駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

上着 差し上げます

駅員は上着を無数に持っている

そうさ 今日は3枚差し上げました・・・・

この冬一番寒かった朝に

ご案内を待ちわびるお客様があれば

パアン!

と 上着を脱ぎ捨てて どうぞこちらを使ってくださいと胸を張るのが

駅員というもの

駅員の上着は

屋根になり

板になり

声になり

気持ちに・・・・なり・・・お客様、お客さま・・・上着 差し上げます・・・駅員はお客様を包みたい、駅員はお客様に使っていただきたい、駅員は、ぼく、でなく、わたくし、上着、裏地も含めた上着、そのもの、なのです・・・・。

・・・ああ、太陽だ、駅員の腕に日差しが躍る、天のめぐみのように、東京の冬には太陽が似合う、今日4枚目の上着を ご案内の金属の板へと変換した駅員

意外とやわらかそうなその身体がかすかに傾く

次の電車は45秒後

わずかに鳥肌を立てながら

駅員はええ 寒くありません

胸を、胸を、張っている

そんなわけでパソコン買い換えました。Win7になってしまいました。

今のところ快調ですが、いろいろな設定やソフトインストールをするのに忙しい感じです・・・。

発疹は増えもせず減りもせず、かゆみは変わらず、ちょっと汚い感じになりつつ、身体は元気で、変わりありません・・・。

こんなに軽度の水ぼうそうってあるのかと疑問に感じてます・・・・。

土日は微妙にお仕事です。

なにがあれだががんばろう(;;)