駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ふらんすとーくの動画アップしました

小田急の乗客は にぶいのか?

この写真は、発射間際でドアも閉まったタマ急行のわき

黄色い線をはみ出して ケータイを観ている乗客がいるので

発車できません~下がってください~

って車掌が言って

駅員があわてて注意しようと

走って向かっている

さまです

 小田急の乗客は 注意力が散漫なのか?

 

 こんな

 大したことじゃないことなのに・・・

 繊細なる小田急の駅員は駆け出して

 駅員が駆け出すと乗客はナンダナンダとそちらのほうを見て・・・

 ・・・・・たかがケータイ!

 ・・・・・たかがスマホ

 動画でも観ていたのでしょうか?

 何かに夢中で触車してしまうのでしょうか?

 ああ 新百合ヶ丘

 観ている客はすでにタマ急行という大きな動画の一員なのに・・・・・

 (わたしも気をつけよう・・・・IS01の動画はすばらしいからなあ・・・・) 

   小田急の乗客は 自分の身体を置き去りにして 小さな世界へ ここじゃない世界へ つばさ広げる

   ・・・・駅員!

   ・・・・抱きとめる!

   ・・・・お客さま 飛ばないで お客さま!

   タマタマ急行、 お疲れ様です。

   

 しかし新百合ヶ丘で、小田原方面に行きたいのに、このタマ急行が滑り込んできたときの衝撃・・・・。チヨダ線かと思った!多摩線がくるのは、あっちの多摩線ホームだけじゃないのですね・・・・。

 しかもこれを見送ったあとに来たのは、急行藤沢行きだった・・・江ノ島線か・・・・それに乗ると相模大野で急行小田原行きに接続していました。もはや小田原行きは3分の1の存在感のようです。

 2011年3月13日に蒲田Studio80で行われた鉄道イベント「てっちゃん313」から、フランスの鉄道に乗ったというトーク部分をYoutubeにアップしました。

 スライドショー中心で画像はわかりにくいと思いますが(すみません)、てきとうに観ていただけるとうれしいです。

 あの震災の2日後という非常事態のなか、余震におびえつつ、主催のかたが義捐金を集めながら行ったものでした。