕木奈江ファンという女性の方に出会い、マツオカさんは顔が似ているんだから、どうかちゃんときれいにして、どうかどうか髪を染めてお願いだからどうか染めて~と すごい勢いで懇願されてしまいました・・・・ああ もちろん そうおっしゃるのは きれいな お方なのです・・・

そこで思ったこと・・・・

・・・しらがというのは、悪臭をはなつもの なのかもしれない・・?

・・・しらがというのは、しらみを背負っているようなもの、かな?

・・・しらがというのは、ヒゲ、みたいなものかな、いや、もっと悪いのかな?

・・・むだ毛は大嫌いで脱毛してしまったのに、白髪は、なんとなく憎めない、のです・・・白い猫を飼っていたこともあるし・・・でも、ほんとはすごく、よろしくないのでしょうか。

いろんなひとに、きいてみよう♪