駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

衣替え

写真と本文は関係ありません。

11月1日、JR東日本が衣替えをして、黒衣の美しい駅員たちが、ひさびさの登場でした。

・・・ああ、あなた、今までどこに行っていたの?

きゅううううううん・・・・・・

さみしかったよ、さみしかったのよ・・・・

いま、目の前にある、この黒い腰、肩幅は大きく、背中は広く、腰はたくましくくびれて、すそに向かって鮮やかな広がりをみせる、この上着・・・・わたしはやっぱりあなたが好きなんだなあ・・・・JR東日本の車掌のもつ身体のカーブが、線路のカーブとあいまって、空に五線譜を描き、ビオラのように歌います・・・・車掌、どうしてそんなに車掌、黒い、けど、光る黒、自己主張の激しい黒、わたしを捕まえに来る黒・・・・・胸がドキドキして具合が悪くなってきました・・・凄いオーラ、凄いオーラ、わたしは少しめまいを感じ、吐きそうになりました。

朝っぱらからスタイリッシュなJR東の車掌は身体に悪いようです。

さて、今日はアルバイトでした。

いろいろあって、いつもと違う経路で行ってみました。

乗り換えのために、ちょっと歩く経路です(蒲田じゃないですよ)。

そうしたら・・・・朝で、ボケっとしていたせいか、道を間違えてしまいました・・・・遅刻はしませんでしたが・・・。

自分のアホっぷりに泣けてきます。

しかも、それだけでなく、帰りは方向を間違えて乗ってしまいました・・・実は、いろんな乗換えが可能で、どっちの方向に乗ってもあまり変わらない感じの経路なのですが・・・しかも、意外と早く家に着きました。

そのバイト先にゆく手段は、4通りくらいあることが、わかりました。

体調とかをかんがえて、その日に決めようと思います。

明日も朝からアルバイトです。がんばろうと思います。

メルマガ書いています、が、もう少しお待ちくださいませ^^;